平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2012年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

佳肴みを木(かこう みおぎ)

有楽町の駅からわずか1分の銀座の町に、『佳肴みを木 』はあります。広々として落ち着いた店内は、40名ほど座れるスペースがあります。奥のカウンターでは常連さんたちが何人か女将と楽しそうなお話をしてみえました。このお店は、燗酒にこだわる女将の渡邉 愛さんが開いた新しいお店で、燗酒の入れ方にこだわっているそうです。お料理は、アラカルトでおつまみから、お造り、珍味など色々なものが注文できます。またそのお料理に合う燗酒を色々と勧めてくれます。今回は、奈良のお酒「篠峰」と4年熟成した「十字旭日」をいただきました。お料理は旬の食材を上手に使って丁寧に作られており、彩りがとてもきれいです。色々なものを注文して、少しづついただけるところが良かったですね。とても暑い日でしたが、ぬるーい絶妙な温度で燗されたお酒はなかなかいいものだなあと感じました。
a0152501_9553831.jpg

a0152501_95328100.jpg
a0152501_9533424.jpg
a0152501_9534546.jpg
a0152501_9535561.jpg
a0152501_954695.jpg
a0152501_9541470.jpg
a0152501_9542859.jpg
a0152501_9543527.jpg
a0152501_9544452.jpg
a0152501_9545126.jpg

佳肴みを木
TEL:03-3563-6033
住所:東京都中央区銀座2-2-4 ヒューリック西銀座第2ビル B1F
by hiramitsu-hc | 2012-08-11 21:33 | グルメなお話 | Comments(0)

ツタンカーメン展

東京の上野の森美術館にて『ツタンカーメン展』(12年8月4日~12月9日)が開催されています。以前に同窓会の講演会で、早稲田大学の吉村教授の講演を聞いて以来、神秘的なエジプトの文化にとても興味を持っていました。しかし、カイロやルクソールは、簡単に訪れることのできる町ではありません。今回、エジプトの沢山の遺産が終結するこの展覧会を見逃してはいけないと考え、妻と一緒に訪れました。開催されて間もないためか、美術館の周りは大変な人ごみでした。チケットを買っていなかったので、チケットを購入するのも大変でした。始めにツタンカーメンについてのビデオ上映がありました。その後会場に入場しましたが、どの展示物の前も大変な人だかりでした。やはり必見は、ツタンカーメンの内臓が保存されていた黄金のカノボスです。その細かい細工と色使いには驚きました。360年も前の人類にこれほどの技術があったとは、本当に驚きでした。このような滅多にない展覧会はやはり見ておくものですね。勿論館内は撮影禁止で写真は取れませんでした。
a0152501_9323329.jpg
a0152501_9331649.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-11 17:21 | 趣味のお話 | Comments(0)

大好きな町アメ横

上野からもきれいにスカイツリーが見えました。そして大好きなアメ横を散歩しました。この町は年末が最高に賑わいますが、1年中活気にあふれています。真夏でも店先には、沢山の魚や果物が並べられ、お店の人が叩き売りのように大声で叫んでします。何を買うわけではありませんが、色々なお店を見るのはとても楽しい時間です。路地を1本入ると、一杯飲み屋のようなお店が何十軒の並んでいます。まだ午後3時というのにスーツ姿のサラリーマンが、大きな生ビールを飲みながら楽しそうに騒いでいます。いい町だなー。仕事は大丈夫なのでしょうか?お気に入りのカバン屋『万双』にも伺いました。このお店はとても人気があり、いつも品切れで、今回もお目当てのバックには出会えませんでした。アメ横には韓国や中国の食材のお店、乾物屋、輸入雑貨店など色々なお店がひしめき合っており、何度来ても飽きない町です。
a0152501_10445283.jpg
a0152501_10442761.jpg
a0152501_1045772.jpg
a0152501_10444196.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-11 15:28 | 趣味のお話 | Comments(0)

湯田温泉 松田屋ホテル

山口市の湯田温泉 松田屋ホテルにお邪魔しました。このホテルは伝統のあるとても由緒正しい温泉旅館です。館内も落ち着いた雰囲気で、宿泊されているお客さんも素敵な方が多い印象でした夕食はいただきませんでしたが、ゆっくり岩風呂につかって、素敵なお庭を散歩させていただきました。お庭もとても素敵で伝統と格式を感じました。名古屋よりはなかり涼しく、周りを散歩しましたが、足湯などもあり旅行客の方々がつかってみえました。次回は松田屋さんで、ゆっくり夕食をいただきたいとお思います。 すばらしい旅館でした。

湯田温泉 松田屋ホテル http://www.matsudayahotel.co.jp
〒753-0056 山口県山口市 湯田温泉3-6-7 TEL:083-922-0125
a0152501_15374944.jpg
a0152501_1538032.jpg
a0152501_1538543.jpg
a0152501_15381298.jpg
a0152501_15381769.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-09 09:29 | 趣味のお話 | Comments(0)

こ熊や

山口市の湯田温泉に『こ熊や』はあります。このお店は、大将と奥様が二人だけで切り盛りされている小料理店で、色々な雑誌にも取り上げられたことがあり、連日満員のお店だそうです。入って正面にあるすてきなカウンターと2つの小上がりがあるだけのこじんまりとしたお店ですが、店内はとても活気があり、サラリーマンや友達連れの方で賑わっていました。お料理は和食ですが、純粋な和食ではなくフレンチの手法を取り入れた創作料理が多く、ワインとあわせて楽しむことができます。口取りから、蟹ミソ、海老の和え物など旨いお料理が続きました。お造りも絶品で、シャンパーニュに合わせていただきました。また鮑のステーキには、軽いトマトソースがかけられており、赤ワインにもあわせることができました。和牛のステーキもとても味わい深くワインに負けない濃厚な味でした。〆の鰻茶漬けも美味しかった。こんな小料理店が近くにあったら最高の幸せですね。

こ熊や (こぐまや)
TEL:083-932-6155
住所:山口市湯田温泉3-1-15 湯田第一ビル 1F

a0152501_15444150.jpg
a0152501_15442248.jpg
a0152501_1544527.jpg
a0152501_1544346.jpg
a0152501_1545448.jpg
a0152501_15444513.jpg
a0152501_15451543.jpg
a0152501_15445676.jpg
a0152501_15452734.jpg
a0152501_1545840.jpg
a0152501_15453884.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-08 23:43 | グルメなお話 | Comments(0)

山口市Zetia学術講演会

平成24年8月8日に、山口市の湯田温泉にて「山口市Zetia学術講演会」が開催されました。この会は、済生会山口総合病院副院長の小野史朗先生が企画された研究会で、同病院の先生や開業医の先生方が30名ほど集まられ、開催されました。小野先生とは、10年ほど前からよく一緒に勉強したり、ワインを飲んだりととても仲良くさせていただいています。先生はインターベンションのスペシャリストですので、最近のPCIなどについても色々教えていただいてます。今回私は、『脂質異常症のテーラーメード治療』~コレステロール吸収と合成の制御を考慮して~の演題で、ガイドラインの体系を含めて、脂質異常症の新しい治療について解説させていただきました。

座長:済生会山口総合病院副院長 小野史朗先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『脂質異常症のテーラーメード治療』~コレステロール吸収と合成の制御を考慮して~

a0152501_1529510.jpg
a0152501_15285010.jpg
a0152501_15291757.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-08 21:19 | 講演の案内 | Comments(0)

味処てらさき

京都駅近くの閑静な住宅街に『味処てらさき』はひっそりと立っています。店内はとても清潔感があり、落ち着ける雰囲気です。今回は、鱧づくしのお料理をいただきました。お料理はとても丁寧に作られており、見る目も楽しませてもらえました。また生の鱧は初めていただきましたが、コリコリとした食感でふぐのような味わいでした。鱧のシャブシャブも初めていただきました。さっとだし汁に付けると鱧はクルッと丸まって、あの鱧らしい形に変わります。少し火が通ったくらいが一番美味しくいただけました。また今年初物の立派な松茸と生湯葉、水菜なども一緒にいただきました。これ本当に美味しいですよ。日本酒のラインナップも素晴らしく、今回は八海山純米吟醸、立山純米吟醸をいただきました。美味しかった。また伺いたいです。
a0152501_7484787.jpg
a0152501_7485254.jpg
a0152501_7485961.jpg
a0152501_749493.jpg
a0152501_7491222.jpg
a0152501_7491733.jpg
a0152501_7492524.jpg
a0152501_7494726.jpg
a0152501_7495910.jpg
a0152501_75053.jpg
a0152501_7501284.jpg




味処てらさき
TEL:075-371-2690
住所:京都府京都市下京区猪熊下魚棚下
by hiramitsu-hc | 2012-08-04 23:59 | グルメなお話 | Comments(2)

β遮断薬病診連携セミナー

平成24年8月4日、京都のハイアットリージェンシーホテルにて『β遮断薬病診連携セミナー』が開催されました。この会は、三菱京都病院心臓内科と京都でご開業されている先生方との病診連携の研究会です。はじめに、三菱京都病院心臓内科医長の加藤雅史先生から『当院におけるgloal vascular intervention』の演題で、特にPADのinterventionについて、ご講演がありました。実際の症例を用いて綺麗な写真を用いた素晴らしい講演でした。またTASK-2についてもわかりやすく解説され、とても勉強になりました。PADは、心血管イベント発生の危険因子として、最近注目されています。我々内科医もPADを見逃さないように慎重に診察する必要があると感じました。私は、『高血圧から慢性心不全〜β遮断薬を使い分ける〜』の演題で、心不全治療の変遷やβ遮断薬の使い方などについて、解説させていただきました。会場からは、実際の症例に対するご質問や、クリニックでの処方のコツなどについて、30分近く質問をいただきました。とても活気のある研究会でした。

一般演題
座長:三菱京都病院心臓内科部長 溝口 哲先生
演者:三菱京都病院心臓内科医長 加藤雅史先生
『当院におけるgloal vascular intervention』
特別講演
座長:三菱京都病院院長 三木真司先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『高血圧から慢性心不全〜β遮断薬を使い分ける〜』

a0152501_22412443.jpg
a0152501_22413422.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-04 22:29 | 講演の案内 | Comments(0)

Women's Club of Cardiology (WCC)研究会 2012夏

平成24年8月3日、名古屋にて第1回の『Women's Club of Cardiology (WCC)研究会 2012夏』が開催されました。この会は循環器内科の女性医師が集う会で、今回は記念すべき第1回目でした。特別講演Ⅰでは、藤田保健衛生大学循環器内科 山本真由美先生から、『院外発生心停止患者に対するⅢ群抗不整脈薬の使い分け』の演題で講演がありました。このご発表は、日本集中治療学会から集中治療学会アブストラクト賞を、不整脈学会から優秀演題賞を受賞されたご発表であり、不整脈薬の使い方についてとても勉強になりました。私は、『心臓、腎臓、貧血を考慮して心不全を治療する』の演題で、CCUにおける心不全治療をCardio Renal Syndromeの立場から解説させていただきました。20名ほどの先生が集まられ、とても活発な意見交換が展開されました。研究会後の懇親会では、ワインを飲みながら美味しい食事をいただき、楽しいお話で盛り上がりました。とても女性らしい素敵な勉強会でした。


座長 藤田保健衛生大学循環器内科講師 元山貞子先生
特別講演Ⅰ
藤田保健衛生大学循環器内科 山本真由美先生
『院外発生心停止患者に対するⅢ群抗不整脈薬の使い分け』
特別講演Ⅱ
平光ハートクリニック 平光伸也
『心臓、腎臓、貧血を考慮して心不全を治療する』
a0152501_11252381.jpg
a0152501_11253123.jpg
a0152501_11254046.jpg
a0152501_11254756.jpg
a0152501_1125554.jpg
a0152501_1126397.jpg
a0152501_11261152.jpg
a0152501_11261824.jpg
a0152501_1126252.jpg
a0152501_11263351.jpg
a0152501_11263946.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-03 23:30 | 講演の案内 | Comments(0)

ラーモニーに感謝を捧げるワイン会

平成24年8月1日に、夏恒例 ラーモニーに感謝を捧げるワイン会を我が家で開催しました。日頃患者さんがお世話になっている藤田保健衛生大学の先生方を大勢お招きして、ワイン会を行いました。総勢、20名が参加され、賑やかな食事会となりました。料理は、妻の作るいつものお料理が中心でしたが、ラーモニーシェフの山村さんが、ジロール茸とトリュフがたっぷり入ったクリームパスタや、飛騨牛のヒレ肉を使ったタルタルステーキを目の前で作ってくださいました。また岐阜のグランシェフから、フォアグラのパテ、生ハム、トリュフなど沢山の食材をいただきました。トリュフをタップリ乗せたピザや、カニクリームコロッケ、飛騨牛のステーキなどをみんなでいただきました。ワインは、シャンパーニュ5本、白ワイン6本、赤ワイン6本、デザートワイン1本と沢山のワインをいただきました。どのワインも素晴らしい味わいでしたが、Latour1985mugnumは、完璧な状態でした。ラーモニーのスタッフには、いつもワイン会でとてもお世話になっており、この会は1年に1回の感謝の気持ちを捧げる会です。みんなで集まってとても楽しい時間を過ごすことができました。また来年が楽しみです。

料理
1.マスクメロン生ハムを添えて
2.トマトとモッツアレラのサラダ
3.シーフードマリネ
4.自家製ピクルス
5.ラタトウイユ
6.手羽先のコンフォート
8.サマートリュフのたっぷり乗せたピザ
9. 蟹クリームコロッケ
10. 飛騨牛ヒレ肉のタルタルステーキ
11.飛騨ヒレ肉の鉄板焼
12.木村先生の特製カレー
13.チーズ 熟成ゴーダ、ロックフォール、パルメジアーノ

Champagne
1.Bollinger Special Cuvee Bruit  3本
2.Joseph Perrier Josephine 1990 mugnum
Blanc wine
3.Pouilly-Fuisse les Crays 2009 Daniel et Martine Barrand 2010 2本
4.Morey-Saint-Denis Cos des Monts Luisaints Vieilles Vignes 2008 2本
5.Kisler Vine Hill Vineyard Russian River Valley 2006 2本
Rouge Wine
6.Volnay Santenots-Clu-Milleu 2001 Domaine Des Comtes Lafon mugnum
6.L’INSIEME 2006 mugnum ELIO ALTARE
7.Chateau Latour 1985 mugnum
Dessert Wine
9.Chateau d’Yquem 1986
a0152501_9363162.jpg
a0152501_9363947.jpg
a0152501_9364792.jpg
a0152501_936544.jpg
a0152501_937256.jpg
a0152501_937969.jpg
a0152501_9371777.jpg
a0152501_9372446.jpg
a0152501_9373291.jpg
a0152501_937395.jpg
a0152501_9374890.jpg
a0152501_9375419.jpg
a0152501_9381100.jpg
a0152501_938781.jpg
a0152501_9381520.jpg
a0152501_9382468.jpg
a0152501_9383418.jpg
a0152501_9384168.jpg
a0152501_9384969.jpg
a0152501_9385746.jpg
a0152501_939465.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-01 23:58 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite