平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2015年 02月 ( 22 )   > この月の画像一覧

寿司の吉乃

今となっては、ほとんど予約が取れなくなってしまった『寿司の吉乃』さんにお邪魔しました。今回は、グルメ仲間8人で、貸切にしていただきました。いつものように、フレンチかと思うような創作おつまみを沢山頂いてから、握りをいただきました。美味しいワインと、日本酒もしっかりいただくことができ、今回も大満足のお食事会でした。
この暖簾を潜るには、随分努力を必要とします。
a0152501_225882.jpg

大将が、朝早くから丁寧な仕事をしてネタを仕込んでみえます。
a0152501_226037.jpg

このお店の一番の売りは、大将と女将さんの二人三脚だと思います。本当に居心地のよいお店です。
a0152501_2264631.jpg

茄子の揚げ浸しの上に、蒸しアワビのバター焼きが乗せられています。これがシャンパーニュによく合いました。
a0152501_229969.jpg

インカのジャガイモのペーストの上に、マスカルポーネチーズとキャビアが乗せられていました。まさにフレンチです。これもシャンパーニュによく合いました。
a0152501_2294770.jpg

タコと大根の蒸し物です。フワフワに蒸し上げられたタコは、味わい深いひと皿でした。
a0152501_22104170.jpg

ズワイ蟹とウニの乗せられた柚子釜焼きです。百合根も入っており、ソーヴィニオンブランにぴったりでした。
a0152501_22121728.jpg

フグの白子の塩焼きです。石垣島のペンギン食堂のラー油のパウダーが乗せられていました。薄味で、ラー油の香りが引き立つ逸品でした。
a0152501_2214152.jpg

マヒカリの開きです。マヒカリは小さな深海魚ですが、脂が乗っており美味しくいただけます。
a0152501_22154415.jpg

寿司の吉乃さんの定番となった玉ねぎのドレッシングがかかったフルーツトマトです。
吉野さんに伺ったら、これをいただかないと始まりません。
a0152501_22164060.jpg

キハダマグロと本マグロの大トロです。どちらも素晴らしい味わいでした。
a0152501_22175444.jpg

a0152501_22195952.jpg
a0152501_22203351.jpg
a0152501_22203959.jpg

コハダは、1日目のものと3日目のものを食べ比べさせていただきました。
a0152501_22204585.jpg
a0152501_22205165.jpg
a0152501_22205789.jpg
a0152501_2221490.jpg

穴子は塩とタレでいただきました。どちらも甲乙付けがたい味わいでした。
a0152501_22211114.jpg
a0152501_22211710.jpg
a0152501_2221229.jpg
a0152501_22212891.jpg
a0152501_22213336.jpg

シャンパーニュは、ルイロデレールのブリュット・プルミエをいただきました。いい味出していますね。
a0152501_22285513.jpg

変わりどころで、ニュージーランドのリッポン・ソーヴィニオンブラン2004です。香り高く味わい深い白ワインです。コスパ抜群のニューワールドワインだと思います。
a0152501_2229616.jpg

ピエールモレのシャサーニュモンラッシュです。初めていただきましたが、このドメーヌの人気の高さが伺える完璧な味わいでした。次回このワインを見つけたら、必ず購入します。
a0152501_22291528.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-28 22:30 | グルメなお話 | Comments(0)

2000円台で感動できる赤ワイン

安くて感動できる赤ワインには、なかなか巡り合えません。今回ご紹介する『シャトー・サン・ドミニク』は、世界5大シャトーのシャトー・ラフィット・ロートシルトの一族により作られている由緒正しいワインです。ですからワインのエチケットには、ラフィットの5本の矢の紋章が刻まれています。また醸造責任者は、サンテミリオンのシンデレラワイン、ルパンを作り出したミシェル・ロランが担当しています。これだけ良い条件が揃ったワインで、2500円と超お値打ちなワインは滅多にないと思います。特に2009年はビンテージが良いので、更にお買い得な感じがします。色はルビー色ですが、濃厚過ぎず、今まさに飲み頃となっています。
a0152501_1732891.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-26 21:20 | ワインの話 | Comments(0)

緑栄寿司

由利本荘市で、美味しいと評判のお寿司屋さん『緑栄寿司』に伺いました。優しそうな大将、感じの良い女将さん、築地で修行した息子さんの3人でお店を切り盛りされています。残念なことは、この4日間ほど海が大荒れで漁ができず、ズワイ蟹などの地の新鮮な素材が少なかったことです。それでもとても美味しく、満足することができました。またお酒は、秋田の時の酒をいろいろといただくことができました。

緑栄寿司
TEL:0184-24-4946
住所:秋田県由利本荘市石脇石脇141
a0152501_13582325.jpg

美味しいもずくでした。
a0152501_13583097.jpg

毛蟹です。秋田でも毛蟹が取れるそうです。
a0152501_13583713.jpg

食感がコリコリで、大変美味しいアワビのお造りでした。
a0152501_13585768.jpg

鯛、ボタン海老、トロ、鯖のお造りです。どれも良いネタでした。
a0152501_1359388.jpg

キンキの煮付けです。キンキはやはり北海道産でした。
a0152501_13591018.jpg

アワビの肝です。濃厚な肝でお酒によく合いました。
a0152501_13591760.jpg

ホタテです。しっとりとした舌触りで美味しくいいただけました。
a0152501_13592275.jpg

握りもたっぷりといただきました。
a0152501_13592897.jpg

そろそろお腹が一杯でしたが、天ぷらも残さず食べ尽くしました。
a0152501_13593450.jpg
a0152501_1359392.jpg
a0152501_13594549.jpg

新春朝搾りの儀式に合わせて、醸造した限定のお酒をいただきました。
a0152501_1359508.jpg

神主さんに御祈祷していただいたお酒ですので、御利益がありそうです。
a0152501_13595792.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-25 23:51 | グルメなお話 | Comments(0)

いかほ市ω3系脂肪酸研究会

平成27年2月25日に、秋田県いかほ市にて『いかほ市ω3系脂肪酸研究会』が開催されました。いかほ市は、秋田空港から高速道路で40分ほど南下した場所にあります。人口は1万人程度で、医療施設が12箇所しかないそうです。今回は、ち小さなグループでアットホームな雰囲気の講演会となりました。

いかほ市ω3系脂肪酸研究会
特別講演
座長:武道島いとうクリニック副院長 鈴木敬麻先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『Unmet neddsを考慮した脂質異常症の新しい治療法~ロトリガの有用性を含めて~』
a0152501_1350497.jpg
a0152501_13505857.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-25 21:08 | 講演の案内 | Comments(0)

1000円台で感動できる白ワイン

ジャン・マルク・ラファージュ・ノヴェラム・シャルドネ2013

 南フランスで、超お買得のワインを作り出しているジャン・マルク・ラファージュは、ロバートパーカーからも最高のコスパと賞賛されています。この年のノヴェラム・シャルドネ2013は、ロバートパーカーが92点を与えていますが、何とお値段は1598円と超お買得。酸味はそれほど強くなく、ヴィオニエのような味わいは、1ランク上のワインに匹敵すると思います。カジュアルでさわやかな味わいですので、ビストロでこんなワインが、1杯500円くらいで出てきたら、最高ですね。

ロバートパーカーが92点の高得点を与えています。
a0152501_15424311.jpg

太陽がいっぱいな南フランスで育ったシャルドネは、果樹味が深く濃厚なワインに仕上がっています。
a0152501_15424952.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-24 21:43 | ワインの話 | Comments(0)

シンジコガ

『シンジコガ 』さんに伺いました。今月は2回目の訪問です。このお店は、魅力に溢れるグランメゾンですから、遠方からいらっしゃった大切なお客様をご招待する際には、最適なレストランです。今回は、北海道大学循環器内科教授の筒井裕之先生をお迎えして、名大循環器内科の室原先生と陶生病院副院長の味岡先生と4名で伺いました。素敵なお店で、いつものように素晴らしいお料理を食べさせていただきました。

ホラルイカのクロワッサン 磯の香りが漂うアミューズでした。
a0152501_8102352.jpg

アダムアルローのオリーブのパン
オリーブとチーズの香りが素晴らしく、シャンパーニュにぴったりでした。
a0152501_8134760.jpg

鰆のマリネとジャガイモのブイヨン
a0152501_8153159.jpg

オマールとリードヴォーのクレビネット、グリンピースのクリームソース
 オマール海老とリードヴォーという考えられない組み合わせに驚きました。ソースも濃厚で、白ワインによく合いました。
a0152501_8162669.jpg

三河湾産メダイのブイヤベース
 サフランの香りとニョッキの食感が楽しいひと皿でした。イカ墨のマヨネーズをかけるとがらっと味が変わり、2種類の味を楽しめました。
a0152501_8201352.jpg

青柳とキュウリのグラニテ
 液体窒素を使って、目の前でグラニテを作ってくださいました。
a0152501_818387.jpg

茨城県産ホロホロ鳥とキノコのブレゼ
 ソースの味が素晴らしく、コスデストウルネルによく合いました。
a0152501_8195352.jpg

黒毛和牛テールの赤ワイン煮込みの益荒男包みとフィレ肉のポアレ
a0152501_8243762.jpg

フロマージュ
 これだけ多くのチーズをワゴンでサービスしてくれるお店は少なくなりました。
a0152501_8252356.jpg

フランボワーズとわさびのマカロン
a0152501_8253421.jpg

丁子の香りを閉じ込めたイチゴとドライイチジク
 いちごといちじくの味が濃厚で、ジャムのような味わいでした。
a0152501_8271597.jpg

小菓子も丁寧に作られていました。
a0152501_8364194.jpg

最近話題のティエネのシャンパーニュです。1999のビンテージ物で、熟成感のある素晴らしい味わいでした。
a0152501_8365462.jpg

ダグノーのソーヴィニオンブラン2009です。さすがダグンー、ねっとりとしたネクターのような味わいでした。
a0152501_831218.jpg

ウイリアムフェーブル・シャブリ・レクロ2009です。このワインは、2012年にパリで行われたESCに参加した際に、筒井先生方と一緒に訪れたシャブリ村で購入してきた思い出のワインです。筒井先生と一緒にいただいて、シャブリ村での旅の思い出が蘇りました。
a0152501_8374834.jpg

シャトー・コスデストウルーネル1996です。久しぶりに完璧な状態のボルドーワインに当たりました。熟成の具合も最高で、皆さんに喜んでいただけました。
a0152501_8333218.jpg

夜遅くまでお付き合い頂き、ありがとうございました。楽しいお食事会でした。
a0152501_8344097.jpg


シンジコガ (Shinji Koga)
TEL:052-265-7705
住所:名古屋市中区栄2-4-18 岡谷鋼機 1F
by hiramitsu-hc | 2015-02-21 23:37 | グルメなお話 | Comments(0)

心血管疾患と高尿酸血症フォーラム

平成27年2月21日に、名古屋市にて『心血管疾患と高尿酸血症フォーラム』が開催されました。今回は、尿酸値と心血管疾患との関係に関する内容でした。味岡先生からは、自験例におけるフェブキソスタットの有用性について、詳しくお話いただきました。筒井先生からは、多くのエビデンスを元に、高尿酸血症が心不全に与える影響についてご紹介いただきました。また、筒井先生と室原先生が現在企画中の臨床研究に関してもご紹介されました。今まであまり重要視していなかった高尿酸血症の重要性をしっかり教えていただきました。

心血管疾患と高尿酸血症フォーラム
座長:名古屋大学大学院医学研究科循環器内科学教授 室原豊明先生
Session1
演者:公立陶生病院循環器内科副院長 味岡正純先生
『当院循環器内科外来におけるフェブリクの使用経験』
Session2
演者:北海道大学大学院医学研究科循環病態内科学教授 筒井裕之先生
『心不全における高尿酸血症~どう治療すべきか?~』
a0152501_805786.jpg
a0152501_81643.jpg
a0152501_811349.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-21 19:47 | 診療のご案内 | Comments(0)

ロトリガ全国Web講演会

平成27年2月20日に自宅のリビングルームから、ロトリガ全国Web講演会昼の部と夜の部を発信しました。今回のWeb講演会は規模が大きく、全国で100名もの先生が聴講してくださったそうです。Web講演は、一方通行の講演なので臨場感がありませんが、どんな立派な専門家の先生が聞いてみえるか分からないため、とても緊張します。また沢山FAXでご質問いただいても、講演中にご返事できないのもジレンマです。今回も沢山ご質問をいただいたので、後日しっかりご回答させていただきたいと思っています。

ロトリガ全国Web講演会
講演
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『Unmet needsを考慮した脂質異常症の新しい治療法~ロトリガの有用性を含めて~』
a0152501_7162134.jpg
a0152501_7162865.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-20 20:30 | 診療のご案内 | Comments(0)

Evening Web Seminar

平成27年2月19日に名古屋市にて、『Evening Web Seminar』が開催されました。今回は、名市大循環器内科教授の大手信之先生とご一緒に講演させていただきました。大手先生からは、中性脂肪と心筋梗塞との関係について、大変興味深いお話を聞かせていただきました。心筋梗塞で入院された患者さんは、必ずしもLDLは高値ではありません。最近ではTGが高く、HDLが低い症例が多い印象を受けます。今後は、TGにも注目した治療戦略が大切であると感じました。

Evening Web Seminar
Lecture 1
平光ハートクリニック 平光伸也
『Unmet needsを考慮した脂質異常症の新しい治療法』
Lectue 2
名古屋市立大学大学院医学研究科心臓・腎高血圧内科学教授 大手信之先生
『冠動脈疾患における中性脂肪の位置づけ』
a0152501_10114680.jpg

a0152501_10115374.jpg

by hiramitsu-hc | 2015-02-19 20:54 | 講演の案内 | Comments(0)

ヴェーニ デル ボッテゴン(高岡)

最近人気急上昇のカジュアルイタリアン『ヴェーニ デル ボッテゴン』に伺いました。高岡の交差点の少し北に可愛いお店があります。店内はとてもカジュアルな感じのレストランで、リラックスしてお食事がいただけます。コースでもアラカルトでもいただけますが、今回は男4人でガッツリとパスタが食べたかったので、アラカルトでいただきました。ソムリエさんもシェフも若くて感じがよく、とても好感が持てました。どのお料理も大変すばらしく満足のゆく内容でした。特にパスタは絶品で、3種類ガッツリといただきました。またビオにこだわったワインも素晴らしく、何種類か美味しいワインを紹介していただきました。スタッフの顔に、自分の仕事に対する自信が満ち溢れており、素晴らしいなと感じました。名古屋には少ない貴重なお店です。是非、近日中に再来したいと思っています。

外観も可愛いお店です。
a0152501_8283098.jpg

テーブルには綺麗なお花が飾られていました。
a0152501_8285498.jpg

三河産の黒鯛と野菜のカルパッチョです。プリプリの鯛と野菜が素晴らしいハーモニーでした。
a0152501_8294542.jpg

モッツァレラとフルーツトマト、バジルのアンチパストです。ねっとりとした水牛のモッツァレラチーズが素晴らしかったです。
a0152501_8304349.jpg

たらの白子と九条葱のパスタです。控えめな塩味が白子の味を引き立てていました。
a0152501_8321313.jpg

ワタリ蟹のトマトソースのリングイネです。濃厚な蟹の味が絶品でした。最高のパスタでした。
a0152501_833128.jpg

ラグーのパスタは極太で、アルデンテの茹で具合が最高でした。
a0152501_834956.jpg

イチボ肉のステーキです。柔らかくて熟成感が強く、カステロディアマのワインにぴったりでした。
a0152501_8345446.jpg

ドルチェも美味しかったです。
a0152501_8355262.jpg

ティラミスは、下にさつまいもが敷かれており、味わったことのない食感でした。
マスカルポーネチーズの味が素晴らしかったです。
a0152501_836010.jpg

コーヒーは、カフェラテをいただきました。
a0152501_836760.jpg

このお店は、シャンパンバーも経営されているそうで、今回はブランドノワールのシャンパーニュをいただきました。
a0152501_8361332.jpg

Asor Bosco Sauvignon Blanc 2010です
フリウリのソーヴィニオンブランです。濃厚でインパクトの強い素晴らしいワインでした。
是非手に入れたいと思いネットで調べましたが、探すことができませんでした。
a0152501_8362096.jpg

写真を撮り忘れましたが、カステロディアマの2009年のマグナムボトルのワインをグラスワインでいただけました。ワインの品揃え、選択も素晴らしいと感じました。

ヴェーニ デル ボッテゴン (VINI DEL BOTTEGON)
TEL:052-935-5222
住所:名古屋市東区泉2-21-3 司ビル 1F
by hiramitsu-hc | 2015-02-18 23:35 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite