平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2013年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

病診連携勉強会でのワイン会

市民病院の循環器部長、循環器専門医、放射線専門医、眼科専門医の先生にお集まりいただき、勉強会を開催しました。最近のNOACの使用方法などについて、ディスカッションできました。その後に病診連携を深める目的で、自宅でワイン会を開きました。今回は、長谷川和生先生のbirthday vintageの1964年にちなんで、Chateu Lafite Rothchild 1964をいただきました。1964年は、良い vintageでもなく液面もhigh shoulderで、レコルクもされていなかったので、どんな状態か心配でしたが、素晴らしい味わいでした。力強さこそありませんでしたが、渋みはすっかりとれ、アルコールを全く感じない、まさにクイーンを連想するワインでした。20分ほどで落ちてしまうかと思いましたが、最後まで美味しさを保っていました。この時代のグランヴァンはすごいですね。こんなに古いボルドーをいただく機会は、ほとんどありませんので、長谷川先生には良い思い出になったのではないかと思います。また長谷川先生がもって来て下さったLoius JadotのClos Vougeot 1979年も素晴らしいワインでした。柔らかい酸味と上品な香りがグラスに漂い、全くアルコールを感じませんでした。30分ほどで香りが落ちてしまいましたが、よくこの状態まで、痛まずにうまく熟成できたなという味わいでした。素晴らしかった。加藤千博先生におねだりされて、勢いで今や貴重なブルゴーニュとなったClaude DugatのCharmes-Chambertin 1997も頂いてしまいました。こちらは、ブルゴーニュらしいまさにキングの文句なしの味わいでした。皆さんがフィレンツエ3丁目にオーダーして作っていただいた特大のカタラーナを持ってきて下さいました。クレームドブリュレのように表面が、カチカチで美味しくいただきました。御馳走様でした。
a0152501_9595097.jpg
a0152501_9591538.jpg
a0152501_100297.jpg
a0152501_9592636.jpg
a0152501_1001329.jpg
a0152501_9593849.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-29 23:33 | 趣味のお話 | Comments(0)

健康ワンダフル 6月29日朝7時から放送されました

健康ワンダフル 6月29日朝7時から放送されました
『見直そう食生活 脂質異常症の予防と治療』

テレビ愛知の健康番組の『健康ワンダフル』に、出演させていただくことになりました。5月25日に当クリニックで、撮影が行われました。今回は、『見直そう食生活 ~脂質異常症の予防と治療~』のテーマで番組が作られました。、日本人の食生活の欧米化と、運動不足などの生活習慣の変化が、心筋梗塞などの疾患を増加させる可能性があるのではないか、今後食生活をもっと見直す必要があるのではないかというメッセージをお送りする予定です。健康ワンダフルは、土曜日の朝7時という皆さんがまだお休みされている時間の番組で、視聴率は低いようですが、6月29日朝7時よりオンエアーされますので、是非ご覧になって下さい。よろしくお願いいたします。
a0152501_6195583.jpg
a0152501_6203128.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-29 07:00 | 診療のご案内 | Comments(0)

藤沢市内科医会学術講演会

平成25年6月27日に、藤沢市にて『藤沢市内科医会学術講演会』が開催されました。この会は、藤沢市でご開業されている先生方が集まってお勉強される研究会ですが、藤沢市の先生方はとてもご熱心な先生が多いそうで、今回も数多くの先生がご参加されました。脂質異常症の現状、食生活の変化に伴うメタボの増加など、今後の問題点を含めて、色々お話させていただきました。講演終了後も20分以上沢山のご質問をいただくことがれきました。最終ののぞみで帰らなければならず、懇親会に参加できなかったのが残念でした。がんばっていらっしゃる実地医家の先生方とご一緒するのは、本当に楽しいことですね。

藤沢市内科医会学術講演会
座長:西郡医院院長 西郡克郎先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『脂質異常症のテーラーメード治療~コレステロール吸収と合成の制御を考慮して~』
a0152501_95369.jpg
a0152501_951691.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-27 23:33 | 講演の案内 | Comments(0)

旬海料理ぎんりん(鳥取市)

鳥取市で美味しいお魚がいただけると評判の『旬海料理ぎんりん』にお邪魔しました。奥の個室には、珍しい円形の堀コタツのようなテーブルがあり、ゆっくりお食事をいただくことができました。お店の方もとても気さくで、リラックスできました。お料理で特に素晴らしかったのは、生きたまま料理された烏賊のお造りでした。透明な身がコリコリで、生姜醤油でいただきましたが絶品でした。伊勢えびの刺身も美味しかった。コリコリで甘みがありグッドでした。また今が旬の岩牡蠣も味が濃厚で、まさに海のミルクでした。のどくろの塩焼きは小ぶりでしたが、脂が乗っており、美味しくいただけました。お肉料理の鳥取牛のステーキは、柔らかくてジューシーでとろけるようでした。ご飯は、烏賊の頭とげその入った炊き込みご飯と伊勢えびの頭のお味噌汁をいただきました。鷹勇の強力(ごうりき)などの美味しいお酒もたっぷりいただけ、満足でした。
a0152501_1850741.jpg
a0152501_18501276.jpg
a0152501_1850191.jpg
a0152501_18502496.jpg
a0152501_18503070.jpg
a0152501_1850352.jpg
a0152501_185041100.jpg
a0152501_18504648.jpg
a0152501_18505275.jpg
a0152501_18505720.jpg
a0152501_1851230.jpg

a0152501_190498.jpg


旬海料理ぎんりん
TEL:0857-21-4649
住所:鳥取県鳥取市末広温泉町365
by hiramitsu-hc | 2013-06-26 23:59 | グルメなお話 | Comments(1)

山陰高尿酸血症・痛風関連疾患研究会 東部会

平成25年6月26日に、鳥取市にて『山陰高尿酸血症・痛風関連疾患研究会 東部会』が開催されました。鳥取市は、高尿酸血症で著名な久留先生がみえるため、尿酸に関する研究会が数多く開催されているそうです。今回は、山陰高尿酸血症・痛風関連疾患研究会 東部会にお招きいただき、高尿酸血症の治療について、講演させていただきました。会場には70名以上の先生方が参加され、とても活発な研究会となりました。

山陰高尿酸血症・痛風関連疾患研究会 東部会
ミニレクチャー
座長:鳥取県立中央病院顧問 武田 卓 先生
演者:鳥取大学大学院医学研究科再生医療学分野教授 久留一郎先生
『高尿酸血症と糖尿病:フェブキソスタットの意義を含めて』
特別講演
座長:鳥取赤十字病院副院長 小坂博基 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心血管イベントの抑制を考慮した高尿酸血症の治療法ーフェブキソスタットの有用性を含めてー』
a0152501_18415054.jpg
a0152501_18424140.jpg
a0152501_18421457.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-26 23:53 | 講演の案内 | Comments(0)

アクセス総数50,000回を突破

アクセス総数50,000回を突破
いつも当クリニックのブログを見ていただき、ありがとうございます。ブログを始めて3年になりますが、当ブログへのアクセス総数が50,000回を突破いたしました。日々の活動報告や美味しいお店の情報などを掲載しており、特別アカデミックな情報をアップしている訳ではありませんが、皆さんにブログを見ていただけることをとてもうれしく思っています。今後も、循環器科の新しい話題や、グルメ情報を発信してゆきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。
by hiramitsu-hc | 2013-06-25 15:21 | 趣味のお話 | Comments(0)

Eggs Benedict

海外の一流ホテルに宿泊する楽しみの一つに美味しい朝食があります。ハワイのザ・カハラ、シンガポールのラッフルズなどの朝食はまさに至福の時と言えるでしょう。朝食でポーチドエッグを注文すると、エッグ ベネディクトのスタイルで出してくれるホテルがよくあります。半分に切ったイングリッシュマフィンの上にポーチドエッグとカリカリのベーコン、又はハムが乗せられ、トロリと美味しいソースがかけられています。ナイフで卵を切った時に、トロリと黄身が流れ落ちると、1滴も無駄にするものかと、思わずかぶりついてしまいます。朝から卵を2つも食べてしまったら、コレステロールが...、と思うのですが、絶対に残せません。その美味しさといったら、格別です。しかし、なかなか日本のホテルでは美味しいeggs benedictにありつけません。
今回、娘が色々なレシピを研究して、eggs benedictを作ってくれました。ソースを作るのが難しいようで、妻に文句を言われながら、何個も卵を割って試行錯誤しながらソースを作っていました。出来上がったegg benedictですが、何と素晴らしい出来上がりでした。ちゃんと卵もフワフワの半熟で、形もそれなりでした。何でも鍋のお湯に、お酢と塩を入れて、くるくるとかき混ぜ、回っている真ん中にゆっくりと卵を落とすとくるくる回りながら綺麗なポーチドエッグが出来るそうです。自宅で、こんなに美味しいeggs benedictが食べられるなんて...。コレステロールが、上がってしまいそうです。でもまた作ってほしいな。
a0152501_1565955.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-24 14:54 | グルメなお話 | Comments(0)

男女川 (みなのがわ)大阪市

大阪は天満橋にある、魚が旨いと評判の男女川 (みなのがわ)さんにお邪魔しました。店はビルの1階にあり、1日2組の完全予約制のお店のようです。こだわりを持って旨い魚を仕入れる大将が、新鮮で活きの良いネタで素材の旨みを生かした料理を食べさせてくれます。まず驚いたのは、特大の岩牡蠣でした。レモンを絞ったポン酢でいただきましたが、濃厚でミルクのような最高の味わいでした。お造りもすごかった。ミンク鯨、大トロ、赤貝、ヒラメ、シャコとたっぷりの盛り合わせでお酒が進みました。お酒にも随分こだわってみえるようで、スッキリ辛口でとお願いすると、真澄の純米吟醸を勧めてくれました。次は、七輪で丁寧に焼いた鮎の塩焼きでした。骨まで柔らかく焼けており、まるごといただけました。七輪で大きな生のホタテ、甘鯛の干物、ホタルイカの干物などを炙っていただきました。これが升でいただく住吉によく合いました。写真がボケてしまいましたが、大きなハマグリのお味噌汁も美味しかった。ハマグリは5月、6月が太っていて美味しいですね。ご飯には、1枚板のウニが出され、ご飯の上に豪快にウニを載せていただきました。デザートも色々出していただき、十分満足できました。お店の前で、記念写真を撮っていただきましたが、阿部晋三総理夫妻ともここで写真を撮りましたとおっしゃっていました。男女川さんは、知る人ぞ知る大阪の魚のお店でした。
a0152501_7361514.jpg
a0152501_7364613.jpg
a0152501_7373515.jpg
a0152501_73724.jpg
a0152501_7375183.jpg
a0152501_7371815.jpg
a0152501_738862.jpg
a0152501_737374.jpg
a0152501_7382829.jpg
a0152501_737576.jpg
a0152501_7384620.jpg
a0152501_7381570.jpg
a0152501_739444.jpg
a0152501_7383319.jpg
a0152501_7392920.jpg
a0152501_7385651.jpg

気さくな大将でした。また伺いますね。
a0152501_7394566.jpg

男女川 (みなのがわ)
TEL:06-6356-1211
住所:大阪市北区天神橋1-16-2
by hiramitsu-hc | 2013-06-22 22:07 | グルメなお話 | Comments(0)

自家製生パスタ専門店 竹井屋(大阪市)

大阪市の天満橋に自家製生パスタ専門店 竹井屋があります。このお店は、若いスタッフが頑張っている私が好きなタイプのパスタ屋さんです。小奇麗な店内には、カウンターと、テーブル席があり、いつも女性客で賑わっています。お店でパスタをいただくのもとても美味しいのですが、このお店の特徴は、1人前たった150円で手作り生パスタをテイクアウト出来ることです。冷凍保存してもほとんど味が落ちないので、いつも10食分以上購入します。たった2分でちょうど良いアルデンテに茹で上がり、自宅で専門店のようなパスタがいただけます。郵送もしていただけるので、興味のある方は問合わせてみてください。絶対お薦めです。

a0152501_7352797.jpg
a0152501_7361733.jpg

TEL:06-6966-0936
住所:大阪市中央区北浜東2-20 1F
by hiramitsu-hc | 2013-06-22 21:21 | グルメなお話 | Comments(0)

城北βblocker User'sミーティング

平成25年6月22日に、大阪市の大阪城近くにて『城北βblocker User'sミーティング』が開催されました。この会は、この地区の医師会の先生方が20名以上集まられた活気のある研究会でした。私は、ベータ遮断薬の高血圧、心不全、心房細動への使用方法について、くわしくお話させていただきました。今月ビソプロロール(メインテート)が、β遮断薬ではじめて、心房細動の保険適応を取得しました。以前は心房細動の心拍数のコントロールには古くからジギタリス薬が使用されてきましたが、ジギタリス薬は運動時の心拍数をあまり低下させていことが分かり、最近ではβ遮断薬が主に使用されるようになってきています。心房細動の治療もずいぶん変わってきましたね。
a0152501_8344867.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-06-22 19:23 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite