平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

カテゴリ:講演の案内( 771 )

第676回大垣内科会

平成31年4月17日に大垣市にて『第676回大垣内科会』が開催されました。この会は、676回も開催されている大変歴史にある研究会です。大垣市でご開業されている先生方が多数ご参加され、盛況な研究会となりました。今回は、脂質異常症と心房細動の治療について、講演させていただきました。会場からは沢山のご質問をいただき、活発なディスカッションができました。

第676回大垣内科会
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『かかりつけ医の循環器疾患トータルケア』

a0152501_09211526.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-04-17 15:12 | 講演の案内 | Comments(0)

CKD Update in Kawaguchi

平成31年3月20日に埼玉県川口市にて『CKD Update in Kawaguchi』が開催されました。最近は、CKDや腎疾患をテーマにした講演会は少なくなりました。今回は、獨協医科大学の武田教授を中心に、糖尿病、CKD,DKDをテーマとした講演会が開催されました。川口市でご開業されている先生方が多数ご参加され、大変勉強になる講演会となりました。透析導入は予防できるとの、力強いお話を伺うことができ、私も元気をいただきました。今後は、糖尿病の治療においても、腎機能の悪化を十分意識して管理しなければならないと感じました。

CKD Update in Kawaguchi
講演1
座長:かわぐち心臓呼吸器病院 循環器内科部長 青木 聡 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
講演2
座長:川口市立医療センター腎臓内科部長 石川国洋先生
演者:独協医科大学埼玉医療センター腎臓内科主任教授 竹田徹朗先生
『腎保護を見据えたこれからのCKDとDKDの診療』
a0152501_13292426.jpg
a0152501_13293186.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-03-20 22:01 | 講演の案内 | Comments(0)

ロトリガ全国WEB講演会

平成31年3月12日に当クリニックから全国に向けて『ロトリガ全国WEB講演会』が発信されました。今回は、昼の部はCare netより、夜の部は日経メディカルより配信され、全国4000名以上の先生に講演を聴講していただけました。山間部や離島など講演会に参加できない先生方にとっては、今後はWEB講演会は便利なシステムだと思います。一方で、講演会のライブ感も大切だと感じています。直接質問して、丁寧に答えていただくと心に残ります。医療情報が爆発的に増加している現代では、様々な方法で勉強できるようになると助かりますね。

ロトリガ全国WEB講演会
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『Unmed needsを考慮した脂質異常症の新しい治療法~ロトリガの有用性を含めて~』
a0152501_06540109.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-03-12 20:17 | 講演の案内 | Comments(0)

糖尿病治療の現在~循環器疾患との関連を考える~

平成31年2月28日に川崎市にて『糖尿病治療の現在~循環器疾患との関連を考える~』が開催されました。この会は、新百合ヶ丘総合病院の糖尿病内科と循環器内科の先生が企画された研究会です。糖尿病と循環器疾患の関係について、深いディスカッションが展開されました。SGLT2阻害薬の登場により、糖尿病の専門医と循環器の専門医がディスカッションする機会が増え、とても勉強になります。

糖尿病治療の現在~循環器疾患との関連を考える~
Opening Remarks
新百合ヶ丘総合病院 糖尿病・内分泌代謝内科部長 西野和義先生
一般講演
座長:新百合ヶ丘総合病院 糖尿病・内分泌代謝内科部長 西野和義先生
演者:新百合ヶ丘総合病院循環器内科 岩宮 賢 先生
『糖尿病合併例における心不全診療の現在』
演者:新百合ヶ丘総合病院 糖尿病・内分泌代謝内科 秋山知明先生
『心不全傾向にある糖尿病診療の現状』
特別講演
座長:新百合ヶ丘総合病院 糖尿病センター センター長 岩本安彦先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
Closing Remarks
新百合ヶ丘総合病院 糖尿病センター センター長 岩本安彦先生
a0152501_19011382.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-02-28 21:50 | 講演の案内 | Comments(0)

循環器疾患と糖尿病

平成31年2月27日に高崎市にて『循環器疾患と糖尿病』が開催されました。この会には、高崎市でご開業されている先生方が多数ご参加され、盛況な研究会となりました。SGLT2阻害薬の循環器疾患に対する効果を深くディスカッションできました

循環器疾患と糖尿病
講演1
座長:清水内科院長 清水美津夫先生
演者:宇津木医院院長 宇津木敏浩先生
『当院における糖尿病性ジンショウの治療』
講演2
座長:高崎クリニック院長 高瀬真一先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
a0152501_18454562.jpg
a0152501_18455533.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-02-27 21:01 | 講演の案内 | Comments(0)

第27回宇都宮医療連携研究会

平成31年2月20日に宇都宮市にて『第27回宇都宮医療連携研究会』が開催されました。この会は、宇都宮記念病院と地域に先生方との病診連携を深める目的で開催されている研究会で、既に27回を迎えています。宇都宮市内でご開業されている先生方が30名以上ご参加され、盛況な研究会となりました。立派な懇親会も開かれ、みなさん楽しそうに過ごしていらっしゃいました。

第27回宇都宮医療連携研究会
特別講演
座長:宇都宮記念病院循環器内科 久次雄三先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待すること~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
a0152501_06255541.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-02-20 22:45 | 講演の案内 | Comments(0)

ロトリガ全国WEB講演会

平成31年2月18日に当クリニックから全国に向けて『ロトリガ全国WEB講演会』が配信されました。最近は、小さなシステムで大掛かりなWEB講演ができるようになりました。今回も全国各地の3000名以上の先生が聴講して下さったそうです。最近の脂質異常患者さんは、LDLが高いだけではなくベースにメタボリックシンドロームを有する方が急増しています。このような症例では、LDLだけでなくTGも高知のため、スタチンだけではコントロールできない症例が多く存在します。今回のWEB講演会では、これらの症例に対するEPA+DHA製剤の有用性について、解説させていただきました。
a0152501_23035183.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-02-18 14:28 | 講演の案内 | Comments(0)

Premium Cardiovascular Symposium in Aichi 2019

平成31年2月16日に名古屋市にて『Premium Cardiovascular Symposium in Aichi 2019』が開催されました。この会は少人数のクローズドの研究会で、循環器内科、糖尿病内科の専門医の先生が中心に30名以上の先生方がご参加されました。初めに阿古先生から脂質異常症のお話を伺いました。心筋梗塞の発症に脂質異常症が深く関与していることを再認識させられました。またハイリスク患者には、LDLをかなり積極的に低下させる必要があることを学びました。小田原先生からは、糖尿病全般の治療についてお話しいただきましたが、特にSGLT2阻害薬の医療に対する貢献度、コストパフォーマンスの良さなどについて、詳しき解説していただきました。また参加された先生方のレベルも高く、深いディスカッションが展開されました。大変勉強になる研究会でした。

Premium Cardiovascular Symposium in Aichi 2019
講演1
座長:平光ハートクリニック 平光伸也
演者:北里大学医学部循環器内科学教授 阿古潤哉先生
『心血管イベント抑制を考慮した資質治療戦略』
講演2
座長:みうら内科クリニック院長 三浦義孝先生
演者:東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学分野主任教授 小田原雅人先生
a0152501_11401054.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-02-16 19:56 | 講演の案内 | Comments(0)

Diabetes Meeting in 諏訪 ~糖尿病合併症治療を考える~

平成31年2月6日に長野県諏訪市にて『Diabetes Meeting in 諏訪 ~糖尿病合併症治療を考える~』が開催されました。この会は、諏訪市医師会が主催の研究会で、諏訪赤十字病院糖尿病院の先生方が大勢参加されていました。また遠方では飯田市からも何人か先生がご参加され、盛況な研究会となりました。私は、SGLT2阻害薬のこれからの使い方について、開設させていただきました。懇親会も盛り上がり、楽しい会でした。

Diabetes Meeting in 諏訪 ~糖尿病合併症治療を考える~
Opening Remarks:小松内科クリニック院長 小松育俊先生
講演Ⅰ
座長:諏訪赤十字病院糖尿病院・内分泌内科 航瀬芳子先生
演者:諏訪赤十字病院糖尿病療養指導士 看護師 宮坂好恵先生
『当院における糖尿病教育入院~合併症を予防するきっかけづくり~』
講演Ⅱ
座長:諏訪赤十字病院循環器部長 筒井 洋 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
a0152501_12032103.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-02-06 21:13 | 講演の案内 | Comments(0)

沖縄県学術講演会

平成31年1月16日に那覇市にて『沖縄県学術講演会』が開催されました。アブレーションで世界的に有名な福岡山王病院の熊谷浩一郎先生と一緒に講演させていただきました。先生からは、最新のアブレーションの情報を詳細にご紹介いただきました。SGLT2阻害薬が心房細動の発症予防に有用ではないかとのディスカッションが展開され、大変興味深く拝聴することができました。とても勉強になる講演会でした。

沖縄県学術講演会
特別講演Ⅰ
座長:南部徳州会病院副院長 川満克紀先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
特別講演Ⅱ
座長:中頭病院循環器内科電気生理部長 屋宜 宣守先生
演者:福岡山王病院ハートリズムセンター長/国際医療福祉大学大学院教授 熊谷浩一郎先生
『心房細動の最新治療~エドキサバンの有用性とアブレーションの進歩~』
a0152501_20221468.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-01-16 21:10 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite