平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

カテゴリ:趣味のお話( 478 )

M3コンテンツの収録

最近は、勉強したい時に気軽に動画で勉強できるサイトが多くなりました。今回は、M3のMR君の動画の収録を行いました。あま市のスタジオエースワンにて、アトーゼット配合錠の解説の動画収録でした。私は、大根役者なので、何度もNGを出してしまい、スタッフの方々にご迷惑をお掛けしましたが、何とか収録できました。自分の出演する動画は、恥ずかしいので一度も見たことがありません。どんな出来栄えになっているのか、とても不安です。今回も見ませんが...。
by hiramitsu-hc | 2018-09-14 20:28 | 趣味のお話 | Comments(0)

がんばれ熊本

熊本城は、姫路城、名古屋城と並んで、私の大好きなお城です。しかし2年前の震度7の大地震で甚大な被害を受けました。今回、久しぶりにお城に散歩に出かけました。しかしお城の門はすべて閉鎖され、崩れ落ちた石垣には、金網のネットがかぶせられていました。天守閣の補修から始められているようですが、まだやっと修復が始まったばかりといった印象でした。完全に修復できるのは、10年以上先とのことでした。早く元通りの素晴らしいお城に戻ってほしいですね。がんばれ熊本城。
a0152501_14402951.jpg
a0152501_14403871.jpg
a0152501_14404657.jpg
a0152501_14405392.jpg
a0152501_14410065.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-09-12 17:36 | 趣味のお話 | Comments(0)

会長特別企画 ケースに学ぶ48

第66回日本心臓病学会が大阪で開催されました。今回は会長の増山先生の企画で、『会長特別企画ケースに学ぶ』シリーズが開催されました。症例を提示し、アナライザーで参加者が回答し、EBMを紹介し、コメンテーターがコメントするという形で、症例の病態や治療方針などを一般臨床医にもわかりやすく解説するのが目的です。私は、ディスカッサントとして参加させていただきましたが、どの症例も興味深い症例ばかりで、大変勉強になりました。会場には130名の先生方がご参加され、とても盛り上がりました。通常の学会は聴講するだけのものが多いのですが、今回のような参加型のセッションは素晴らしい規格であると思いました。増山教授のアイデアは、大ヒットだったと思います。

会長特別企画 ケースに学ぶ48
オーガナイザー:大西勝也先生
座長:名古屋大学医学部付属病院重症心不全センター 奥村貴裕先生
   大西内科ハートクリニック 大西勝也先生
ディスカッサント 
   大島医院 大島一太先生
   平光ハートクリニック 平光伸也
症例1:COPDを併存した心不全症例 福島県立医科大学循環器内科 小林 淳 先生
症例2:心腎貧血症候群を呈した高齢心不全患者 四日市羽津医療センター循環器科 谷村宗義先生
症例3:腎機能障害を有する糖尿病を併存した心不全症患者 神鋼記念病院循環器内科 今西純一先生
症例4:電解質異常を有する心不全患者 名古屋大学循環器内科 羽賀智明先生
症例5:認知症を併存した心不全患者への対応に苦慮した1例 姫路循環器病センター循環器内科 大石醒悟先生
教育講演:心不全における併存症の心血行動態的インパクト 大西内科ハートクリニック 大西勝也先生
a0152501_15505019.jpg
a0152501_15505750.jpg
a0152501_15510473.jpg
a0152501_15510980.jpg
a0152501_16000852.jpg



by hiramitsu-hc | 2018-09-09 15:25 | 趣味のお話 | Comments(0)

北海道で地震に被災

9月5日は苫小牧市で講演を終えホテルで寝ていたところ、96日の午前38分に大きな地震が発生しました。その凄まじさたるや、立つことも動くことも出来ず、ただ途方にくれました。生まれて初めて経験する大地震でした。停電、断水、廊下は警報、真っ暗な部屋で、本当に恐ろしい思いをしました。街は電気も信号機も消え、けたたましいサイレンの音が響き渡っていました。また大きな余震が起こるのではないか!漠然とした不安に押しつぶされそうでした。ホテルの宿泊者は、皆さんロビーに集まり不安そうにすくんでみえました。パニックを起こして自動販売機を蹴っている外国人観光客もいました。苫小牧市は、震度7の震源地のすぐ近くで揺れがひどかったのだと思います。

王子の立派なホテルでしたので、助かりました。
a0152501_08073001.jpg
ホテルのロビーにはすぐに飲み物などが用意され、ホテルの対応は素晴らしいと感じました。
a0152501_08073642.jpg
ホテルのとなりには王子総合病院がありますが、救急対応が大変だったと思います。
a0152501_08072401.jpg
 今日中に名古屋に帰れるのだろうか?様々な情報を集めていたところ、新千歳空港は発着可能とのこと。6時に車を走らせましたが新千歳空港は真っ暗で、玄関から閉鎖状態でした。その直後に本日のフライトは全便欠航と発表がありました。函館までタクシーを飛ばせば、新幹線に乗れるのでは?しかし室蘭では石油コンビナートの火災が発生しており、さらに高速道路も全面通行止めとなりました。八方塞りです。最後の手段として、フェリーを考えました。信号機も付いていない街を走り、苫小牧に戻りました。苫小牧港に行くと930分発の八戸行きのフェリーがありました。
a0152501_08074305.jpg
a0152501_08074914.jpg
何とかフェリーに乗り込むことできました。
a0152501_08075472.jpg
船は苦手ですが、
8時間30分フェリーに乗って18時に八戸港に上陸できました。その後タクシーを飛ばして三沢空港へ。何とか19時の最終便、三沢発羽田行きに登場することができました。そして無事に最終ののぞみに乗って深夜に帰宅できました。とても長い1日でした。テレビを見てみると、北海道では甚大な被害となっています。北海道各地の被害が最小限で済むことを、心からお祈りしています。

by hiramitsu-hc | 2018-09-06 23:20 | 趣味のお話 | Comments(0)

ESC2018

今年のヨーロッパ心臓学会は、ミュンヘンで開催されました。全世界から3万人以上の先生方が参加され、4000題以上の発表があり大盛況でした。日本からも沢山の先生がご参加され、私が参加した大規模臨床試験の結果も発表されました。会場の大きさと学会の活気に圧倒されました。世界中のレベルの高い先生方のお話を伺うと、とても勉強になりますし、モチベーションも上がります。来年のESC2019はパリで開催されます。今から来年が楽しみです。
a0152501_11115138.jpg

a0152501_11115856.jpg


by hiramitsu-hc | 2018-08-30 11:07 | 趣味のお話 | Comments(0)

ミュンヘンの街並み

ミュンヘンは美しい街です。現在のドイツの首都はベルリンですが、昔のバイエルン王国の時代は、ミュンヘンが都であったそうです。大きな宮殿や庭園、バロック教会など歴史的な建造物が沢山あり、とても楽しめます。出発前の名古屋は連日36度超えの猛でしたので軽装で渡航しましたが、ミュンヘンの早朝の気温は何と8度で、震え上がるような寒さでした。学会に出席する前の早朝に街中を散歩しましたが、とても気持ち良いひと時でした。また学会後の夕方からは、街の名所にESCに参加されている先生方が沢山いらっしゃっており、色々なお話ができました。
a0152501_13151746.jpg
a0152501_13154632.jpg
a0152501_13155659.jpg
a0152501_13161295.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-08-29 14:08 | 趣味のお話 | Comments(0)

レジデンツ(ミュンヘン)

バイエルン王家の本宮殿です。大きな宮殿の中には、古代彫像を飾ったアンティックヴァリウムや金色の装飾に圧倒される先祖画ギャラリーなど様々な展示物があり、1日かかりそうな大きな宮殿でした。バイエルン王国の繁栄を感じさせられる宮殿した。
a0152501_13295933.jpg
a0152501_13300808.jpg
a0152501_13301493.jpg
調度品の多くが日本の伊万里焼で驚きました。
a0152501_13302114.jpg
a0152501_13302862.jpg
a0152501_13303599.jpg
ライオンの盾に触れると願い事がかなうと聞いたので、しっかりと触っておきました。
a0152501_13304126.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-08-28 09:22 | 趣味のお話 | Comments(0)

ザルツブルグの街並み

ザルツブルグの旧市街は、世界遺産に指定されています。山の上にあるホーエンザルツブルグ城塞はとても歴史のあるお城で、1000年以上かけて徐々に増築されたそうです。大聖堂では、日曜日のミサが行われていましたが、大きな教会は満席で、2階にはパイプオルガンに加えてオーケストラの演奏が行われました。荘厳な雰囲気で心が休まりました。
 ザルツブルグはモーツアルト生誕の町だけあって、生家や住居などが、観光名所になっています。また古い石畳の商店街は、各お店に可愛い看板が立てられています。エルメスやスターバックスなどにも看板が出ており、可愛い景色でした。
a0152501_12264620.jpg
a0152501_12265247.jpg
a0152501_12270344.jpg
a0152501_12271029.jpg
a0152501_12272478.jpg
a0152501_12283237.jpg
a0152501_12273061.jpg
a0152501_12273678.jpg
a0152501_12274395.jpg
a0152501_12275004.jpg
a0152501_12275726.jpg
a0152501_12280332.jpg
a0152501_12280912.jpg
a0152501_12282322.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-08-26 10:18 | 趣味のお話 | Comments(0)

美術史博物館(ウイーン)

ウイーンには美術館が多く、有名な絵画が沢山展示されています。美術史博物館にも有名なブリューゲルの『ラベルの塔』をはじめ、フェルメール、ラファエロ、ベラスケスなどの名画を初めて見ることができました。本日も開館まえから行列ができる賑わいで、絵画の人気の高さを実感しました。

a0152501_13212089.jpg

a0152501_13212623.jpg
a0152501_13213431.jpg
a0152501_13214085.jpg
a0152501_13220936.jpg
a0152501_13214767.jpg
a0152501_13215479.jpg
a0152501_13220340.jpg


by hiramitsu-hc | 2018-08-25 09:19 | 趣味のお話 | Comments(0)

国立オペラ座

ウイーンのオペラ座は、パリ、ミラノに並ぶ世界3大オペラ劇場です。モーツアルトが『ドン・ジョバンニ』でこけら落としをしたそうです。8月中はオペラはお休みですが、観光客向けに『モーツアルトの演奏会』が開催されていました。オペラ座の見学を兼ねて見に行きましたが、ユーモアのある進行で、とても楽しめました。私はオペラの知識が全くありませんので、こちらのコンサートの方がよかったかもしれません。
a0152501_11452328.jpg
a0152501_11452968.jpg
a0152501_11453662.jpg
a0152501_11454369.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-08-24 22:44 | 趣味のお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite