平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

チャイナバル アロン

先日伺ってとても気に入ったお店、チャイナバル アロンに伺いました。平日の夜はいつも満席ですが、本日は日曜日の夕方ですぐに入店できました。日曜日はねらい目かもしれません。生ビール、青島ビールをいただきながら、シェフが作られた美味しいお料理を何種類もいただきました。

新栄の南の路地裏にひっそりとお店は立っています。
a0152501_20162210.jpg

オープンキッチンを囲むカウンターとテーブル席のシンプルなお店です。
a0152501_20163344.jpg

お酒につけた生のエビは、濃厚な味わいでした。
a0152501_20164088.jpg

棒棒鶏は、胡麻ダレの風味が最高でした。
a0152501_20164567.jpg

アイナメの蒸し魚です。香港の広東料理を思い出す繊細な味わいでした。
a0152501_20165157.jpg

油淋鶏は、オレンジのピールがアクセントとなっており、美味しくいただけました。
a0152501_20165830.jpg
a0152501_2017478.jpg

しその葉がアクセントの天津飯は、独特な味わいでした。
a0152501_20171065.jpg

青島ビールは、やはり中華料理によく合いますね。
a0152501_20171892.jpg

a0152501_20172475.jpg

杏仁豆腐とゴマ団子です。黒ゴマの濃厚なあんが印象的でした。
a0152501_20172988.jpg

アロン
050-5590-1753 (予約専用番号)
052-253-9080 (お問い合わせ専用番号)
住所:名古屋市中区新栄2-24-14 明治第10ビル 1F
by hiramitsu-hc | 2016-02-28 20:26 | グルメなお話 | Comments(0)

藤医会総会・教授就任記念講演会・祝賀会

平成28年2月27日にキャッスルプラザホテルにて『藤医会総会・教授就任記念講演会・祝賀会』が開催位されました。今回も大変盛況な総会となり、3名の教授就任記念講演会も大盛況となりました。大学の同窓生が集まると本当に楽しいものです。先輩から、同級生、後輩とみんなが一緒になって、楽しい懇親会となりました。美味しいワインもたくさん用意され、皆さんとても楽しそうでした。

『藤医会総会・教授就任記念講演会・祝賀会』
1)藤医会総会: 17:00-18:30 3階 「孔雀の間 北」
2)卒業生教授就任記念講演会: 18:30-19:30 3階 「孔雀の間 北」
講演Ⅰ:6時30分~6時50分
若林貴夫教授(8回生)藤田保健衛生大学坂文種報德會病院 健診科
「ばんたね病院と私」
講演Ⅱ:6時50分~7時10分
石川清仁教授(9回生)藤田保健衛生大学病院 医療の質・安全対策部 感染対策室
「じん生、七転び八起き」
講演Ⅲ:7時10分~7時30分
伊東昌広教授(14回生)藤田保健衛生大学病院 医療の質・安全対策部 安全管理室
「膵臓領域における低侵襲手術と医療安全について」
3)教授就任記念祝賀会: 19:30~ 3階 「孔雀の間 南」
a0152501_22592596.jpg

a0152501_22593229.jpg
a0152501_2259414.jpg
a0152501_2259475.jpg
a0152501_22595485.jpg
a0152501_230250.jpg
a0152501_2301064.jpg
a0152501_2301711.jpg
a0152501_2302373.jpg
a0152501_2303033.jpg
a0152501_23039100.jpg
a0152501_2304568.jpg

ワインの記憶が残るように各ワインに以下の説明文をつけて配布させていただきました。
シャンパーニュ
①ルイロデレール・ブリュット・プルミエ NV 
 ルイ・ロデレールのスタイルを最もよく表しているのが、このスタンダード・キュヴェ、ブリュット・プルミエ。「プルミエ=No.1」というその名に、ルイ・ロデレールの自信が込められています。使用するブドウの自社畑比率は、一流メゾンにおいては異例なほど高く、丁寧に栽培、収穫されたブドウの美味しさが存分に生かされています。「フレッシュさと熟成感」、「エレガンスと強さ」これらの相対する要素を見事に融和させた、バランスの良さが一番の魅力。
a0152501_2305680.jpg

白ワイン
①シューベルト・ソーヴィニオンブラン2014
クリーンで美しいソーヴィニヨン・ブラン!シューベルト・ワインズは、1998年にドイツ人のカイ・シューベルト氏がニュージーランドの北島の南端、ワイララパ地方に設立したワイナリーです。楠田さんが認める、ピノの達人です!フレッシュでありながら適度な複雑さがシューベルトのソーヴィニヨン・ブランの特徴で、フランスに近い味わいです。
a0152501_231331.jpg

②ギルラン・シャルドネ・フローラ 2012
イタリアの爽やかながら力強い白ワインです。特別に厳選されたシャルドネを使い、フレンチオークでの発酵、12ヶ月の樽熟成と7ヶ月の瓶熟成をへて出荷。熟した果実とたっぷりのミネラル感。繊細な肉料理に好相性をみせます。
a0152501_2311087.jpg

赤ワイン
①ラマッサ 2012
イタリア・トスカーナのキャンティを代表するワインです。最近大変注目されている作り手で、このビンテージもロバートパーカーが90点をつけています。果実味があり、色々なお料理に合うワインだと思います。
a0152501_2311636.jpg

②バローロ2010・オズバルド・ヴィヴェルディ
バローロは、イタリアを代表するボディーのしっかりした辛口の赤ワインです。このワインを作るブドウが取れるブドウ畑の場所から名前が付けられました。新鮮さとタンニンを感じられ、程よくなめらかな口当たりになっています。赤身肉、ジビエ、チーズと相性抜群です。
a0152501_231232.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-27 21:58 | 趣味のお話 | Comments(0)

第2回非専門医によるCKD研究会

平成28年2月27日に名古屋市にて『第2回非専門医によるCKD研究会』が開催されました。この会は糖尿病専門医の先生方が看護師、栄養士の先生方を含めて、糖尿病患者さんにより良い医療を提供するための勉強会として始められた研究会だそうです。私は、心疾患治療における腎機能の重要性について、藤田保健衛生大学時代のデータをもとに講演させていただきました。スモールグループの研究会でしたが、とても盛り上がり、楽しい時間を過ごすことができました。

第2回非専門医によるCKD研究会
一般講演
座長:ながしま内科 長嶋正仁先生
演者:医療法人貴優会高橋ファミリークリニック
    名古屋市立大学大学院看護学科研究科博士前期課程 土川睦子先生
特別講演
座長:医療法人TDE糖尿病・内分泌内科クリニックTOSAKI院長 戸崎貴博先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心疾患治療における腎機能の重要性~エリスロポエチンの有用性を含めて~』
a0152501_21561517.jpg

a0152501_2156265.jpg

a0152501_2156361.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-27 18:15 | 講演の案内 | Comments(0)

愛知県腎機能評価研究会

平成28年2月25日に名古屋市にて『愛知県腎機能評価研究会』が開催されました。この会は、名古屋大学腎臓内科の安田宣成先生が企画されている研究会で、今回で7回目になられたそうです。愛知県内でご勤務されている検査技師の先生方が多数参加され、熱心な研究会となりました。私は、心腎連関、特に心不全における腎機能の重要性について、ご紹介させていただきました。貴重なご質問をいただき、有意義なディスカッションができました。

愛知県腎機能評価研究会
技術講演
座長:安城更生病院臨床検査技術科技師長 小坂光郎先生
   名古屋第二赤十字病院医療技術部救急検査課長 阿波波 雅人先生
演者:名古屋第二赤十字病院医療技術部病理検査課病理検査第一係長 長田裕之先生
1.腎移植の尿中に出現するデコイ細胞の意義
演者:名古屋大学大学院医学研究科CKD先進診療システム学寄附講座准教授 安田宣成先生
    同 研究員 今井順子先生
2.eGFR crest, eGFR cys, CKD-EPI式による腎機能評価の注意点
特別講演
座長:名古屋大学大学院医学研究科CKD先進診療システム学寄附講座准教授 安田宣成先生
    名古屋大学医学部附属病院医療技術部臨床検査部門長臨床検査技師長 松本祐之先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心疾患治療における腎機能の重要性~エリスロポエチンの有用性を含めて~』
a0152501_6201730.jpg
a0152501_6202454.jpg
a0152501_6203148.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-25 21:27 | 講演の案内 | Comments(0)

第6回CKD病診連携協議会

平成28年2月24日に知立市にて『第6回CKD病診連携協議会』が開催されました。この会は、刈谷豊田総合病院と刈谷医師会との病診連携の研究会です。腎臓内科の小山先生に座長をしていただき、CKDと心疾患との関連性について、講演させていただきました。会場には、刈谷豊田総合病院の先生やご開業されている先生が参加され、沢山ご質問もいただけました。

第6回CKD病診連携協議会
Opening Remarks
刈谷豊田総合病院腎・膠原病内科部長 小山勝志先生
特別講演
座長:さくら中央クリニック 鈴木一正先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『心腎連関~エリスロポエチンの有用性を含めて~』
a0152501_634179.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-24 22:22 | 講演の案内 | Comments(0)

鉄板焼き 煖(豊田市)

豊田市のホテルトヨタキャッスルにある鉄板焼きのお店『鉄板焼き 煖』に伺いました。今回は大勢で伺ったので、個室でのコース料理をいただきましたが、目の前でパフォーマンスを見せていただける鉄板のテーブルも魅力的でした。ランソンの黒ラベルから始まり、マルセルダイスの息子さんの作るアルザスのリースリングなど、いろいろな美味しいワインもいただけました。若いお客さんが多い活気のあるお店でした。次回は、是非鉄板の前で、お肉が頂きたいと思います。
a0152501_213051.jpg
a0152501_2131086.jpg
a0152501_2131619.jpg
a0152501_2132258.jpg
a0152501_213282.jpg
a0152501_2133598.jpg
a0152501_2134125.jpg
a0152501_2134610.jpg

鉄板焼 煖 (テッパンヤキ ダン)
TEL:0565-31-2211
住所:豊田市喜多町2-160 ホテルトヨタキャッスル 2F
by hiramitsu-hc | 2016-02-20 20:56 | グルメなお話 | Comments(0)

Heart Failure seminar for Pharmacist

平成28年2月20日、豊田市にて『Heart Failure seminar for Pharmacist』が開催されました。この会には、豊田市周辺でご勤務されている薬剤師の先生方が多数参加され、盛況な研究会となりました。若い先生が多く、β遮断薬とSGLT2阻害薬の有用性について、しっかり勉強できました。

Heart Failure seminar for Pharmacist
Opening Remarks
豊田厚生病院薬剤部長 坪井伸治先生
講演Ⅰ
田辺三菱製薬株式会社
『カナグリフロジンの最近の話題』
講演Ⅱ
平光ハートクリニック 平光伸也
『慢性心不全から心房細動治療のパラダイムシフト~もっとβ遮断薬を活用しよう~』
Closing Remarks
足助病院薬剤部長 吉田 厚志先生
a0152501_20554910.jpg

a0152501_20555634.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-20 17:50 | 講演の案内 | Comments(0)

循環器内科が診る糖尿病~SGLT2阻害薬の適正使用を考える~

平成28年2月18日に、岡山市にて『循環器内科が診る糖尿病~SGLT2阻害薬の適正使用を考える~』が開催されました。この会は、岡山大学循環器内科教授の伊藤 浩 先生に座長をしていただき、循環器医だけが参加する研究会でした。SGLT2阻害薬は、糖尿病のお薬ですが、循環器系に影響を与えるので、循環器医が使用する機会が多いようです。しかし本剤には様々な服地効果が認められて居間寸土江、今後は本剤のポテンシャルに期待したいと思っています。

循環器内科が診る糖尿病~SGLT2阻害薬の適正使用を考える~
特別講演
座長:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科循環器内科学教授 伊藤 浩 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
一般講演
座長:倉敷中央病院循環器内科主任部長 門田一繁先生
演者:久松内科循環器内科医院副院長 久松研一先生
『SGLT2阻害薬の追加投与の有用性などについて』
演者:岡山市立市民病院循環器内科 小野 環 先生
『脂質(体重減少)』
演者:岡山大学病院循環器内科 江尻健太郎先生
『SGLT2阻害薬の本質~実際の使用例を通じて~』
a0152501_1385415.jpg

a0152501_139149.jpg
a0152501_139821.jpg
a0152501_1391614.jpg
a0152501_1392479.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-18 22:34 | 講演の案内 | Comments(0)

安曽(新潟市)

新潟市の老舗の日本料理店『日本料理 安曽』に伺いました。このお店は、吉田 類さんが出てきそうな小さな路地の奥にありますが、お店はとても立派で50年も前から続く老舗だと伺いました。お料理は、どれも丁寧に造られており、とても美味しくいただけました。お酒は、新潟の貴重な銘酒が勢ぞろいしており、たっぷりと頂くことができました。
a0152501_1341821.jpg
a0152501_1342565.jpg
a0152501_1343176.jpg
a0152501_1344264.jpg
a0152501_1344996.jpg
a0152501_1351285.jpg
a0152501_1351877.jpg
a0152501_1352429.jpg
a0152501_1353083.jpg
a0152501_135366.jpg
a0152501_1354332.jpg
a0152501_1355289.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-17 23:56 | グルメなお話 | Comments(0)

循環器疾患と糖尿病を考える会

平成28年2月17日に、新潟市にて『循環器疾患と糖尿病を考える会』が開催されました。この会は、small groupの研究会でしたが、新潟市でご開業の先生や病院勤務の先生がご参加され、活発なディスカッションができました。また以前から大変お世話になっている前北里大学循環器内科教授の和泉 徹 先生もご参加していただき、大変光栄でした。お元気そうのお姿を拝見して、とても嬉しく思いました。

循環器疾患と糖尿病を考える会
講演Ⅰ
座長:井上内科医院院長 井上正則先生
演者:済生会新潟第二病院 代謝・内分泌内科部長 鈴木克典先生
『SGLT2阻害薬の適正使用~使用の実際と展望~』
講演Ⅱ
座長:前田内科医院院長 前田和夫先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『循環器医がSGLT2阻害薬に期待する事~カナグリフロジンの有用性を含めて~』
a0152501_1324100.jpg

a0152501_1321175.jpg

by hiramitsu-hc | 2016-02-17 22:18 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite