平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

Alte Pinakothek(アルテピナコテーク)

ミュンヘンのAlte Pinakothek(アルテピナコテーク)は、世界6大美術館の1つと称される美術館です。さぞかし込んでいるだろうと考え、開館の10分前に来場しましたが、思いの外館内は空いており、ゆっくり観賞することできました。そいえば、ノイエピナコテークも日曜で入場料が1ユーロにも関わらず結構空いていました。ドイツの方は、あまり美術には興味がないのでしょうか?
 ルートヴィヒⅠ世は、大変な美術品収集家だったらしく、有名な絵画を数多く保有していたそうです。これらを一般公開するためにこの美術館が作られました。ラファエロの『テンピの聖母』は、何ともやさしいタッチで描かれており、本当のお母さんのようでした。レオナルドダビンチの『聖母子』は、ラファエロとは全く違うタッチで、立体的で繊細に表現されていました。とても小さな絵でしたが、存在感がありました。ドイツを代表するデューラーの絵も多数飾られていました。『四人の使途』は堂々としたすばらしい人物像でした。ルーベンスの『最後の審判』は圧巻でした。写真下に移っている妻の大きさから想像できると思いますが、見たことがないほどの大きさでした。すごかった。Alte Pinakothek(アルテピナコテーク)は、世界6大美術館といわれるだけあり、すばらしい美術館でした。
a0152501_14564859.jpg
a0152501_14565646.jpg

ラファエロ『テンピの聖母』
a0152501_1457261.jpg
a0152501_1457840.jpg

レオナルドダビンチ『聖母子』
a0152501_14571436.jpg

デューラー『四人の使途』
a0152501_1457223.jpg
a0152501_14572831.jpg

ルーベンス『最後の審判』
a0152501_14573373.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-08-28 10:40 | 趣味のお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite