平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

オーベルジュドリルナゴヤ

オーベルジュドリルは、フランスはアルザス地方を代表する3ツ星レストランです。また世界一になったソムリエさんがみえることでも有名です。オーベルジュドリルナゴヤは、1967年から3ツ星を守り続けている本店のグランシェフ、マルク・エーベルラン氏と東京の有名フレンチレストランのヒラマツがコラボして開いたお店です。ミッドランドの42階という、ナゴヤで最も贅沢な場所にお店はあります。
お店に入ると、ウェイティングルームからの景色は素晴らしい眺望です。またメインダイニングには、自然豊かなアルザスの本店の写真が壁一面に引き伸ばされています。巨大な木製のシャンデリアも圧巻です。グランメゾンにふさわしい抜群の雰囲気です。今回は、コース料理をいただきました。

マルク・エーベルラン氏は、ポールボキューズ(真ん中)と平松氏とコラボして、日本でのレストランの運営をしているようです。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_817262.jpg

グランメゾンにふさわしい圧巻のメインダイニング
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8171067.jpg

壁一面に引き伸ばされたアルザスの本店の写真
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_817179.jpg

アミューズは、カリフラワーのスープでした。フワフワの泡と濃厚なスープがいい味わいでした。
シャンパーニュは、名前を忘れてしまいましたが、1996年のビンテージ物をいただきました。クリーミーな泡立ちがとても上品で熟成感がありました。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8172558.jpg

フォアグラのソテーは、日の通り具合も抜群で、下に引かれたラビオリと一緒にいただくとすばらしい味わいでした。フォアグラにあわせてバニュルスをグラスをでいただきました。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8173223.jpg

帆立貝のソテーは、中にトリュフが詰めてあり、下にはフランス風のパスタが入っていました。濃厚なスープと合わさって至福のときでした。白ワインはアルザスのお店に合わせて、ALSACE Clos Ste Hune RIESLING 1999,をいただきました。とてもしっかりしたワインで、ソムリエの河合さんがスーパーデキャンタでデカンタージュしてくださいました。 
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8174127.jpg

メインは、蝦夷鹿のヒレ肉のソテーでしたが、こんなやわらかくて美味しい鹿は初めてでした。赤ワインは蝦夷鹿にあわせて、Cote-Rotie TARDIEU LAURENT 2003をいただきましたが、若干早すぎる印象でした。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8174837.jpg

2沢目のデザートには、シャンパーニュで作ったクリームがかけれられていました。初めての味わい。ピスタチオのアイスクリームは最高の味でした。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8175572.jpg
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_818257.jpg
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8201533.jpg
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8202291.jpg

食後酒は、カルバドスでLEMORTON Rareteをいただきました。Rarerteとは希少品という意味だそうです。100年熟成されたカルバドスは、とても濃い色でまろやかな味わいでした。美味しかった。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8202951.jpg
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8203578.jpg

同じカルバドスでも熟成期間によって、まったく色が異なりました。
オーベルジュドリルナゴヤ_a0152501_8204129.jpg


オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ
052-527-8880
by hiramitsu-hc | 2012-01-30 23:51 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite