平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

名古屋を代表するグランメゾン ミクニ名古屋

 名古屋駅前は、背の高いビルが次々と建設され、ずいぶん雰囲気が変わりました。ファッションやショッピングの中心も栄から名古屋駅に移りつつある印象を受けます。ビルの建設に伴い、有名なレストランもずいぶん増えました。東京や海外の有名店がいくつか支店を構えましたが、私はミクニ名古屋が一番すばらしいと感じています。落ち着いた店内、レベルの高いお料理、なんと言ってもいつ伺っても安心できるサービスは、他店の追従を許さない感じがします。
 今回は、妻と2人でランチをいただきました。特にお魚料理の『鱸と北アカリ(ジャガイモ)のピューレ、ポワローのアラクレーム、カプチーノ仕立て』は絶品でした。鱸はふわふわで、トリュフ風味のねぎのソースと絶妙な組み合わせで、今までいただいた鱸の料理の中で一番美味しくいただけました。グランメゾンでのお食事の楽しみの1つは、ワゴンでサービスされるデザートです。種類もとても多く、色々いただくことができました。今回も満足なお食事ができました。やはりミクニ名古屋は、名古屋を代表するグランメゾンだと思います。
a0152501_11184599.jpga0152501_11185315.jpga0152501_1119496.jpga0152501_11191160.jpg






a0152501_11265378.jpga0152501_11274336.jpga0152501_1127511.jpga0152501_1128163.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-12-14 23:13 | グルメなお話 | Comments(0)

羽田空港で一流の江戸前寿司 寿司幸

羽田空港で一流の江戸前寿司 寿司幸

 空港ではそれほど美味しいものが食べられる機会は少なく、お腹を膨らませるのが目的の食事となる場合が多いですね。しかし羽田空港の第一ターミナルにある羽田寿司幸は違います。このお店は銀座の有名店寿司幸の姉妹店で、落ち着いたお店で空港の景色を見ながら、すばらしいお寿司がいただくことができます。飛行機の乗り継ぎの際や、海外への出発前、帰国直後などにちょっと寄って、美味しいお寿司をいただくのに最適だと思います。今回は、カウンターで生ビールを飲みながらおまかせの握りをいただきました。大将の素敵なトークとともに新鮮なネタで握られた美味しいお寿司がテンポよく、出されました。

江戸前で取れた皇イカ
肝の切り身の乗ったカワハギ 絶品!
中トロ
関サバ 薄切りの切り身を2枚重ねて 美味しい!
カンパチの皮を焼いて握りで。ぱりぱりして美味しい
ネギトロ 海苔なしの握りで
ミル貝
コハダ 
アナゴ 塩味がさっぱりして美味しい
アナゴ たれで
ウニ

また、羽田で乗り継ぐ機会がある際には、是非伺いたいと思います。
# by hiramitsu-hc | 2010-12-12 18:40 | グルメなお話 | Comments(0)

大分のフグ ふく亭本店

フグといえば下関ですが、大分県もフグが美味しくて有名な場所です。大分県ではフグの肝を食べることができるのでこれも楽しみの一つです。今回は、大分市の にお邪魔しました。 は、フグ料理の老舗で、お店は清潔感のある立派な建物で、当日は満席の状態でした。
 フグの刺身(てっさ)は分厚くて、コリコリとした食感で美味しくいただけました。ぽん酢に肝をつぶして混ぜ込みフグにつけていただくと、いつものフグとは一味違う味わいでした。またその量がとても多く、3人で食べきれないほどでした。その他、白子の塩焼き、から揚げ、シュウマイがだされましたが、どれも味わい深い一品でした。ヒレ酒もいただきましたが、見たことがないくらい大きな器で、2合分のお酒が入っているとのことでした。冷酒は、大分の地酒の西の関の吟醸酒をいただきました。関サバ、関アジもいいのですが、冬場はやはりフグがいいですね。お値段はびっくりするほどお値打ちで、東京や名古屋での料金の半額くらいでした。是非また伺いたいお店でした。
a0152501_16552282.jpg

a0152501_16554969.jpga0152501_16555912.jpga0152501_16563971.jpg








a0152501_16564863.jpga0152501_16592348.jpga0152501_16571197.jpg








ふく亭本店 097-537-0770
# by hiramitsu-hc | 2010-12-11 23:52 | グルメなお話 | Comments(0)

イグレックアサイ

栄のNHKビルの北側にイグレックアサイはあります。今回は、眼科の患者様の管理でいつもお世話になっている横瀬眼科の先生方と伺いました。いつもすてきなマダムにお迎えしていただき、気持ちよくお食事がいただけます。ソムリエールのサービスもすばらしく、お料理とワインのマリアージュにつていも親切に教えていただけます。今回は話が弾んでお料理の写真を撮ることを忘れてしまいましたが、トリュフや鹿、猪など季節のきのこやジビエなどがふんだんに使われたおいしいお料理がいただけました。今回は、ChampagneはLouis Roederer Cristal 2002、白ワインはMontrachet 1994 Domaine Louis Latour、赤ワインはChateau Latour 1986をいただきました。どのワインもすばらしい状態で、お料理とのマリアージュも最高でした。
a0152501_10384360.jpga0152501_10385176.jpga0152501_10385967.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-12-03 23:39 | グルメなお話 | Comments(0)

高血圧学術講演会OKAYAMA

11月25日岡山市にて「高血圧学術講演会OKAYAMA」が開催されました。私は、『臓器保護を念頭においた高血圧治療~イルベサルタンの有用性を含めて~』の演題で講演させていただきました。イルベサルタンは、我が国では6番目に発売されたARBですが、海外では以前より多用されているエビデンスが豊富なARBです。特に、ARBに腎保護効果があることを最初に確認したのがイルベサルタンです。そのため国内では、腎臓内科の先生方がよく使用してみえます。我々もイルベサルタンが発売された直後に、名古屋の開業医の先生方とCENTRAIR試験という臨床研究を行いました。その結果イルベサルタンは、通常投与量で十分な降圧効果を示すだけでなく、微量アルブミン尿を有意に改善することが確認されました。イルベサルタンは、国内ではまだ使用頻度は高くありませんが、腎障害のある症例には是非投与したいARBだと思います。今回の講演会は12名程度のスモールグループでしたが、熱心に講演を聴いていただけ、沢山の質問をいただきました。懇親会でもとても楽しい時間を過ごすことができました。
a0152501_1050255.jpg

# by hiramitsu-hc | 2010-11-26 10:50 | 講演の案内 | Comments(0)

心疾患の診断と治療Up to date

11月16日岡山市グランビアホテルにて『心疾患の診断と治療Up to date』が開催されました。肺高血圧の治療で著名な岡山医療センター循環器内科の松原広己先生に座長をしていただき、β遮断薬の使い方についての講演をさせていただきました。岡山市内を中心に50名ほどの先生が集まられ、熱心に講演を聴いていただけました。β遮断薬は古いお薬ですが、心不全に使用できるようになり現在脚光を浴びています。ビソプロロール(メインテート)は、今まで我が国では心不全の適応が通っていませんでしたが、厚生労働省のドラッグラグを解消するための新しい制度により、臨床治験の結果を待つことなく、心不全の保険適応を取得しています。我が国においては、高血圧、心筋梗塞、心不全に対してβ遮断薬の使用頻度がとても低い状況ですが、今後は積極的に使用すべき薬剤であると考えています。今後も全国の先生方にβ遮断薬の使用の啓蒙を行ってゆきたいと考えています。
a0152501_9105069.jpga0152501_911093.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-11-17 09:11 | 講演の案内 | Comments(0)

薬学ゼミナール生涯教育学習

11月14日名古屋ナディアパークのビジネスセンターにある薬学ゼミナールにて生涯教育学習の講演会が開催されました。当地区の薬剤師の先生が60名ほど集まられ、私は脂質異常症『臨床』の演題で90分間講演させていただきました。薬剤師の先生方はとても勉強熱心で、最後までしっかり聞いていただけ、沢山のご質問もいただきました。今回は本年度最後の生涯学習であったため、講演後に懇親会が開かれ、私も参加させていただきました。薬学ゼミナナールからは名古屋の夜景がとてもきれいで、楽しい懇親会でした。
a0152501_10173080.jpga0152501_10174016.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-11-14 22:45 | 講演の案内 | Comments(0)

General Physician Choresterol Advaisary Panel

11月11日津市でGeneral Physician Choresterol Advaisary Panelが開催されました。三重大学循環器内科の先生をはじめ、少人数ですが脂質治療症の治療にご興味を持ってみえる先生方にお集まりいただき、研究会を行いました。最近は、LDLコレステロールを下げるだけでなく、総合的な代謝改善を目指して、メタボリック症候群の管理を行うことが重要であると考えられています。中性脂肪が高く、HDLコレステロールが低い症例、TG/HDL比が4以上の症例は、最悪玉のsmall dense LDLが多い症例であることが指摘されいます。今後は、LDLが高くない人の中にもhigh riskな症例が潜んでいることを考慮して、治療薬を選択する時代になってきたと感じています。
a0152501_828355.jpg

# by hiramitsu-hc | 2010-11-11 23:47 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite