平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

ばんたね病院、八田なみき病院勉強会

7月13日、名古屋クレストンホテルにて、第3回ばんたね病院循環器内科、八田なみき病院内科勉強会が開催されました。中野 博先生の司会の下で、和気藹々とした雰囲気で楽しい会となりました。私は、心不全の治療に関する講演、特にβ遮断薬の使い方や、post beta-blocker therapyとして今後期待されているエリスロポエチンの話題などについて、講演させていただきました。少人数の勉強会でしたが、ばんたね病院循環器内科准教授の井澤英夫先生を始め、若い先生が参加してくださり、活発な議論が交わされました。若い先生方もとても楽しそうで、自分も多くの力をいただきました。
a0152501_825384.jpg

# by hiramitsu-hc | 2010-07-14 08:04 | 講演の案内 | Comments(0)

神戸市医師会学術講演会

7月10日神戸市医師会館にて神戸市医師会学術講演会が開催されました。講演1では精神科領域のアルコール依存症の講演がありました。患者さんの面接のコツや断酒の指導などについて、ご講演いただきました。私は、高血圧から心不全の領域についての講演を行いました。特に心不全治療の変遷、β遮断薬の効果などについて、解説しました。利尿薬の使用方法などに関する質問を頂き、細かい点までディスカッションすることができました。
# by hiramitsu-hc | 2010-07-12 09:25 | 講演の案内 | Comments(0)

高砂市医師会生涯教育研修会

7月8日に高砂市医師会館にて平成22年度第4回高砂市医師会生涯教育研修会が開催されました。高砂市には初めて伺いましたが、姫路駅からタクシーで20分ほどの静かな街でした。20名ほどの少人数の勉強会でしたが、高血圧、心不全に「対するβ遮断薬の有用性について、先生方と有意義な検討をすることができました。β遮断薬は、心血管イベントを抑制するという数多くのエビデンスを有していますが、わが国での使用頻度はとても低いと考えられています。心筋梗塞後、心不全患者などには積極的に投与すべき薬剤であると考えています。今後も各地の先生方と、β遮断薬についてディスカッションしてゆきたいと考えています。
高砂市医師会館は、とても綺麗でモダンな建物で、玄関に中国の遺跡から出土したような石造が展示されていました。
a0152501_18122749.jpga0152501_18123925.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-07-08 18:14 | 講演の案内 | Comments(0)

ゼチーアフォーラム2010

7月3日に大阪国際会議場にて、ゼチーアフォーラム2010が開催されました。演者は、フィンランドや全国各地から集まられ、500名以上の先生方が参加されました。とても立派で盛況なフォーラムでした。特に今回は、コレステロールの吸収に関する様々な研究データが発表されました。脂質異常症の治療は、今までは肝臓でのコレステロール吸収を抑える治療が中心でしたが、食生活の欧米化に伴いコレステロールの摂取量が増加している我が国においては、今後コレステロールの吸収阻害が重要になると考えられます。

プログラム
開会の辞 柏木厚典先生 滋賀医科大学医学部付属病院長 
セッション1 小腸コレステロールトランスポーター阻害薬Ezetimibeの新たな作用点
        ~食後高脂血症と脂肪酸吸収抑制~
 座長 柏木厚典先生 滋賀医科大学医学部付属病院長 
 演者 山下静也先生 大阪大学医学部付属病院 循環器内科 病院教授 
セッション2 NASH/NAFLDに対するエゼチミブの有用性について
 座長 西沢良記先生 大阪市立大学 
 演者 朴 孝憲 先生 大阪府済生会吹田病院 診療局長 
セッション3 冠動脈疾患のリスク因子としてのコレステロール吸収亢進
 座長 今泉 勉 先生 久留米大学医学部内科 心臓・血管内科 主任教授 
 演者 倉林正彦先生 群馬大学大学院医学系研究科 臓器病態内科学教授 
セッション4 現代日本人の脂質異常症の特徴と対策 ―食後高脂血症の話題も含めて―
 座長 小室一成 先生 大阪大学大学院医学系研究科 循環器内科学教授
        千葉大学大学院医学系研究院 循環病態内科学教授 
 演者 平光伸也    平光ハートクリニック院長
a0152501_17562649.jpg

特別講演
 Dyslipidemia Treatment Strategy tp Prevent Cardiovascular Events – The  
 Importance of Choresterol Absorption Inhibition
 座長 松澤佑次 先生 財団法人住友病院院長
 演者 Professor Y.Antero Kesaniemi, M.D.,Ph.D.
     Chief, Professor of Internal Medicine, Department of Internal Medicine,
     University of Oulu and Oulu University Hospital, FINLAND
# by hiramitsu-hc | 2010-07-05 08:01 | 講演の案内 | Comments(0)

メダカが卵を産みました

当クリニックには、患者さんからいただいたメダカがいます。小さな金魚鉢に7匹のメダカが泳いでいます。とても可愛いので、患者さんの人気者です。昨日3個だけですが、卵を産みました。メダカは、親でさえとても小さいので、卵は老眼鏡をはずさないと見えないほどのサイズです。でもちゃんと卵の中に小さな目が見えます。孵化する日をとても楽しみにしています。
a0152501_17463512.jpga0152501_17464578.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-30 17:47 | 趣味のお話 | Comments(0)

名古屋市立大学医学部学生さんとの食事会

6月27日に名古屋市立大学医学部の学生さんたちが、我が家に遊びに来てくれました。ワインを飲みながらゆっくり食事をして、最近の医学教育の話や医療現場の現状などについて、色々お話しすることができました。最近は、医療情報が急増しており、医学部6年間で学習できる内容にも限界があるようです。今後は自主的、かつ積極的に自己学習が必要になりそうですね。医学部の勉強は、本当に大変そうです。
 私も大学に在籍中は、毎日医学部の学生さんと一緒にディスカッションしていましたが、開業すると若い人たちとお話しする機会もめっきり減ってしまいました。今回、名市大の学生さんたちとお話ができて、とても楽しい時間を過ごすことができました。今後も定期的に学生さんたちとの交流会を行いたいと思っています。また心電図や循環器疾患に関する勉強会も企画したいと思っています。
a0152501_1014183.jpga0152501_10211.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-28 10:02 | 趣味のお話 | Comments(0)

中京病院循環器内科の先生方とのワイン会

6月23日、中京病院循環器内科の先生方(坪井先生、加田先生、村上先生、三井先生、加藤先生、上久保先生、墨先生)に我が家にお越しいただき、ワイン会を行いました。中京病院循環器内科の先生方には、当クリニックの重症患者さんをいつも快く引き受けていただき、適切な治療を施していただいており、本当に助かっています。今回は、先生方への感謝の気持ちをこめて、妻と私で一生懸命料理を作り、ワイン会を開きました。日ごろのご苦労話や、最新の医療についても色々教えていただくことができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。皆さん、ワインがお好きで下記の9本が空いてしまいました。96のコスとDoisy-Vedrines 2007は、特に印象的でした。また次回のワイン会を楽しみにしています。

Henri Giraud Esprit 2 bottle
Ferrari Rose
Poully-Fuisse Alliance 2006
Domaine Zind Humbrecht Gewurztraminer Turckheim 2006
Domaine Zind Humbrecht Clos Saint Urbain Raugen de Thann Riesling 1998
Domaine Dujac Gevrey Chambertin 1er Cru- Aux Combottes 2004
Chateau Cos D’estournel 1996
Chateau Doisy-Vedrines 2007
a0152501_9162893.jpg

# by hiramitsu-hc | 2010-06-24 09:17 | グルメなお話 | Comments(0)

第10中京病院循環器内科病診連携症例検討会

 6月23日に社会保険中京病院にて、第10回中京病院循環器内科病診連携症例検討会が開催されました。循環器内科の坪井直哉部長が司会され、中京病院から、急性心筋梗塞か?急性心筋炎などの何らかの心筋疾患か?鑑別に難渋する症例が提示されました。参加された先生からいくつかの質問がだされ、有意義なディスカッションとなりました。私は、エリスロポエチンが有効であった88歳の大動脈狭窄症の心不全症例を提示しました。EPOの適応や使用方法などについて、沢山のご質問をいただきました。
 この症例検討会は1年に2回~3回開催され、中京病院に登録医が集まって、循環器疾患患者の治療方針などを相談する勉強会です。毎回興味深い症例が提示され、とても勉強になります。今後も、進んで参加したいと考えています。
# by hiramitsu-hc | 2010-06-23 18:08 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite