平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

オステリア・イル・パリアッチョ

平成24年1月21日、熱田区イオンのすぐ横にあるオステリア・イル・パリアッチョに伺いました。このあたりは、新しく開発された地区のためか、周りには民家もなく、お店の回りは大きなビルと大きなスペースがあり、広々とした場所のビルの1階にあります。お店はとても清潔な感じで、ローズウッドのすてきなテーブルが置かれており、とても雰囲気のいいお店です。シェフの湯村悟之さんは、ボローニャ地方のリストランテで修行されており、この地方の料理が得意だそうです。料理はコース料理のみで、パスタは3種類から選択する仕組みになっていました。

パリアッチョとは、イタリア語でピエロという意味だそうです。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7332358.jpg

オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7333296.jpg

自家製のパンは、モチモチした食感でエキストラバージンオイルにつけていただきました。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7334873.jpg

オードブルは、寒ブリ、白魚、タラの白子、マグロのカルパッチョでした。とてもボリュームがあり食べ応えがありました。FERRARIのロゼと一緒にいただきました。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_734044.jpg

カブのスープには蛍烏賊が乗せられており、アンチョビのソースのアクセントがgoodでした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_73491.jpg

パスタは選択性で、私はシェフが修行されたボローニャ地方のラザニアを選択、香草の香りが効いた印象的な1皿でした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7341758.jpg

ウニのタリアータは、濃厚な味わいで皆さんから美味しいが連発されていました。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7342542.jpg

牛タンの上にパルミジアーノレジアーノのリゾットが乗せられていました。お米の硬さが絶妙で、とても美味しい1皿でした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7343311.jpg

途中で2回目の手作りパンが出されました。ナッツの入った美味しいパンでした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7344282.jpg

メインは和牛のヒレステーキで、エリンギとサツマイモが添えられており、上品な味わいでした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7345049.jpg

ドルチェは紅茶のバニラアイス、ティラミスのアイス、底にコーヒーがひかれたティラミスの3種の組み合わせでした。ティラミスのアイスには、イチゴ、イチゴジャム、イチゴのビスケットが乗せられており、goodでした。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7345766.jpg

カプチーノにはパリアッチョが上手に描かれており、とても楽しめました。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_735663.jpg

ワインはスプマンテなど4本を持ち込ませていただきました。お店でいただいたソービニオンブランはしっかりとした味わいで、インパクトがありました。
オステリア・イル・パリアッチョ_a0152501_7351950.jpg


若いスタッフががんばる新しいイタリアンで、とても美味しく好感が持てました。これからもがんばってほしいですね。

Osteria Il Pagliaccio オステリア・イル・パリアッチョ
名古屋市熱田区六野1-2-24 ベレーサ熱田104号
電話:052-871-5501
by hiramitsu-hc | 2012-01-21 23:28 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite