平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

第10中京病院循環器内科病診連携症例検討会

 6月23日に社会保険中京病院にて、第10回中京病院循環器内科病診連携症例検討会が開催されました。循環器内科の坪井直哉部長が司会され、中京病院から、急性心筋梗塞か?急性心筋炎などの何らかの心筋疾患か?鑑別に難渋する症例が提示されました。参加された先生からいくつかの質問がだされ、有意義なディスカッションとなりました。私は、エリスロポエチンが有効であった88歳の大動脈狭窄症の心不全症例を提示しました。EPOの適応や使用方法などについて、沢山のご質問をいただきました。
 この症例検討会は1年に2回~3回開催され、中京病院に登録医が集まって、循環器疾患患者の治療方針などを相談する勉強会です。毎回興味深い症例が提示され、とても勉強になります。今後も、進んで参加したいと考えています。
# by hiramitsu-hc | 2010-06-23 18:08 | 講演の案内 | Comments(0)

横浜での講演会

6月22日に横浜ミナトミライのパークハイアットホテルにて、脂質異常症の研究会が開催されました。脂質異常症でご高名な重松 洋 先生に座長をしていただき、脂質異常症の講演をさせていただきました。循環器内科だけでなく、消化器内科の先生方にも参加いただき、実地診療に即した脂質異常症の治療について、有意義なディスカッションをすることができました。今後は、メタボリック症候群に伴う脂肪肝が重要な治療のターゲットになると考えられています。やはり、現代の日本人には食事制限と十分な運動が必要になりそうです。

a0152501_783795.jpga0152501_784691.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-23 07:10 | 講演の案内 | Comments(0)

富田林地区高血圧懇話会

6月19日大阪府富田林市で富田林地区高血圧懇話会が開催されました。『臓器保護を念頭に置いた高血圧治療』~ARBの合剤の使い方を含めて~の題名で、降圧薬の使い方について講演させていただきました。地元の開業医の先生方に集まっていただき、沢山のご質問をいただいた結果、有意義なディスカッションをすることができました。最近は、ARBと利尿薬、カルシウム拮抗薬の合剤が数多く発売され、実地医家の先生方もその使用方法に戸惑っておられるようです。今後もこの点について、多くの先生方とディスカッションして行きたいと考えています。
# by hiramitsu-hc | 2010-06-20 08:44 | 講演の案内 | Comments(0)

北新地『孤柳』

大阪北新地の堂島中通りに和食のお店、孤柳(こりゅう)はあります。ミシュランガイドブックの京都、大阪編で2つ星★★を獲得しています。店内は、12名が座れるT字型のカウンターのみです。これには店主の松尾慎太郎さんの強いこだわりがあり、自分が目の届く範囲内だけでサービスしたいという気持ちがこめられているそうです。当日は同時に10名のお客さんが来店されましたが、スタッフ全員が手際よく仕事をこなし、気持ちのよい心のこもったサービスが提供されました。全国各地から取り寄せられた旬の食材を使った繊細なお料理が次々と出されました。今回印象的だった食材は、琵琶湖で上がった1kg以上の天然うなぎでした。備長炭でじっくり炭火焼きにされ、周りはパリパリで中がふわふわに焼けあがっていました。全てのお料理がとても美味しくいただけました。ワインの選択もすばらしく、今回はプューイフユッセをいただきました。大阪を訪れた際には、是非また伺いたいと思っています。
a0152501_8355761.jpg

a0152501_836142.jpga0152501_8362717.jpga0152501_8370100.jpga0152501_8371088.jpga0152501_8372573.jpg


〒530-0003 大阪市北区堂島1-5-1エスパス北新地23 1F
TEL 06-6347-5660
# by hiramitsu-hc | 2010-06-20 08:38 | グルメなお話 | Comments(0)

大阪リッツカールトンホテル

大阪のリッツカールトンホテルは、大阪で1番気に入っているホテルです。派手でなく落ち着いた雰囲気のロビー、落ち着ける客室、なんと言っても最高なのはスタッフです本当に、何度泊まっても最高のホテルだと思います。またリッツカールトンでの楽しみは、1階のイタリアレストランスプレンディードでの朝食です。絞りたてのオレンジジュースと、目の前で焼いていただけるオムレツ、スモークサーモンなどをいただきながら、ゆっくり時間を過ごすのは、まさに至福の時です。また大阪に伺う際には、是非宿泊したいです。
a0152501_18411173.jpga0152501_18412129.jpga0152501_18413214.jpga0152501_18414078.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-19 18:00 | 趣味のお話 | Comments(0)

51歳の誕生日

6月17日に、51歳になりました。大学の仲間など多くの方たちから、沢山の花束やケーキをいただきました。この年になると、誕生日はおめでたいものではありませんが、皆さんにお祝いしていただけるととてもうれしいものですね。本当にありがとうございました。お花はクリニックに飾って、患者さんにも見ていただきます。a0152501_12294491.jpga0152501_12295434.jpga0152501_865343.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-17 12:30 | 趣味のお話 | Comments(0)

第4回宮城心・腎フォーラム

6月10日、仙台にて第4回宮城心・腎フォーラムが開催されました。一般講演は、東北大学大学院医学系研究科腎・高血圧・内分泌分野、伊藤貞嘉教授の司会の下で、東北大学病院循環器内科 中野 誠先生から『マウス下肢虚血モデルにおける血管内皮増殖因子発現、血管新生促進効果におけるエリスロポエチン受容体の重要性』の題名で、講演がありました。ノックアウトマウスを用いた素晴らしい研究の成果が発表され、感銘を受けました。我々は、先生のような動物実験を行ったことがないので、とても素晴らしい研究に感動し、また羨ましく思いました。今後の中野先生のご活躍を心より期待しています。もう1題は、東北大学病院腎・高血圧・内分泌内科 森本 玲 先生から『心腎合併症を有する原発性アルドステロン症の治療と予後』の題名で、講演がありました。数多くの原発性アルドステロン症を対象とした臨床データが紹介され、特にCKDとの関係について、興味深い発表がありました。私は、東北大学大学院医学系研究科循環器病態学分野、下川宏明教授の司会の下で『CRA症候群ー心疾患治療における腎疾患、貧血の重要性ー』の題名で特別講演をさせていただきました。心不全、腎不全、貧血は、それぞれが互いに悪影響を及ぼす病態であり、Cardio renal Anemia 症候群として注目されています。今後は、これらの病態を十分理解して、治療をお行う必要があると考えられます。専門家の先生方から多くの質問を頂き、とても有意義な研究会となりました。a0152501_11161158.jpga0152501_11162068.jpg
# by hiramitsu-hc | 2010-06-10 23:45 | 講演の案内 | Comments(0)

東京ヒルトンでの講演会

6月8日に、東京ヒルトンホテルにて、脂質異常症の研究会がありました。東京女子医科大学などの大学病院の専門家の先生方が多数集まられ、日本医科大学の安武正弘准教授の司会の下に講演をさせていただきました。脂質異常症は、健康診断で指摘される疾患の第1位になっています。またメタボリック症候群の症例が増加して、空腹時だけでなく、食後の高中性脂肪血症が問題視されています。今回はメタボリック症候群や食後高脂血症を合併する症例に対して、どのような治療をすべきか、など様々な問題点について、ディスカッションすることができました。今後も多くの先生方と、新しい脂質異常症の治療について、勉強して行きたいと考えています。
# by hiramitsu-hc | 2010-06-08 23:44 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite