平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

第2回『ラーモニーに感謝を捧げる会』

8月25日に『ラーモニーに感謝を捧げる会』と称したワイン会を開催しました。藤田保健衛生大学にはワインアカデミーがあります。同会は、岐阜のフレンチレストラン、ラーモニー・ドウ・ラ・ルミエールにて10年以上前から50回以上のワイン会を開催させていただきました。お店にはいつもわがままなお願いをしてきましたが、ラーモニーは毎回満足するサービスを提供してくださり、50回以上もワイン会を続けることができました。いつかお礼をしなければ行けないと考えており、昨年からラーモニーのスタッフをお招きして、ワイン会を開催するようになりました。今回も藤田保健衛生大学第4外科の前田耕太郎教授(ワインアカデミー会長)を初め、19名が集まりワイン会を行いました。蜂谷整形外科の蜂谷裕道院長が持ってきてくれたブーブクリコのダブルマグナムのシャンパーニュは圧巻でした。このボトルは1200本のみの限定品で、エチケットが本物のワニ革でできているすばらしいボトルでした。中身はイエローラベルとのことでしたが、色も濃く深みのある味わいでグランダームかと思うほど美味しいシャンパーニュでした。その他にも、Paleo1997マグナム、Chapoutier Ermitage L’ermite 2000マグナム、Chateou D’yquem 1986など美味しいワインを沢山いただきました。岐阜グランシェフの安田社長がフレッシュトリュフを沢山持ってきて下さいました。今回は、贅沢にもトリュフとハモンセラーノを沢山乗せたピザをいただきました。最高の香りと味わいでした。皆さん、大学病院やクリニックで忙しい毎日をお過ごしの方ばかりですが、とてもリラックスすることができたと思います。またラーモニーのスタッフの方々にもとても喜んでいただけました。また今回のようなみんなでリラックスできる催しを企画したいと思っています。
a0152501_2122797.jpg

a0152501_216998.jpga0152501_2135124.jpga0152501_2135972.jpg








a0152501_2142864.jpga0152501_2165462.jpga0152501_217386.jpga0152501_2171282.jpga0152501_2172046.jpg





a0152501_218862.jpga0152501_2181739.jpga0152501_2182518.jpga0152501_2183474.jpga0152501_2184278.jpg





a0152501_2192227.jpga0152501_2193214.jpga0152501_2194129.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-25 23:58 | グルメなお話 | Comments(0)

高血圧学術セミナーKURASHIKI

8月19日倉敷国際テルにて高血圧学術セミナーKURASHIKIが開催されました。このホテルは、大原美術館のすぐ近くにあり、倉敷らしいふるい町並みの中にあります。ホテルは古い建物ですが、とてもよく管理されており雰囲気がよく、心落ち着くホテルでした。当日はとんぼ返りで、ゆっくり町並みを拝見することができずに残念でしたが、次回はゆっくり訪れたいと思います。
研究会では水島協同病院副院長の吉井健司先生に座長をしていただき、『臓器保護を念頭においた高血圧治療』~イルベサルタンの有用性を含めて~の演題で、講演をさせていただきました。倉敷市内でご開業の先生方が40名ほどお集まりいただき、最近の高血圧治療について、様々なディスカッションをすることができ、とても有意義な時間を過ごせました。降圧薬は、様々な薬剤が上市され、数多くの配合錠も発売されています。名前を覚えるだけで大変なくらいです。今後は血圧の値だけでなく、患者様が持ってみえる合併症に合わせて、うまく薬剤を選択しなければならないと思います。日々勉強しておかないと、ついていけない時代になった感じています。
a0152501_1551541.jpg

by hiramitsu-hc | 2010-08-20 15:52 | 講演の案内 | Comments(0)

シンガポールでのんびり

 お盆に家族でシンガポールに行ってきました。名古屋から6時間のフライトなので、4~5日の旅行にはぴったりだとお思います。驚いたことは、名古屋よりずいぶん涼しかったことでした。シンガポールは、いつもどこかで工事が行われており、行く度に大きなビルができています。今回驚いたのは、写真の3つのビルの屋上にかかった空中庭園です。屋上には、レストランや150mのプールがあり、びっくりする大きさです。地震の少ない国ならではのビルだと思いました。ラッフルズホテルは、いつ行っても落ち着きます。とても古い建物なので、最近あまり人気がないようですが、滞在するととてもリラックスできます。やはりホテルは建物ではなく、スタッフのサービスだと実感しました。
 今年の話題は、セントーサ島にオープンしたユニバーサルスタジオシンガポールですが、混雑を覚悟で訪れましたが、とてもすいていました。日本なら朝早くから長蛇の列ができますが、のんびりしたお国柄なのか朝は、ガラガラでした。新しいアトラクションのリベンジオブマミーは、驚きの連続でとても楽しめました。娘は2回乗っていましたが、私は1回で十分でした。ジェラシックパークはお薦めできません。最後のスライドでバケツで水をかけられたくらい全身がびしょ濡れになりました。乗る前に『wet,wet』といわれましたが、それど頃ではない状況でした。乗るとすれば、カッパを着たほうがよいと思います。
 ナイトサファリにも出かけました。ゆっくりと進むトラムから色々な動物を見るのはとても楽しいですね。今回はマレーバクをとても近くで見ることができました。
 シンガポールでは、高級料理よりも地元のチキンライスやチリクラブなどが美味しい思います。今回も、安くて美味しい料理を沢山いただけました。また来年も訪れたいと思っています。
a0152501_1028477.jpg

a0152501_1029154.jpga0152501_10472679.jpga0152501_10474292.jpga0152501_10291672.jpg






a0152501_1048817.jpga0152501_10292689.jpga0152501_10294169.jpga0152501_10295220.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-16 10:42 | 趣味のお話 | Comments(0)

ラーモニー・ドウ・ラ・ルミエール

長良川河畔のマンションのペントハウスにラーモニー・ドウ・ラ・ルミエールはあります。以前も一度ご紹介しましたが、今回長良川の手筒花火に合わせて、家族でお邪魔しましたのお店とお料理の写真を掲載します。お店のベランダからは、岐阜城と長良川が一望できます。花火を見るのにも絶好のポジションで、目の前できれいな花火を見ることができます。村山シェフのお料理は、以前のお店の頃と比べて少し印象が変わりました。以前は伝統的なフランス料理でしたが、新しいお店になってからは、より現代的で、さらに洗練されたお料理になっていました。オードブルからメインまでどれも素晴らしい料理ばかりです。優しいマダムと辛口のソムリエール(久保田直美さん)の息もぴったりで、自分のお家にいるようなリラックスした雰囲気で最高のお料理とワインをいただくことができます。ラーモニーは、我が家の一番お気に入りのレストランで、日本一だと確信しています。
a0152501_16183238.jpg

a0152501_16184837.jpga0152501_16185779.jpga0152501_1619986.jpga0152501_16342419.jpg






a0152501_16193277.jpga0152501_16202887.jpga0152501_16204627.jpga0152501_1621186.jpg






a0152501_16212188.jpga0152501_16221576.jpga0152501_16222379.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-09 23:00 | グルメなお話 | Comments(0)

第18回北陸心不全研究会

8月7日金沢文化ホールにて第18回北陸心不全研究会が開催されました。この研究会は、18年前から1年に1回行われており、石川県、福井県、富山県の循環器内科、心臓外科の先生方が50名近く集まられる歴史ある研究会です。はじめに一般演題が8題発表されましたが、臨床研究も、症例報告も興味深い発表ばかりで、活発なディスカッションがされました。
私は、『高血圧から慢性心不全』~β遮断薬を使い分ける~の演題で、心不全一般、特にβ遮断薬の使い方やpost beta-blocker therapyについても講演させていただきました。専門医の先生方が集まる研究会でしたので、とても専門的なご質問を沢山いただくことができました。どの病院も最近心不全患者が増加しているらしく、その治療に難渋してみえるようです。今後も多くの先生方と心不全に関して一緒に勉強してゆきたいと思っています。
a0152501_9414936.jpga0152501_9415979.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-07 23:00 | 講演の案内 | Comments(0)

北播磨で心不全の講演会

8月5日に兵庫県北播磨地区の西脇市で、心不全の研究会がありました。西脇市は、新神戸からタクシーで高速道路を走って、1時間くらいのところにあります。兵庫県の真ん中にあたり、全国でもちょうど真ん中の位置にあるそうです。日本のへそにあたることから、『へその湯』や『へそ饅頭』などがあり、面白いなと思いました。近隣の市民病院や開業の先生方に多数お集まりいただき、心不全治療の病態の捕らえ方の変遷や治療方針の変化(パラダイムシフトについて、講演させていただきました。現場の先生方から、沢山のご質問をいただき、和気藹々とした雰囲気で会が盛り上がりました。
a0152501_10152274.jpga0152501_10153123.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-06 10:16 | 講演の案内 | Comments(0)

ビストロミラベル

ビストロミラベル

 東区建中寺の門の前に、パリにあるようなオープンデッキを備えたビストロミラベルがあります。最近、とても気に入っているお店で、何度かうかがいました。オーナーシェフは、フランスアルザス地方の出身で、シュークルートなどの料理が得意です。ミラベルのお料理をいただきながらワインを飲んでいると、パリのビストロにいるような気分になります。各種オードブル、カエルのムニエル、シュークルートなど、どのお料理も本場フランスの味だと思います。またボリュームがとても多くてフランスサイズなので、みんなでシェアして食べたほうがよさそうです。デザートも美味しくて、ボリュームがあります。是非召し上がってください。
 今回は、あいち小児保健医療総合センターセンター長の前田正信先生と、小児科医で藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査科の畑 忠善教授とご一緒し、先天性心疾患の管理について、色々ご教授いただけました。どのジャンルも専門家の先生のお話は、深みのあるものですね。
a0152501_9411658.jpg

a0152501_9402636.jpga0152501_9403799.jpga0152501_9404628.jpga0152501_941095.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-05 09:42 | グルメなお話 | Comments(0)

鹿児島の紫光は最高のおすし屋さんです

紫光は、天文館(鹿児島で一番の繁華街)の街中の細い路地にひっそりと立っています。清潔な店内での特等席は、もちろんカウンターです。毎日築地から取り寄せる最高の食材と鹿児島で取れた旬の地の物を使って、次から次へと美味しいつまみが出されます。アラ(クエ)のエンガワをちょっと火であぶって、塩でいただくおつまみは絶品でした。柔らかく炊いたあわびにウニを絡ませたおつまみも〆張鶴の大吟醸にぴったりでした。大将はお客との距離感が絶妙で、楽しい話を聞かせてくるけれども、決してお客の話を邪魔することはなく、心地よい時間を過ごさせてくれます。
紫光は、鹿児島にいながら最高の江戸前寿司がいただける貴重なお店だと思います。何年も前から紫光には伺っていますが、鹿児島を訪れた際いは、絶対はずせないお店です。次回も楽しみです。
鹿児島市東千石町9-22 紫光 099-227-2388
by hiramitsu-hc | 2010-08-01 14:10 | グルメなお話 | Comments(0)

鹿児島市での講演会

7月31日鹿児島市城山観光ホテルにて脂質異常症の講演会が行われました。西内科循環器科の西 征二先生に座長をしていただき、『脂質異常症のテーラーメード治療』の講演をいたしました。鹿児島市内だけでなく、奄美大島など離島の先生にも参加していただき、最近の異質異常症の話題について、ディスカッションすることができました。
城山観光ホテルは、鹿児島市を見下ろせる山の上に立っており、露天風呂からは桜島のすばらしい景色が眺められます。お部屋も食事もとてもおいしく、ここに宿泊するのが鹿児島にうかがう際の一つの楽しみです。
a0152501_11454535.jpga0152501_11455636.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-08-01 11:46 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite