平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

カテゴリ:講演の案内( 797 )

プライマリケアカンファランス2019

令和1年9月21日に名古屋市にて『プライマリケアカンファランス2019』が開催されました。今回は、国立循環器病研究センターの北風先生から、メトホルミンとDPP-4阻害薬のお話を伺いました。先生は全国規模の様々な研究を行っておられ、つぎつぎとデータを発信されています。今回も貴重なお話を伺うことができ、大変勉強になりました。

プライマリケアカンファランス2019
特別講演
座長:墨医院院長 重村元嗣先生
演者:国立循環器病研究センター臨床研究開発部部長 北風政史先生
『循環器医から見たメトホルミンとDPP-4阻害薬の有用性』
a0152501_16111180.jpg
a0152501_16111852.jpg
a0152501_16112413.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-09-21 10:39 | 講演の案内 | Comments(0)

神奈川県保険医協会第581会月例研究会

令和1年9月19日に横浜市にて『神奈川県保険医協会第581会月例研究会』が開催されました。この会は、50年以上前から続けられている伝統ある研究会で、581回という回数を伺い驚きました。会場には、横浜市でご開業されている先生方が多数ご参加され、熱心に聴講していただきました。このような歴史のある研究会は少なくなっています。これからも長く続けていただきたいですね。

神奈川県保険医協会第581会月例研究会
特別講演
座長:H.E.Cサイエンスクリニック糖尿病センター長 調 進一郎先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代人にマッチした脂質治療~スタチン・エゼチミブ配合剤に期待すること~』
a0152501_10262305.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-09-19 21:35 | 講演の案内 | Comments(0)

Table Discussion Meeting

令和1年9月18日に名古屋市内で『Table Discussion Meeting』が開催されました。この会は、名古屋大学の室原先生が企画された研究会で、循環器内科の先生が参加され、循環器内科の立場から考えた糖尿病治療について、ディスカッションされました。私は心腎連関の立場から、外来での尿中アルブミン測定の重要性について、紹介させていただきました。少人数の研究会でしたが、大変勉強になりました。

Table Discussion Meeting
総合司会
名古屋大学大学院医学系研究科循環器内科学教授 室原豊明先生
特別講演
名古屋大学大学院医学系研究科先進循環器治療学講座教授 柴田 玲 先生
『循環器内科医の立場からみた2型糖尿病治療について~DPP-4阻害薬の位置づけを再考する~』
ディスカッション
テーマ
『心・腎保護を考慮した糖尿病薬物治療を考える~DPP-4阻害薬の高齢者に対する有用性~』
コメンテーター
名古屋大学大学院医学系研究科先進循環器治療学講座教授 柴田 玲 先生
磯部内科クリニック院長 磯部 智 先生
平光ハートクリニック 平光伸也
a0152501_22421546.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-09-18 22:10 | 講演の案内 | Comments(0)

Diabetes Small Meeting

令和元年9月11日に函館市にて『Diabetes Small Meeting』が開催されました。この会には、函館市でご開業されている先生方が15名ほどご参加され、小規模な研究会となりました。糖尿病腎症にたいするカナグルの最新のエビデンスをご紹介しながら、糖尿病の治療についてご紹介しました。会場からも沢山のご質問をいただき、活発なディスカッションができました。

Diabetes Small Meeting
Opening Remarks
宮村内科医院院長 宮村拓郎先生
Lecture
座長:中島内科循環器科メンタルクリニック院長 中島慈夫先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心血管イベントの抑制を目指した糖尿病治療~腎症を伴う2型糖尿病に対するカナグリフロジンの有用性~』
Closing Remarks
平田博巳内科クリニック院長 平田博巳先生
a0152501_15573163.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-09-11 20:42 | 講演の案内 | Comments(0)

Nakagawa Canal

令和元年9月4日に名古屋掖済会病院にて、『Nakagawa Canal Pharmaceutical Cooperation Circulation Conference』が開催されました。この会は、名古屋掖済会病院と中川区薬剤師会が共同で開催している研究会で、神奈川区にお勤めの薬剤師の先生方が多数ご参加されました。私の講演は40分間でしたが、その後30分間以上ご質問をいただき、大変盛況な研究会となりました。今後薬剤師の先生方のお仕事はさらに増えると思います。最新の医学情報を習得していただき、患者様に提供していただきたいと考えています。

Nakagawa Canal
Pharmaceutical Cooperation Circulation Conference
<テーマ:脂質異常症治療の最近の話題>
開会挨拶
名古屋掖済会病院薬剤部長 池上信昭先生
一般演題
座長:名古屋掖済会病院薬剤部長 池上信昭先生
演者:名古屋掖済会病院薬剤部 佐藤琢磨先生
『脂質異常症治療についてー当院の処方状況を踏まえてー』
特別講演
座長:名古屋掖済会病院循環器内科部長 淡路喜史先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代人にマッチした脂質治療~スタチン/エゼチミブの配合剤に期待すること~』
a0152501_05594443.jpg
a0152501_05595067.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-09-04 22:19 | 講演の案内 | Comments(0)

脂質異常症治療カンファランス

令和元年7月31日に富士市にて『脂質異常症治療カンファランス』が開催されました。この会には、富士市でご開業されている先生方が30名ほどご参加され、盛況な研究会となりました。私は、開業医の視点から脂質異常症の治療について、解説させていただきました。皆さん、脂質異常症にご興味があるようで、質問も沢山いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

脂質異常症治療カンファランス
Lecture
座長:富士市立中央病院循環器内科部長 坂本宏志先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代人にマッチした脂質治療~スタチン/エゼチミブの配合剤に期待すること~』
a0152501_10095249.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-07-31 22:18 | 講演の案内 | Comments(0)

パルモディアWEB講演会

令和元年7月29日に当クリニックから全国に向けて『パルモディアWEB講演会』を配信しました。今回は、メディカルトリビューン社などと共同開催となり、全国の2000カ所以上と繋がり、盛況なWEB講演会となりました。パルモディアは、従来のフィブラートとは全く異なるSPARMαという概念の新規の脂質異常症治療薬です。当院のデータでも、通常用量で中性脂肪値を47%も低下させていました。またスタチンに併用しても、肝機能障害やCK上昇、筋肉痛などの副作用は1例も認められておらず、とても有用な薬剤であることが確認できました。また新薬であるにもかかわらず、1錠33.9円という安さで、開業医にとっても使いやすい薬剤であると感じました。長期投与も解禁されましたので、今後は汎用される薬剤になると感じています。
a0152501_08041056.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-07-29 20:50 | 講演の案内 | Comments(0)

沖縄動脈硬化予防研究会

令和元年7月24日に、沖縄県那覇市にて『沖縄動脈硬化予防研究会』が開催されました。この会は、琉球大学循環器内科の大屋先生が企画された研究会で、病院にご勤務されている先生やご開業されている先生方が大勢ご参加され、盛況な研究会となりました。初めに岩淵先生から、多数のエビデンスをもとにした格調高い講演を伺うことができました。私は、開業医の視点から脂質異常症の治療について、解説させていただきました。質問も沢山いただき、楽しい時間を過ごすことができました。

沖縄動脈硬化予防研究会
講演Ⅰ
座長:沖縄赤十字病院循環器内科第一部長 砂川長彦先生
演者:琉球大学医学部付属病院第三内科診療教授 岩淵成志先生
『積極的脂質異常症治療の意義』
講演Ⅱ
座長:琉球大学大学院医学研究科循環器・腎臓・神経内科学講座教授 大屋祐輔先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代人にマッチした脂質治療~スタチン/エゼチミブ配合錠に期待すること~』
a0152501_07053906.jpg
a0152501_07054613.jpg
a0152501_07063250.jpg
a0152501_07060093.jpg


by hiramitsu-hc | 2019-07-24 21:57 | 講演の案内 | Comments(0)

伊賀医師会学術講演会

令和元年7月18日に三重県伊賀市にて『伊賀医師会学術講演会』が開催されました。往路では、東名阪高速道路が大変な豪雨で、たどり着けないかと心配するほどでしたが、会場には25名の先生がご参加してくださり、大変盛況な研究会となりました。脂質異常症の治療について、スタチン、エゼチミブ、フィブラートなどの薬剤を使用した新しい治療法について解説させていただきました。


伊賀医師会学術講演会
座長:しみずハートクリニック院長 清水雄三先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代人にマッチした脂質治療』

a0152501_18391503.jpg

by hiramitsu-hc | 2019-07-18 19:35 | 講演の案内 | Comments(0)

SGLT2阻害薬 Up to Date ~エビデンスから再考する~

令和元年7月17日に松本市にて『SGLT2阻害薬 Up to Date ~エビデンスから再考する~』が開催されました。信州大学の先生や開業医の先生方が、40名以上ご参加さえれ、盛況な研究会となりました。今回は、糖尿病専門医に加え、循環器専門医と腎臓内科専門医が参加して、特に腎保護の立場に立ったディスカッションが展開されました。循環器内科と腎臓内科は、共通するもんあぢ点が多く、今後も十分なディスカッションが必要であると感じました。

SGLT2阻害薬 Up to Date ~エビデンスから再考する~
特別講演1
座長:信州大学医学部循環器内科教授 桑原宏一郎先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心血管イベントの抑制を目指した糖尿病治療~腎症を伴う2型糖尿病に対するカナグリフロジンの有用性~』
特別講演2
座長:信州大学医学部腎臓内科臨床教授 上条祐司先生
演者:佐久総合病院腎臓内科部長 池添正哉先生
『DKDの概念と糖尿病性腎症の治療戦略』
ディスカッション
オーガナイザー:信州大学医学部糖尿病・内分泌代謝内科 駒津光久先生
テーマ
『SGLT2阻害薬への糖尿病治療における意義について~エビデンスの基づく糖尿病治療を考える~』
ディスカッサント
平光ハートクリニック 平光伸也
佐久総合病院腎臓内科部長 池添正哉先生
降旗ハートクリニック院長 降旗康敬先生
松本市立病院腎透析センター科長 赤穂伸二先生
信州大学医学部循環器内科教授 桑原宏一郎先生
信州大学医学部腎臓内科臨床教授 上条祐司先生
a0152501_13563918.jpg



by hiramitsu-hc | 2019-07-17 22:50 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite