平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ル・タン・ペルデュ(伏見)

新装オープンしたル・タン・ペルデュに伺いました。以前の雰囲気もなかなかよかったのですが、新装されて厨房が奥に移り、広くてとても明るいお店に生まれ変わっていました。お料理は、以前と同様にすばらしい内容でした。このお店は若いスタッフが皆さんで力を合わせて頑張ってみえるとても下記のあるお店です。ソムリエールさんのサービス、お話もとてもすばらしく、満足できる内容でした。近いうちに必ず再訪します。
a0152501_6522630.jpg

セルベルドカニュ、燻製ナッツ、クロワッサン、ファラフェル
a0152501_6524057.jpg

鴨のパテ
a0152501_6524770.jpg

とうもろこしのムース、マルゲリータ
a0152501_6525391.jpg

サーモンのガレット
a0152501_653061.jpg

ノドグロのコンフィー、緑のガスパッチョ
a0152501_653858.jpg

ニース風サラダ
a0152501_6532526.jpg

甲殻類のビスク、骨髄のフラン
a0152501_6534141.jpg

パイナップルを挟んだフォアグラ、トリュフの蜂蜜、バルサミコ、岩塩で
a0152501_6534810.jpg

エイのムニエル ハーブとヴィネグレット
a0152501_6541630.jpg

本日のメイン 岩塩の包み焼き 中身は何かな?
a0152501_6542387.jpg

本日のメイン 十勝牛ヒレ肉の岩塩焼き キノコノソース
a0152501_654472.jpg

ペドロヒメネス
a0152501_6545681.jpg

ポップコーンのアイスクリーム
a0152501_6552985.jpg

不知火のデグリネゾン、マカロン2種
a0152501_6553761.jpg

エスプレッソ
a0152501_6554696.jpg

ギモーブ、フィネンシェ、小さなシュー
a0152501_6555435.jpg

始めていただくブランドブランのシャンパーニュです。クリーミーな味わいで、良い甘みがありました。
a0152501_656266.jpg

ルロワのムルソーペリエールです。黄金色に熟成し、最高の味わいでした。
a0152501_6561069.jpg

リニエのクロドラロッシュは、力強く若々しい感じでしたが、時間と共に開いて素晴らしい味わいとなりました。
a0152501_6561825.jpg

ル・タン・ペルデュ (Le Temps Perdu)
TEL:052-204-2114
住所:名古屋市中区栄2-1-14 コモングランドビル2F
by hiramitsu-hc | 2014-05-31 23:59 | グルメなお話 | Comments(0)

愛知県藤医会講演会名古屋支部総会

平成26年5月31日に名古屋駅前のホテルにて、『愛知県藤医会講演会名古屋支部総会』が開催されました。大学内の先生や学生さん、ご開業の先生方が100名以上集まられ、盛大な研究会のとなりました。私は、最近話題となっている人間ドック学会の新しい基準値について触れさせていただき、JSH2014の重要性について、解説させていただきました。黒田 誠先生からは、病院を支える麻酔科、放射線科、病理科の重要性と病理医の仕事について、詳しくご講演いただきました。また、今回は藤田学園理事長の小野雄一郎 先生にもご参加いただき、最近の藤田学園の状況、今後の展望などについて、夢のあるお話をいただきくことができました。藤田保健衛生大学は、全国に誇れる大学となりました。今後も更に発展していただきたいですね。

愛知県藤医会講演会名古屋支部総会プログラム
名古屋支部総会
Opening remarks
名古屋支部会長 村上悦士 先生
藤田保健衛生大学病院副院長 内藤健晴 先生
講演Ⅰ
座長:藤田保健衛生大学臨床検査科准教授 成瀬寛之 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心血管イベント抑制を考慮した抗血圧治療~JSH2014の話題を含めて~』
講演Ⅱ
座長:墨医院院長 重村元嗣先生
演者:藤田保健衛生大学病理診断科教授 黒田 誠 先生
『医療現場の見えない力持ちー病理医の仕事ー』
「あいさつ」
藤田学園 理事長 小野雄一郎 先生
a0152501_6395662.jpg

a0152501_640978.jpg

藤田学園理事長の小野雄一郎 先生にご講演いただきました。
a0152501_6401952.jpg

藤田保健衛生大学医学部の志願者は、4600名にも及んでいるそうです。
a0152501_6402559.jpg

国家試験の合格率も97%まで上昇し、全国80大学中10位まで上がったそうです。
a0152501_6403274.jpg

岡崎市から要請を受け、6年後には岡崎市に400床規模の大学病院を設立するそうです。
a0152501_6403887.jpg

by hiramitsu-hc | 2014-05-31 18:06 | 講演の案内 | Comments(0)

名古屋内科医会第525回例会

平成26年5つkい31日に、愛知県医師会館にて、『名古屋内科医会第525回例会』が開催されました。今回は、β遮断薬遮断薬の使い方について、解説させていただきました。会場には、開業医の先生方が沢山参加され、熱心に講演を聴いていただけました。β遮断薬はJSH2014の第一選択薬から外れてしまいましたが、心疾患の合併症のある高血圧患者には、積極的に投与すべき薬剤として位置ずけられています。今後も広く使用して欲しい薬剤ですね。

名古屋内科医会第525回例会
学術講演
講師:平光ハートクリニック 平光伸也
演題:『慢性心不全、心房細動のパラダイムシフト』
by hiramitsu-hc | 2014-05-31 16:10 | 講演の案内 | Comments(0)

第2回各務原病診連携カンファランス

平成26年5月29日に各務原市にて、『第2回各務原病診連携カンファランス』が開催されました。この会は、東海中央病院循環器内科と開業医の先生方を結ぶ、病診連携の勉強会です。東海中央病院の若い先生や、ご開業の先生などが多数参加され、活発な研究会となりました。今後は、心房細動の不整脈としての治療と、抗凝固の治療を同時に解説できる講演会が必要であると感じました。

第2回各務原病診連携カンファランス
オープニングセミナー
東海中央病院循環器内科部長 内田一生先生
『心房細動治療ガイドラインについて』
特別講演
座長:東海中央病院循環器内科副院長 松井春雄先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『非弁膜症性心房細動に対するアグザレルトの使用経験〜患者満足度調査の結果を含めて〜』
a0152501_7265174.jpg

by hiramitsu-hc | 2014-05-29 19:21 | 講演の案内 | Comments(0)

蛇の目寿司

つくば市で一番と評判の寿司屋『蛇の目寿司』さんにお邪魔しました。店内は落ちついた隠れ家のような雰囲気で、今回は奥のお座敷でゆっくりお食事をいただきました。最初から最後まで、感じの良い奥様が心地よく対応してくださいました。日本酒も色々揃えられており、獺祭大吟醸や出羽桜などの銘酒をたっぷりいただきました。

a0152501_16132020.jpg

口取りは蛸と里芋の煮物でした。
a0152501_16133737.jpg

お寿司屋さんなのに、美味しいビッシソワーズが出ました。エシャロットもシャキシャキで美味でした。
a0152501_16135514.jpg

お造りは、牡丹海老、鰹、マグロ、平目、平ら貝でした、どれも上等なネタでした。
a0152501_1614193.jpg

鮑の水貝 氷と海水に漬けて、コリコリでいただきました。美味しかったー。
a0152501_16143265.jpg

鮑の肝は、ポン酢でいただきました。
a0152501_161541.jpg

エボ鯛の塩焼き
a0152501_1615168.jpg

握り十二貫 どれも上と名ネタで、食べ応えがありました。
a0152501_16153442.jpg

a0152501_1617479.jpg

海老の頭は味噌汁でいただきました
a0152501_16155238.jpg

黄な粉味の団子
a0152501_161658.jpg



蛇の目寿司
TEL:029-851-9555
住所:茨城県つくば市天久保3-15-1 1F中央
by hiramitsu-hc | 2014-05-28 23:58 | グルメなお話 | Comments(0)

筑波での学術講演会

平成26年5月28日、つうば市にて脂質異常症の学術講演会が開催されました。一般演題では、成島先生から1000近い脳梗塞の患者さんの興味深いデータをご紹介いただきました。また瀬尾先生からは、ゼチーアで炎症所見が改善した冠疾患の症例について、ご紹介いただきました。どちら興味深い発表でした。今回は、筑波大学の島野 仁教授に座長をしてただき、脂質異常症のお話をさせていただきました。会場からは多くのご質問をいただき、とても盛り上がりました。

一般演題
座長:東京医科大学茨城医療センター循環器内科教授 大久保信司先生
演者:成島クリニック院長 成島 淨 先生
『当院におけるエゼチミブの使用成績』
演者:筑波大学医学医療系循環器内科准教授 瀬尾由広先生
『ゼチーアによりCRPの減少が認められた冠疾患症例について』
座長:筑波大学医学医療系内分泌代謝・糖尿病内科教授 島野 仁先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『脂質異常症のテーラーメード治療ーコレステロール吸収と合成の制御を考慮してー』
a0152501_1603247.jpg

a0152501_1605946.jpg

by hiramitsu-hc | 2014-05-28 21:58 | 講演の案内 | Comments(0)

医学部学生さん心電図勉強会2

平成26年5月27日に、名市大医学部5年生の学生さん8名に参加して頂き、第2回目の心電図勉強会を行いました。今回から参加してくれた学生さんが3名みえたので、もう一度基礎的な判読方法から勉強しました。皆さんとても熱心に勉強してくれました。心電図が嫌いにならないように、学生のうちに心電図が読めるようになって欲しいと願っています。勉強の後は、妻が作ってくれた中華料理を食べながら美味しいワインを頂きました。卒業後の進路や、研修病院などについても皆で話し合うことができました。学生さんたちと一緒にいると本当に楽しいですね。また来週が楽しみです。
a0152501_9351690.jpg

a0152501_9352922.jpg
a0152501_935368.jpg
a0152501_9354123.jpg
a0152501_9354619.jpg
a0152501_935522.jpg
a0152501_9355826.jpg
a0152501_936374.jpg
a0152501_936826.jpg
a0152501_9361449.jpg
a0152501_9361843.jpg

a0152501_937020.jpg
a0152501_9376100.jpg
a0152501_9371382.jpg
a0152501_9371929.jpg

12年物の紹興酒、絶品でした
a0152501_1623632.jpg

by hiramitsu-hc | 2014-05-27 23:48 | 趣味のお話 | Comments(0)

名城大学薬学部4年生の講義

今年は名城大学薬学部4年生の講義をさせていただきました。今回は、心不全の病態と治療についてお話させていただきましたが、薬学部の学生さんは本当に真面目です。居眠りをしている方もほとんど見えず、熱心に講義を聞いてくださいました。また4年生は、昨年臓器移植や心疾患の講義を聞いていただいていますし、おれから1年経過しているので、ずいぶん成長している印象を受けました。質問頂いない内容もなかり専門的な内容で、驚きました。最近は薬剤師の国家試験もとても難しくなってきていると伺いました。名城大学は毎年100%に近い合格率なので大丈夫だと思いますが、みなさんには立派な薬剤師さんになっていただきたいと願っています。
a0152501_15233015.jpg

by hiramitsu-hc | 2014-05-26 15:17 | 趣味のお話 | Comments(0)

トラットリア・リョウゴク(新栄)

トラットリア・リョウゴクにランチに伺いました。いつもはディナーに伺いますが、ランチタイムも満員御礼状態でした。厨房の中は超忙しそうで、テキパキとした動きで仕事をされていました。若いスタッフが頑張る姿はいいものですね。お料理は、前菜にボリュームのある生ハムとオクラや玉ねぎなどのサラダが添えられていました。医師会での会議がなかったら、白ワインを1敗いただきたいところでした。パスタは飛騨牛をふんだんに使ったひら打ちパスタは、ボリューム満点で満足の一皿でした。カマンベールチーズのアイスもさっぱりとした味わいで、コーヒーまで付いて1500円は驚きのコスパでした。また伺いたいです。
a0152501_9121585.jpg

a0152501_9122217.jpg
a0152501_9122981.jpg
a0152501_9123553.jpg
a0152501_9124140.jpg
a0152501_9124661.jpg
a0152501_9125318.jpg
a0152501_9125858.jpg

トラットリア・リョウゴク
電話:052-508-5963
住所:名古屋市東区東桜2-17-10
by hiramitsu-hc | 2014-05-24 10:23 | グルメなお話 | Comments(0)

ショウガの甘酢漬け(ガリ)

私は、おすし屋さんで出るショウガの甘酢漬け(ガリ)が大好きです。何とか自宅でできないかと調べてみると、とても簡単に作れることがわかり、毎年自家製のガリを楽しんでいます。1年でこの時期にしか出てこない『新ショウガ』で作ります。今回は、ガリの作り方をご紹介します。

a0152501_10172456.jpg

ガリの作り方
1.皮をむいたショウガを薄くスライスします。繊維を切る方向でスライスするとフカフカの柔らかい食感になるので、私は繊維に沿って切るのが好きです。
2 熱湯にさっと通します。辛めが好きな方は30秒、甘目が好きな方は3分くらい。我が家は1分30秒湯通しします。、冷たい水でよく洗い、あくを取ります。その後、水分が切れるまで陰干しします。
a0152501_10173078.jpg

3 甘酢を作ります。米酢(内堀酢がお勧め)1カップに砂糖大さじ5杯、塩小さじ1/2杯を混ぜて、火にかけ調味料を溶かし冷ましておきます。しょうがを甘酢につけて、煮沸した清潔なビンに入れます。
a0152501_10173683.jpg

4 数時間もするときれいなピンク色に変わってきます。色が変わればもう食べられます。
a0152501_10174185.jpg


 作り立てでなくても半年くらい味も変わりませんので、我が家では毎年大量に漬けて、手巻き寿司の時にいただいています。皆さんも是非、作ってみてください。自家製はいいものですよ。
by hiramitsu-hc | 2014-05-23 22:46 | 趣味のお話 | Comments(1)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite