平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2012年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

やっぱり市場は面白い

年末で大賑わいの名古屋駅前の柳橋中央市場に出かけました。朝5時に家を出ましたが、もう市場の周りは路上駐車の車で一杯になっていました。マルナカ食品センターの中は、お店の仕入れの方だけでなく、一般の方も大勢みえており、通路ですれ違えないくらいの賑わいでした。今回は、合鴨がいただきたかったので、珍味で有名な『タキモ本店』にお邪魔しました。色々な珍味があり、鴨も何種類か見せていただきましたが、一番立派な国産の合鴨をいただきました。鮪専門店では鮪の解体もしており、大きなブロックが沢山売られていました。私は一般消費者なので、小さめのトロを購入しました。またお正月なので、出し巻き玉子屋さんの前には長い行列ができていました。その場で焼かれた美味しそうなだしまき玉子もいただきました。お漬物屋さんもお値打ちでした。いつも京都で買う千枚漬けが、500gの大きな袋に入って800円の安さでした。また名古屋で有名な『SWEETS MAGIC』の出店もあったので、プレミアムバニラプリンもいただきました。その他、お肉屋さんやたこ焼き屋さん、お弁当屋さんなど沢山のお店があり、とても楽しいお買い物ができました。やっぱり市場は面白いですね。
a0152501_848614.jpg
a0152501_8481621.jpg
a0152501_8482487.jpg
a0152501_8483119.jpg
a0152501_8483831.jpg
a0152501_8484673.jpg
a0152501_8485374.jpg
a0152501_849179.jpg
a0152501_849864.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-29 06:30 | グルメなお話 | Comments(0)

MAJEUR(名古屋市東区)

久しぶりにMAJEUR(マジュール)に伺いました。このお店はホテルキャッスルや、ルシュバリエでソムリエをしてみえた高橋さんがオーナーとなり始められたフレンチレストランです。杉浦シェフは、ラーモニーの血を引く方で、タラバ蟹のフワフワなど、ラーモニーでしか味わえなかったお料理だけでなく、オリジナリティーに富んだ斬新なお料理を提供してくれます。今回は、フォアグラのムースに始まり、野菜のテリーヌや平目と帆立貝のムースなど、美味しいお料理が続きました。8人で伺いましたが、とても楽しいワイン会となりました。

MENU
フォアグラのムース アカシアの蜂蜜

20種類の野菜のテリーヌ シブレットのビネグレット

平目で包んだ帆立貝のムースのヴァプール

清見産 雌猪ロース肉のロティー 
清見スマートファームのクレソンをソースに

デザート前の軽い一皿

ミックスベリーのタルト フリュイルージュのソルベ

a0152501_12202497.jpg
a0152501_12203260.jpg
a0152501_12204134.jpg
a0152501_12204890.jpg
a0152501_12205578.jpg
a0152501_1221317.jpg
a0152501_12211042.jpg
a0152501_12211881.jpg
a0152501_12212575.jpg
a0152501_12213377.jpg


MAJEUR(マジュール)
TEL:052-908-7872
住所:名古屋市東区葵2-3-1 CH桜通ビル 1・2F
by hiramitsu-hc | 2012-12-27 23:22 | グルメなお話 | Comments(0)

茗圃 (ミョウホ)4

茗圃 (ミョウホ)で、平光ハートクリニックとマリン薬局の合同忘年会を開催しました。暮れの忘年会シーズンであったため、お店は超満員状態でした。皆さん楽しそうにワイワイガヤガヤと賑やかでした。この騒がしさが中華料理店のいいところですね。我々も1年間の仕事を労いながら十分盛り上がりました。お店が満員だったので、お料理が出るのに随分時間がかかりましたが、お料理はいつものように美味しくいただけました。特に蟹ミソとフカヒレのスープは、優しい味付けで広東料理らしい味わいでした。私の大好物の鳥のクリスピーもいつもの通り美味しくいただけました。また最後のチャーハンは、どうしたらこんなに上手に出来上がるのだろうと思うくらい美味しくチャーハンでした。お酒は、始めにフランチャコルタのキャバリエをいただき、その後は飲み放題で、ビールと紹興酒の女児紅をいただきました。またこのお店のいいところは、美味しい中国茶がいただける点です。今回は、上等な鉄観音をサービスしていただきましたが、とても香り高く味わい深い烏龍茶でした。中国茶は入れたかが難しく、同じお茶を自分でいれてもこんなに美味しくなりません。お茶の世界も奥深いですね。少し残念だったことは、ワインの持ち込み料が以前は1本1500円でしたが、3000円に値上がりしたことです。これだけで訪れる頻度が少し減りそうです。でも茗圃 (ミョウホ)はやはりいいお店でした。
a0152501_7191311.jpg
a0152501_7192230.jpg
a0152501_7192852.jpg
a0152501_7193482.jpg
a0152501_7194033.jpg
a0152501_7194761.jpg
a0152501_7195322.jpg
a0152501_720082.jpg
a0152501_720675.jpg
a0152501_7201377.jpg
a0152501_7201989.jpg


茗圃 (ミョウホ)
TEL:052-253-7418
住所:名古屋市中区栄2-12-22 ウィンコート白川 1F
by hiramitsu-hc | 2012-12-26 23:58 | グルメなお話 | Comments(0)

第69回藤田ワインアカデミー

平成24年12月22日に、岐阜のラーモニー・ドウ・ラ・ルミエールにて『第69回藤田ワインアカデミー』が開催されました。我々藤田ワインアカデミーは、約17年前から名古屋からわざわざラーモニーに通いワイン会を開催させていただいています。その回数は、今回で何と69回目となりました。シェフ、マダム、直美さん(ソムリエール)には大変お世話になっています。今回は、クリスマスに相応しいワインも持ち寄って、ラーモニーの最高のお料理と一緒に楽しみました。お料理はいつも通りに素晴らしい内容で、キャビア、蟹のフワフワとメインのパイ包み焼きなど絶品料理が続きました。今回は、久しぶりに藤田保健衛生大学の前学長で、名誉院長の馬嶋慶直先生も参加してくださり、とても盛り上がりました。今年で85歳になられたそうですが、未だに毎週眼科の手術をこなされているそうです。馬嶋教授は、我々みんなが目標とする先生です。『馬嶋先生みたいなおじいちゃんにならないと。』と言ったら、『何言ってるの。僕はまだおじいちゃんじゃないよ。』と叱られました。
 ワインは、クリュッグマルチビンテージで始まり、マリリンメルローなんて面白い品物まで登場しました。また蜂谷整形の蜂谷先生がペトリュス1983を持ってきて下さり、大変ありがたく頂戴できました。
やっぱりラーモニーは、最高のレストランですね。100回を目指して今後もワイン会を続けます。
a0152501_758457.jpg
a0152501_7574146.jpg
a0152501_7582137.jpg
a0152501_7575643.jpg
a0152501_7583470.jpg
a0152501_758925.jpg
a0152501_7584762.jpg
a0152501_7582221.jpg
a0152501_759179.jpg
a0152501_7583647.jpg
a0152501_7591485.jpg
a0152501_7585019.jpg
a0152501_7592840.jpg
a0152501_759314.jpg
a0152501_7594184.jpg
a0152501_7592012.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-22 23:45 | グルメなお話 | Comments(0)

京柳

今日のレポートは、妻が担当します。瑞穂区にある『京柳』さんで、仲の良い友達と女子会を開きました。ランチの時間帯には、なかなか予約の取れないお店ですが、初めて夜に訪れてみました。シンプルなドアを入ると、店内は厨房に面したカウンター席と、数個のテーブル席があり、カジュアルながら静かで落ち着いた雰囲気が漂っていました。1皿目は、『白子の醤油焼き』でした。鱈の白子は、中までしっかり味がしみこんでおり、表面は香ばしく焼かれており、とても美味しくいただけました。お造りは、鮪、寒ぶり、甘エビに加え、ゆず風味のイカの肝合えが添えられていました。『胡麻豆腐の吸い物』、『毛蟹』『雲丹とカラスミの乗ったかぶら蒸し』も素晴らしい味わいでした。御飯物は、もち米100%の『桜海老と金糸玉子のせいろ蒸し』で、色取りも素敵でした。お料理は十分満足でき、美味しい味に会話も弾んだ一晩でした。
a0152501_8131348.jpg
a0152501_8131950.jpg
a0152501_81326100.jpg
a0152501_8133210.jpg
a0152501_8133813.jpg
a0152501_8134525.jpg
a0152501_8135290.jpg
a0152501_8135842.jpg
a0152501_814489.jpg

京柳
TEL:052-893-6070
住所:名古屋市瑞穂区瑞穂通2-45 シャトー瑞穂ヶ丘 1F
by hiramitsu-hc | 2012-12-18 22:10 | グルメなお話 | Comments(0)

すし史4

久しぶりに『すし史』さんに伺いました。相変わらずの人気で、今日も満席状態でした。カウンターに座って、自家製のイカの塩辛、カラスミをいただきながら、まずはモエのロゼを1杯。カラスミはねっとりとした食感で、お酒が進みました。お造りは、赤貝、鯛、トロとどれも良いネタで、美味しくいただけました。今回は、特別なお酒ばかりを沢山いただきました。関谷酒造の『空』、福井は黒龍の『石田屋』、名古屋は大高の九平次の限定物など、美味しいお酒なのでどんどん飲めてしまい、つい深酒をしてしまいました。今朝は、案の定二日酔い状態でした。トホホ...。これから飲み会が目白押しなので、体調を壊さないように気をつけなくっちゃ。
a0152501_17155296.jpg
a0152501_17155974.jpg
a0152501_1716753.jpg
a0152501_1716146.jpg
a0152501_17162167.jpg
a0152501_17162889.jpg
a0152501_17163430.jpg
a0152501_1716412.jpg
a0152501_17164863.jpg
a0152501_17165549.jpg
a0152501_1717213.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-17 23:11 | グルメなお話 | Comments(0)

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ

今、東京駅は観光地となっています。美しい駅舎が再建され、多くの観光客で賑わっています。それに伴い東京駅が見下ろせるレストランも予約でいっぱいになっています。今回は、東京駅丸ノ内口が見下ろせる丸ビル36Fの『アンティカ・オステリア・デル・ポンテ』に伺いました。店内には、エントランスに大きなワインセラーがあり、堂々としたグランメゾンの雰囲気で、とても立派でした。何人かのイタリア人のスタッフがみえて、上手な日本語で丁寧にサービスしていただけました。今回は、食事の途中でカメラのバッテリーが切れてしまい、写真を撮ることができませんでした。大失敗でした。お料理は『最初のお楽しみ』やアミューズからゆっくり出していただき、綺麗な夜景を見ながらリラックスした時間を楽しむことができました。デザートもとても凝った作りで本場の味といった印象でした。特にプレデザートのカシスとヨーグルトは絶品でした。写真をお見せできないのが残念です。ワインは、ソムリエの方が食事に合わせたものを選んでくださいました。リストを拝見していないので、値段が気になりましたが...。日頃からお金持ちのお客さんが多いお店では、こんな感じなのでしょうか?私は、臆病者ですから、ワインリストを拝見しないと不安になりました。たまには東京の高級なレストランの雰囲気を味わうのもいいものですね。

MENU GOURMAND

最初のお楽しみ
One bite appetizer

アミューズ
Small starter

北海道オホーツク産 帆立貝のソテー タマリンドのソース
エシャロット・ニンニク・小玉葱のカンディート
ミントのアクセントを加えて
Pilgrim scallops with candied onions, shallot and garlic, tamarind and mint flavoured

鱈のコンフィとショートパスタ“リ クアドリ”
タジャスカ種のオリーブとリコッタチーズのクレーマ
オーリオ・マジョラーナのアクセント
Ri-quadri with cod fish confit, ricotta cheese and “taggiasche” black olives cream, marjoram olive oil

宮崎県日向市産平スズキのソテー オゼイユのソース
クスクスに見立てたカリフラワーを添えて
Sea Bass with sorrel sauce and cauliflower cuscus

又は Or

北海道から空輸で届いた蝦夷鹿ヒレ肉にラルドをつめてローストしました
ほのかにカカオの香るポルト酒のクリームソースで
Roasted larded venison fillet with Porto wine and cocoa sauce

プレデザート
Small dessert

本日のデザート
Dessert of the day

プティフール
Petits fours

コーヒー、紅茶 又は ハーブティー
Coffee, tea or herb tea

アンティカ・オステリア・デル・ポンテ
TEL:03-5220-4686
住所:東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング36F

a0152501_7543441.jpg
a0152501_755332.jpg
a0152501_754461.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-15 23:38 | グルメなお話 | Comments(0)

尿検査セミナー in 千葉

平成24年12月15日に千葉市にて、『尿検査セミナー in 千葉』が開催されました。この会は、千葉市周辺の病院に勤務されている臨床検査技師の先生方が集まられる研究会です。今回は、最近話題になっている微量アルブミンの臨床的意義と、BNPの重要性について講演させていただきました。前半では、なぜ微量アルブミンが心血管イベントの指標となりうるのかにうちて、詳しく解説しました。我々一般の臨床医は、患者さんの心血管イベントを抑制することがきわめて重要です。そのためには、積極的に慢性腎臓病(CKD)を診断し、管理することが重要です。CKDは氷山で表現されますが、我々はCKD患者の1割程度しか把握していないと言われています。今後は、これらの点に注目した管理が重要と考えます。公演後には、会場からの沢山質問をいただき、とても有意義な研究会でした。
 
演題
1.『平成24年度千臨技一般検査フォトサーベイの解説』
 国保松戸市立病院 医療技術局 渡辺 一博 先生
2.『尿中アルブミンと血漿BNP測定の重要性』
 平光ハートクリニック 平光伸也
a0152501_7341370.jpg
a0152501_7344372.jpg
a0152501_7343165.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-15 19:07 | 講演の案内 | Comments(0)

きしめんNAGOYA住よし JR名古屋駅14・15番ホーム店

テレビ東京の『ありえへん∞東京』で、きしめんNAGOYA住よし JR名古屋駅14・15番ホーム店が紹介されました。このお店には、きしめんを食べるために日本中から客が集まるそうです。住よしは昭和36年に開業し、名古屋駅ホーム専門で店を構えていますが、お客さんの中にはわざわざ名古屋駅で新幹線を途中下車して、きしめんを食べていく人もいるそうです。この店の「きしめん」はカツオだしのつゆが人気ですが、みそきしめんなんて、名古屋らしいメニューもあります。今日は、お店の前に5名のお客さんが並んでいましたが、回転も早いのですぐに入れました。本日は、かき揚げと卵がトッピングされた『カキタマ』550円をいただきました。麺がシコシコしていて確かに美味しい。しかしわざわざ新幹線を途中下車するほどの美味しさか?個人的には、熱田神宮の『宮きしめん』の方が美味しいと思います。でもこのお店は、出張など時間がない時に、サッといただくきしめんとしてはグッドだと思いました。
a0152501_9302865.jpg
a0152501_9305789.jpg



きしめんNAGOYA住よし JR名古屋駅14・15番ホーム店 (きしめんなごや すみよし)
TEL:052-563-0246
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JR名古屋駅 14・15番ホーム
by hiramitsu-hc | 2012-12-15 12:30 | グルメなお話 | Comments(0)

病理学術講演会

平成24年12月14日に名古屋市にて、『病理学術講演会』が開催されました。この会は、藤田保健衛生大学循環器内科で心臓病理学の勉強をされた先生を中心とした様々な先生方が集まられる研究会です。今回は、長年藤田保健衛生大学循環器内科にご勤務された森本紳一郎先生が、本年12月で藤田保健衛生大学をご退職され、豊川の青山病院の院長としてご就任されることになり、先生の長年の心臓病理学に関する集大成のご講演をうかがう目的で開催されました。森本教授を始め多くの医師がご指導を受けた、前東京女子医大教授、前信州大学医学部教授の関口守衛先生も東京から駆けつけられ、とても盛況な研究会となりました。先生のご講演内容は、多岐に渡っておりましたが、特に心臓サルコイドーシスについては、P acnesが発症に関与する病態や、診断の手引きから、治療方針まで幅広いお話を聞かせていただきました。
情報交換会では、医局長、秘書さんたちから素敵な花束が、お世話になった医局員からは、オーダーメイドのゴルフクラブが贈られました。とても楽しい情報交換会となりました。森本教授には、青山病院に赴任されてからも、医学部の学生たちの教育をがっちりお願いしたいと願っています。

病理学術講演会
座長:平光ハートクリニック 平光伸也
演者:藤田保健衛生大学循環器内科教授 森本紳一郎先生
『26年を振り返って~心筋炎・心臓サルコイドーシスなど~』
a0152501_8591462.jpg
a0152501_8592194.jpg
a0152501_859283.jpg
a0152501_8593554.jpg
a0152501_8594352.jpg
a0152501_859583.jpg
a0152501_90589.jpg
a0152501_901161.jpg
a0152501_901841.jpg
a0152501_902575.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-12-14 23:54 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite