平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2013年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧

ル・タン・ペルデュ(伏見)

最近話題のフレンチレストラン、『ル・タン・ペルデュ』にうかがいました。伏見の交差点から少し南に入ったビルの2階にある隠れ家のような素敵なお店です。1階はバーになっており、こちらの良さ気な雰囲気でした。28歳の若いシェフとスタッフ2名が厨房に、可愛いソムリエールさんフロアをしきっており、私が大好きな若いスタッフが頑張っているタイプのお店でした。サービスもお料理も素晴らしく、とても満足できるレストランでした。とにかく品数が多いのですが、少しづついただけるので、おじさんでも大丈夫なフレンチでした。

お店は、看板もなく1階のバーから2階へは、ハシゴのような階段で上がります。
a0152501_7261587.jpg

メルゲリータ、グジェール 丁寧に作られたミニチュアのようなお口取りです。
a0152501_7262255.jpg

ズワイガニのコルネ マスの卵が乗せられていました。
a0152501_7263177.jpg

チップス 甘いさつまいもとスパイス、じゃがいもとコショー、蓮根のチップスです。
a0152501_7263961.jpg

クロックマダム コンテでできた泡の下には、半熟卵と生ハム、クルトンが入っており、美味しかったー。
a0152501_7264644.jpg

蝦夷鹿のタルタル、林檎のキャラメリゼ りんごの甘みと蝦夷鹿が良く合いました。
a0152501_7265325.jpg

ホタテとアンディーブとフォアグラ まるで絵画のような芸術的な一皿でした。
a0152501_727110.jpg

兎のクロメスキ 根セロリのクリームとピュレドトリュフ
 ラパンのクロケットとトリュフのソースがよく合いました。ムルソーにぴったり。
a0152501_727843.jpg

オマール海老のビスクとラビオリ 骨髄のフラン
 牛の骨髄が、骨の真ん中に入れられており、テーブルでさっと骨を外していただけました。オマールの濃厚なソースとラビオリ、骨髄が混じり合って絶妙な味和でした。こちらのムルソーにぴったり。
a0152501_7271567.jpg

鯉のストラスブール風
 濃いと思えないような素晴らしい味わいでした。今までにいただいたことのないお料理でした。とても美味しくいただけました。
a0152501_7273520.jpg

本日のメイン
 山鳩の胸肉とフォアグラのパイ包み焼きでした。味の濃いお肉と濃厚なソース、トリュフが混じり合って最高の味わいでした。このお料理は今日一でした。クロドラロッシュとのマリアージュもバッチリでした。
a0152501_7274289.jpg

巨峰のジュレと甘草のムース ムースの下には、甘くて美味しい巨峰が隠れています。
a0152501_7274958.jpg

本日のデザート
 サバランのように洋酒を吸い込んだチョコレートケーキとバニラアイスでした。
a0152501_7275616.jpg

マドレーヌ、ショコラ 
a0152501_72827.jpg

ギモーブ
a0152501_728933.jpg

マカロン
a0152501_7281622.jpg

エスプレッソ
a0152501_7282463.jpg

シャンパーニュは、ボランジェのスペシャルキュベをいただきました。

珍しいルフレーブのムルソー2007、濃厚で良い甘味が印象的でした。
a0152501_7283093.jpg

ポンソ クロドラロッシュ2000 最高の出来栄え、飲みごろのクロドラロッシュでした。こういうワインに当たるから、ブルゴーニュはやめられませんね。
a0152501_7283743.jpg

珍しいジャックセロスの酒精強化ワインをグラスでいただきました。
a0152501_7284382.jpg

デザートワインは、クーテ1994をいただきました。
a0152501_7284969.jpg


とても満足できる内容でした。近いうちに必ず再訪します。

ル・タン・ペルデュ (Le Temps Perdu)
TEL:052-204-2114
住所:名古屋市中区栄2-1-14 コモングランドビル2F
by hiramitsu-hc | 2013-10-31 23:15 | グルメなお話 | Comments(0)

カルナヴァル(栄5丁目)

久しぶりにカルナヴァルに伺いました。このお店はカジュアルでありながら落ち着きのある上に、しっかりとしたビストロ料理を味わえる貴重なお店です。本日も相変わらずの賑わいで、若い方たちでお店は満員でした。
特に女性だけのお客さんが多く、このお店の特徴が出ています。今回も数多くのお料理をガッツリといただきました。どれも味わい深い満足の行くお料理ばかりでした。


a0152501_9111359.jpg

生牡蠣
 気仙沼産の生牡蠣は実がしっかりと詰まっており、食べ応えがありました。
a0152501_9112511.jpg

ブータンノワール
 テリーヌの容器で作られた大きなブータンノワールでした。スパイスが効いた濃厚な味わいで、コンドリューにもブルネロにもよく合いました。焼きリンゴとのマリアージュもグッドでした。
a0152501_9113681.jpg

ポテトグラタンと自家製ハムのガレット
 このお店の定番はやはりガレットです。そば粉のガレットはさくっと焼きあがっており、ポテトグラタンとトローリと流れる卵の黄身がたまりませんでした。美味しい。
a0152501_9114510.jpg

烏賊ときのこのイカ墨煮
 ぶつ切りの烏賊がイカ墨で豪快に煮込まれた一皿です。見た目より味はまろやかで、ぺろりといただけました。
a0152501_9115698.jpg

ひな鳥のロースト
 ココットで、ひな鳥を丸ごとローストにしたボリューム満点のメイン料理でした。皮がパリパリでお肉が柔らかく、美味しくいただけました。ブルネドディモンタルチーノによく合いました。
a0152501_912660.jpg

アンドレペレ コンドリュー2010
a0152501_912164.jpg

ラ フォルテューナ ブルネロディモンタルチーノ2004
a0152501_9124288.jpg



カルナヴァル (Carnaval)
TEL:052-251-4868
住所:名古屋市中区栄5丁目18-17 コーワビル1F
by hiramitsu-hc | 2013-10-30 23:13 | グルメなお話 | Comments(0)

高血圧セミナー

平成25年10月30日に、金山のサイプレスホテルにて、『高血圧セミナー』が開催されました。この会は、中北薬品が広い範囲の先生にご案内して下ったため、名古屋市内の多くの先生方にご参加いただけました。座長は、中部ろうさい病院循環器内科部長の植谷忠之先生にお願いいたしました。植谷先生は、南区桜本町でお父様がご開業されており、私も古くからお世話になっている先生です。先輩の天野先生が愛知医科大学の教授に就任された後は、植谷先生が中部ろうさい病院の循環器内科のリーダーとして、活躍されています。今回は、『日本人の心臓・腎臓を守る~新規ARBの臓器保護効果を含めて~』の演題で、一開業医として、日頃何を考えながら高血圧治療を行っているかを、講演させていただきました。会場からは、沢山のご質問をいただき、頭の中が整理されたと、お褒めの言葉をいただけました。活気のある楽しい講演会となりました。

高血圧セミナー
座長:中部ろうさい病院循環器内科部長 植谷忠之先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『日本人の心臓・腎臓を守る~新規ARBの臓器保護効果を含めて~』
a0152501_8552234.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-10-30 21:46 | 講演の案内 | Comments(0)

自宅でのワイン会

平成25年10月27日に、ワインが大好きなご家族をお招きして自宅でワイン会を開催しました。ブルゴーニュワインが好きな方が多かったので、コントラフォン、アルマンルソー、DRCなどをいただきました。お料理は妻が作った手料理でしたが、美味しいワインのお陰で話題が盛り上がり、楽しい日曜日を過ごすことができました。

ドンペリ2003からスタートしましたが、やっぱりドンペリは美味しいですね。最初の乾杯は勿論ですが、これ1本でメインまで通せるようなしっかりとした造りはさすがです。
a0152501_1523453.jpg

白ワインは、コントラフォンのムルソージュヌブリエール2003をいただきました。あまりの濃さと強さに圧倒された1本でした。ドンペリとの間にもう1本、爽やかな白ワインを入れるべきでした。コントラフォンはさすがですね。特に2003年は酸味が少なくて濃厚なので、もう10年待っても良いくらいの力強さでした。
a0152501_15235288.jpg

赤ワインの1本目は、アルマンルソーのクロドラロッシュ2000をいただきました。抜栓直後は、香りが立ってこないので心配していましたが、しばらくするとピノノワールらしい力強さと、上品なアロマが立ち上がり、すばらしい味わいに変化してゆきました。さすがはルソー、心に残る味わいでした。
a0152501_1524012.jpg

二本目の赤ワインは、DRCのロマネサンヴィバン1994をいただきました。約20年経過したDRCですので、皆さんの期待が集まりました。香りはまさにDRCのすばらしい香りでしたが、ルソーのすばらしさが際立っていたためか、本来のロマネサンヴィバンのパワーは感じられませんでした。しかし、やはりDRCはすばらしいワインでした。
a0152501_1524558.jpg

デザートワインは、いつもと志向を変えて、アルザスの帝王、フンブりヒトのピノグり、セレクショングランノーブル2000をいただきました。極めて濃厚ですが、上品な甘みがあり、至福の時でした。ロックフォールを揃えておくべきでした。
a0152501_15241162.jpg

楽しい仲間が集まり、美味しいワインをいただく幸せを感じました。
by hiramitsu-hc | 2013-10-27 17:19 | 趣味のお話 | Comments(0)

第6回MASTセミナー

平成25年10月26日に、名古屋ガーデンパレスにて『第6回MASTセミナー』が開催されました。この会は、我々藤田保健衛生大学の卒業生代表である近松 均先生が企画されている研究会です。医師は医療だけを学ぶのではなく、幅広いジャンルの勉強をするべきであるとの信念の元に、Medical and Social Training Seminar(MASTセミナー)を立ち上げられました。今までには、高齢化社会への対応、呼吸法の訓練、ワインの話題、日本舞踊と健康など、様々なテーマで興味深いお話を聞かせていただきました。今回は、中部労災病院心療内科の葦原先生から、最近急速に需要が高まっているメンタルケアのお話を聞かせていただきました。また、自己成長エゴグラムを用いて、参加者全員が自己分析に参加することができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。楽しいお話が聞かれると思って参加しましたが、想像の何倍も楽しいお話を伺うことができました。
a0152501_21445066.jpg
a0152501_21445838.jpg


第6回MASTセミナー -Medical and Social Training Seminar-
総合座長
近松医院院長 近松 均 先生
第一部
演者:近松医院院長 近松 均 先生
『循環器専門医としての糖尿病治療~DPP4阻害薬ジャヌビア錠の使用経験を含めて~』
第二部
演者:中部労災病院心療内科・勤労者メンタルヘルスセンター長 葦原 睦 先生
『自分発見と素敵な対人関係~良質な患者対応を目指して~』
by hiramitsu-hc | 2013-10-26 21:59 | 講演の案内 | Comments(0)

南区ーばんたね循環器勉強会

平成25年10月26日に、ホテルグランコート名古屋にて、『南区ーばんたね循環器勉強会』が開催されました。この会は、藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院の循環器内科と南区医師会の病診連携の会です。今回は心不全、特に最近上市されたバソプレッシンV2受容体拮抗薬であるトルバプタン(サムスカ)の話題を中心とした研究会となりました。はじめに坂種病院循環器内科の山田先生から、サムスカが著効した慢性心不全の症例が紹介されました。サムスカが見事に心不全の再発を抑制しており、本剤のあるべき姿が確認されました。私は、長期予後の改善を目指した慢性心不全治療~利尿薬の使い方を含めて~の演題で、慢性心不全の一般的な治療法について講演させていただきました。トルバプタンの登場により、心不全治療のオプションが1つ増えました。今後は、体液貯留が高度な症例には、トルバプタンが多用されるようになると考えます。

南区ーばんたね循環器勉強会

Opening Remarks
総合司会:いまい内科クリニック 今井健次先生
Lecture
演者:藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院循環器内科 山田 亮 先生
『当院におけるトルバプタンの使用成績』
Special Lecture
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『長期予後の改善を目指した慢性心不全治療~利尿薬の使い方を含めて~』
Closing Remarks
藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院循環器内科教授 井澤英夫先生
a0152501_21403381.jpg
a0152501_21404145.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-10-26 08:00 | 診療のご案内 | Comments(0)

伊勢崎佐波医師会学術講演会

平成25年10月24日に伊勢崎市にて、『伊勢崎佐波医師会学術講演会』が開催されました。一般演題では、神山先生と新島先生から、アジルサルタンのすばらしい臨床データが紹介されました。他のARBからの変更により、しっかりと血圧が低下しており、びっくりしました。そろそろ各地の先生から他のARBからアジルバへの変更のデータが発表されていますが、随分血圧が低下している発表が多く、今後が楽しみです。
 私は、山田内科クリニックの山田俊彦先生に座長をしていただき、高血圧治療の講演をさせていただきました。会場からは、CKDや尿蛋白のご質問をいただき、活気のある研究会となりました。


伊勢崎佐波医師会学術講演会

一般演題
座長:ほそい医院院長 細井 勉 先生
演者:神山クリニック院長 神山 宏 先生
   『アジルサルタンの使用経験』
演者:医療法人関越中央病院院長 新島 和 先生
   『ABPMでみるアジルサルタンの効果』

特別講演
座長:山田内科クリニック院長 山田俊彦 先生 
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
   『日本人の心臓・腎臓を守るー新規ARBの臓器保護効果を含めてー』
a0152501_1644548.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-10-24 23:52 | 講演の案内 | Comments(0)

にい留 (ニイトメ)(新栄)

新栄は、美味しいお店の激戦区となっています。今回は、6月にオープンしたばかりですが、とても評判のよい天ぷらのお店『にい留 (ニイトメ)』にお邪魔しました。店内は、L字型のカウンター8席のみのセンスの良いお店です。若くてイケ面の大将が、目の前で手際よく天ぷらを揚げてくれます。素材にはかなりこだわってみえます。はじめの車えびも今まで活きていたものをカラッと揚げていただけました。その他にも様々な食材の天ぷらをいただきましたが、どれも心に残る味わいでした。またお値段がとてもリーズナブル。次回は夜にゆっくりお邪魔したいと思います。シャンパーニュや白ワインと一緒にいただきたいですね。
a0152501_1735472.jpg
a0152501_17351171.jpg

たっぷりの大根おろしがうれしかった。
a0152501_17351985.jpg

ざくろの実がパリパリとして良いアクセントになっていました。
a0152501_17352668.jpg

パリパリの海老の足が美味しかった。
a0152501_173534100.jpg

活車えびの天ぷら。文句なしの味でした。
a0152501_17354163.jpg

ホタテ 火の通り具合が絶妙でした。
a0152501_17354946.jpg

舞茸は濃い味で、トリュフを追い出させるような風味でした。
a0152501_17355743.jpg

キス 外はさくさくで、口の中で溶けてしまうようでした。
a0152501_1736424.jpg

a0152501_17361270.jpg

里芋を薄味で炊いて、天ぷらにしてありました。表面がわずかにこげて香ばしい味わいでした。
a0152501_17361875.jpg

穴子の骨を蝶々結びにして、からりと揚げてただきました。手が込んでいます。
a0152501_17362735.jpg

綺麗な穴子はやっぱり天ぷらにしてもすばらしい味でした。サクサク、フワフワでした。
a0152501_17365866.jpg

〆は天丼を選びました。ぷりぷりの海老に丁度良い硬さのご飯で、満足でした。
a0152501_1737781.jpg

にい留 (ニイトメ)
TEL:052-252-0033
住所:名古屋市中区新栄2-8-13 シャトー秋月 1F
by hiramitsu-hc | 2013-10-24 16:44 | グルメなお話 | Comments(0)

松江地区脂質異常症学術講演会

平成25年10月23日に、島根県松江市にて『松江地区脂質異常症学術講演会』が開催されました。台風27号と28号の影響により、前線が山陰地方に停滞し、大変な雨の日でしたが、会場には多くの先生が参加され、活発な研究会となりました。特に岡田先生から発表された松江私立病院でのゼチーアのデータはすばらしく、心筋梗塞の患者さんのLDLを著明に低下させており、岡田先生ご自身もびっくりされていました。二次予防では、スタチンとエゼチミブの併用が必要な奨励が多いですね。

松江地区脂質異常症学術講演会
座長:松江市立病院 循環器内科部長 太田哲郎先生
特別講演Ⅰ
演者:松江市立病院循環器内科副部長 岡田清治先生
『当院におけるエゼチミブの使用経験』
特別講演Ⅱ
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『脂質異常症のテーラーメード治療~コレステロール吸収と合成の制御を考慮して~』
a0152501_16395386.jpg
a0152501_1640047.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-10-23 21:09 | 講演の案内 | Comments(0)

3000円以下で感動できるワイン3

アンペリデ ル・エス・ソーヴィニョン・ブラン 2005(白ワイン)

 このワインは、信じられないくらいリーズナブルなワインです。このワインを造っている会社のアンペリデは、フレデリック・ブロシェによってロワール渓谷に創設されたシャトーです。 近代の特性と伝統の才能 を活かし、畑と自然への敬意を持ってワイン造りを行っています。ロワールのワインはリーズナブルな物が多いのですが、アンペリデのワインはこの価格帯としては突出したコストパフォーマンスの高さです。非常に現代的で誰が飲んでも世論でいただけるワインだと思います。正直この価格帯でこのようなワインはあまりありません。是非、お試しあれ。
a0152501_1335889.jpg

a0152501_1334995.jpg

ワイン名:Ampelidae / Le S 2005
品種:ソーヴィニョン・ブラン100%
原産地:フランス・ロワール・ヴィエンヌ
by hiramitsu-hc | 2013-10-21 12:44 | ワインの話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite