平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

エノタヴォラ ダ ニコ2

エノタヴォラ ダ ニコにて、名古屋市南区医師会休日急病診療所の懇親会を開催しました。総勢25名で、お店を貸切にしていただき、楽しいパーティーとなりました。このお店は、本当に温かいアットホームな雰囲気のお店です。医師会からの様々な制約がありましたが、私たちのわがままを全て受け入れていただけ、痒いところに手が届くようなサービスを提供していただけました。お料理は、いつものようにとても素晴らしいお料理を、食べきれないくらい出していただき、大満足でした。ニコさんは、少人数でも貸切でも楽しめる素晴らしいリストランテです。

パルマの生ハム美味しかった。本場イタリアのモッツアレラもトロリとした味わいでした。
a0152501_841268.jpg

魚介がふんだんに入れられたサラダです。爽やかな酸味で、ドラモットによく合いました。
a0152501_8412469.jpg

自家製ホカッチャの美味しさで、お店のレベルがわかります。もちろん素晴らしい出来栄えでした。
a0152501_842199.jpg

トリッパの煮込み。ガーリックの味が効いており、フワフワの味わいでした。
a0152501_8422618.jpg

烏賊、鳥のトサカ、きのこ、野菜などのフリッター。サクサクとした感触で、白ワインが進みました。
a0152501_8442396.jpg

一皿目のパスタは、トマトソースのスパゲッティー。イタリアンではガッツリパスタをいただきたいですよね。
a0152501_84678.jpg

二皿目のパスタは、お肉の入ったラビオリ。チーズの風味が効いており、美味しかった。これ最高。
a0152501_8471188.jpg

メインのお肉は、大きな塊を表面をカリッと焼いて中はレアなステーキでした。噛みごたえのあるしっかりとしたステーキで、ルッコラがよく合いました。マウルスのメルローにピッタリでした。
a0152501_8535688.jpg

デザートまで、しっかりといただきました。
a0152501_8483723.jpg
a0152501_84949.jpg
a0152501_8491268.jpg

ワインは、20本飲みきってしまいました。
a0152501_8494439.jpg
a0152501_8495027.jpg
a0152501_8495635.jpg
a0152501_850194.jpg
a0152501_850784.jpg

皆さんに喜んでいただくことができ、大満足でした。
a0152501_8501340.jpg

エノタヴォラ ダ ニコ (Enotavola Da NICO)
TEL:052-325-4565
住所:名古屋市東区泉2-2-30 ヴィアーレジュエリービル 2F
by hiramitsu-hc | 2013-08-31 23:29 | グルメなお話 | Comments(0)

伊東市医師会学術講演会

平成25年8月29日に、静岡県伊東市にて『伊東市医師会学術講演会』が、開催されました。今回の講演会では、立花胃腸科外科 立花正史先生に座長をしていただき、『現代日本人の脂質異常症の現状~UNMET NEEDSを考える~』の演題で、脂質異常症の新しい治療について、解説させていただきました。スタチンが登場した24年前とは、脂質異常症の患者さんの脂質プロファイルが変わってきている印象を受けます。以前よりメタボが増加し、TGが高くHDLが低い症例が増加していると感じます。コレステロールが高ければ、スタチンを投与すれば良いという時代が終わったと思います。今後はスタチンだけでなく、患者さんの病態に合わせて、フィブラート、エゼチミブ、EPA製剤などをうまく使い分けてゆく時代になると実感しています。


伊東市医師会学術講演会
総合司会:立花胃腸科外科 立花正史先生
特別講演
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『現代日本人の脂質異常症の現状~UNMET NEEDSを考える~』

a0152501_07692.jpg
a0152501_071411.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-08-29 23:34 | 講演の案内 | Comments(0)

第54回人間ドック学会

平成25年8月29.30日に浜松にて、『第54回人間ドック学会学術総会』が開催されました。愛知県医師会では、2008年の特定検診開始に先立ち、『NPOあいち』を立ち上げ、特定検診の普及、実地医家の先生方の検診業務の支援を行ってきました。特定検診は、世界でも他に例を見ない、史上空前の規模の検診です。そのデータが5年蓄積されていますので、今回人間ドック学会で発表する運びとなりました。名古屋大学の宮尾 克 教授や愛知学院大学の渡邉 智之先生らのご協力を得て、膨大なデータを解析していただき、第1回目の発表を行いました。膨大なデータから多くのスライドが出来上がりましたが、発表時間はわずか6分でしたので、要点をまとめた発表となりました。今後は、様々な視点からデータを見直して、色々な学会に発表してゆく方針です。特定検診は、メタボを早期からピックアップして、心血管イベントを未然に防ぐことを目的としています。しかし検診を受ける率も、積極支援を受ける率もまだまだ低いのが現状です。今回のようなデータを検討することにより、検診内容や支援の方法を見直して、より良い検診にしてゆく必要がある感じました。
a0152501_05367.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-08-29 17:19 | 講演の案内 | Comments(0)

オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ

久しぶりに、ミッドランドスクエアのオーベルジュ・ド・リル・ナゴヤに伺いました。店内は、品の良さそうな奥様達で満員でした。ランチタイムでしたので、トリンバックのリースリングをグラスでいただきました。2005のビックビンテージであったので期待しましたが、昨日のワインの最後の1杯だったようで、すっかり精気を失っていたのが残念でした。お店の雰囲気は相変わらず、ゴージャスの一言。お料理も、満足できるレベルでしたおので、楽しいランチタイムを過ごすことができました。

La Menu d'Alsace
本日の一口前菜
a0152501_23513978.jpg

a0152501_23515573.jpg

ガスパチョのジュレと冷たいラタトゥイユ
ズワイ蟹と胡瓜のルーロー
a0152501_23521856.jpg

近海マグロのポワレ 赤ピーマンとフォアグラのラヴィオリ
ルッコラのソースとヘーゼルナッツの香り
 本日一押しのひと皿。フォアグラのラビオリとマグロの組み合わせが絶妙でした。
a0152501_2352372.jpg

名古屋コーチン胸肉と生ハムのパン粉焼き
ハーブバターのクロケットと砂肝のサラダ添え
 ハーブのクロケットを割ると、トローリとバターが流れ出ます。それをパン粉や気につけていただきました。
a0152501_23524846.jpg

プレデセール
a0152501_23525729.jpg

クレームブリュレとクエッチのコンポート
エルダーフラワーのソルベ
a0152501_2353855.jpg

カフェ
a0152501_23531928.jpg

小菓子
a0152501_23532928.jpg


オーベルジュ・ド・リル・ナゴヤ
TEL:052-527-8880
住所:名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア42階
by hiramitsu-hc | 2013-08-29 14:19 | グルメなお話 | Comments(0)

3000円以下で感動できるワイン1

Montlouis sur Loire "Mineral+" 2011 Domaine Frants Saumon
モンルイ・シュール・ロワール ”ミネラル+” 2011 ドメーヌ・フランツ・ソーモン

生産地:フランス ロワール地方
品種:シュナン・ブラン 100%

ワインを購入する際は、つい評価の高い赤ワインを買ってしまいます。しかし実際に消費する可能性が高いのは、シャンパーニュか白ワインだと思います。特に夏の暑い季節には、白ワインが飲みたくなります。白ワインの品種はシャルドネかソーヴィニオンブランがほとんどですが、今回ご紹介する白ワインはシュナンブラン100%のテーブルワインです。シュナン・ブラン(Chenin Blanc)は、主にフランスのロワール地方で栽培される白ワイン用品種で、貴腐化する事でも知られています。この品種からはテーブルワイン、スパークリングワイン、甘口ワイン等色々なスタイルのワインが生産されますが、日本にはあまり輸入されていません。ドメーヌ・フランツ・ソーモンの ”ミネラル+” 2011は、2500円で購入できる素晴らしいワインです。トロピカルフルーツのようにフルーティーで、ミネラルも豊富な味わいは、高級ワインにも引けを取らないと思います。安くて美味しいワインを探すのは大変だと思いますが、このワインはオススメの1本です。是非、お試しください。
a0152501_21231658.jpg
a0152501_21232284.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-08-26 21:14 | ワインの話 | Comments(0)

シンジコガ

石川橋から本町通りに移転した『シンジコガ 』に伺いました。このお店は、石川橋では古典的な王道フレンチを楽しませてくれるお店でしたが、新しいシンジコガ は、洗練されたモダンなキュイジーヌを提供するグランメゾンに進化している印象を受けました。まずは、お店が素晴らしい。大理石でできたエントランスから中に進むと、ホテルのラウンジのような贅沢な雰囲気が漂うメインフロアがあります。テーブルや椅子もゆったりしており、リラックスしてお食事がいただけます。テーブルクロスは、真っ白なリネンで、カトラリーは全て銀製のクリストフルでした。これだけの物を揃えるのは、本当に大変なことだと思います。今回は、7名で色々なワインを持ち寄ってワイン会をさせていただきましたが、お料理はどれも素晴らしい内容でした。
a0152501_812347.jpg

a0152501_1010467.jpg

Menu de l'ete
Amuse
メロンとキュウリのソルベ
 変わった組み合わせですが、不思議とマッチしており、メロンときゅうりは親戚なのだなあと感じました。
a0152501_813379.jpg

ムール貝のフィロ包み
 エスカルゴ風に味付けられたムール貝をフィロで包んで揚げてありました。美味しかった。10個くらい頂きたい美味しさでした。1988年のサロンにピッタリでした。
a0152501_8131781.jpg

Entree
鰆と冬瓜とバジルのゼリー、西瓜の泡
 冷たく冷やされたゼリーとバジルがよく合って、夏らしい涼しさを感じるオードブルでした。
a0152501_813332.jpg

オマール海老とフォアグラ
 今日いちのお薦め料理。凍らせてパウダーにしたフォアグラをふりかけていただきます。オマールの濃厚なみそのソースとキノコの味、さらにフォアグラの味が組み合わさって絶妙なマリアージュでした。これ最高。
a0152501_8134855.jpg
a0152501_8135471.jpg

Poisson
本日の鮮魚 太刀魚
 新鮮な太刀魚とソースがよく絡まって、マーカッシンのしっかりしたピノノワールにも負けない味わいでした。
a0152501_814118.jpg

Viande
カラン産鳩のロースト、サルミソース
 ピションをサルミソースでいただくのは初めてでしたが、しっかりとした味わいで、気に入りました。サルミソースが、ラムーリンヌ2000にピッタリでした。
a0152501_814319.jpg

Fromage
本日のフロマージュ
a0152501_8144219.jpg

Avant Dessert
茄子のミルフィーユ
a0152501_815653.jpg

Grand Dessert
ピラミッド
a0152501_8151523.jpg

ドラモットブランドブラン1999、サロン1988、マルトレイコルトンシャルルマーニュ1993、マーカッシンピノノワール2006、ラムーリンヌ2000、モンローズ1975、シャトーセルタン1976、メルローのデザートワインなど沢山のワインをいただきました。
a0152501_820423.jpg


シンジコガ (Shinji Koga)
TEL:052-265-7705
住所:名古屋市中区栄2-4-18 岡谷鋼機 1F
by hiramitsu-hc | 2013-08-24 23:40 | グルメなお話 | Comments(0)

美味しいコーンスープの作り方

夏になると、トウモロコシをよくいただきます。最近のトウモロコシは、甘味のあってとても美味しいものが多くなりました。しかしトウモロコシは自分の養分を消費してしまう植物なので、摘んだその日にいただかないと、どんどん美味しくなくなってしまいます。30本もいただくと、とても食べきれません。我が家では、頂いたその日にコーンスープを作ります。根気のいる作業ですが、簡単ですし、とても美味しいので作り方をご紹介します。
まず、トウモロコシを蒸します。決して茹でないでください。時間は5分くらいで十分
a0152501_1023160.jpg

包丁で、丁寧に実を削ぎ落とします。
a0152501_10231196.jpg
a0152501_10231799.jpg

ミキサーでとろりとなるまで、粉砕します。
a0152501_10233063.jpg
a0152501_10233559.jpg

粗い網から細かい網まで使用して、丁寧に裏ごしします。
a0152501_10234784.jpg
a0152501_10235463.jpg

牛乳と水を温めて、混ぜ合わせれば、出来上がりです。
a0152501_10253772.jpg

小麦粉とバターを炒めて、ポタージュにしても美味しいのですが、コーンの味がやや隠れてしまいます。

残ったスープの素は、凍らせておけば、また次回に美味しくいただくことができます。
a0152501_10262330.jpg

最近流行りの生食用のトウモロコシであれば、生のまま同じ作り方をすればOKです。
簡単ですので、一度作ってみてください。
by hiramitsu-hc | 2013-08-24 15:14 | 趣味のお話 | Comments(1)

高血圧治療戦略の新展開

平成25年8月22日に、一宮市にて『高血圧治療戦略の新展開』が開催されました。この会は、一宮市近郊でご開業されている先生方が集まられる研究会です。今回は私の大先輩の墨医院院長、重村元嗣先生に座長をしていただき、『日本人の心臓・腎臓を守る〜新規ARBの臓器保護作用を含めて〜』の演題で、心血管イベント抑制の重要性について、講演させていただきました。少人数の勉強会でしたが、ゆっくりディスカッションすることができ、楽しい時間を過ごすことができました。
a0152501_792772.jpg
a0152501_793361.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-08-22 23:02 | 講演の案内 | Comments(0)

トウラジョアでのワイン会3

なかなか予約が取れないトウラジョアで、お食事をいただきました。このお店は、1年に1回か2回伺えれば、超ラッキーの予約が困難なお店です。今回は、名古屋大学循環器内科の室原豊明教授ご夫妻、藤田保健衛生大学坂種病院循環器内科の井澤英夫教授ご夫妻、大西内科ハートクリニックの大西勝也先生ご夫妻をお誘いしました。皆さんとごいっしょに、いつもながらに素晴らしい洲本さんのお料理と、美味しいワインを堪能することができました。やはりトウラジョアは、素晴らしいですね。名古屋の食べログで2年以上1位をキープしているだけのことはあります。また、来年伺えることを楽しみにしていますが、予約が取れるでしょうか?

本日のお客様のために
生ウニと男爵芋のカクテル
 礼文島のミョウバンを使用していない生ウニと静岡の三方ヶ原の男爵芋のカクテルです。ウニの味の濃さと、じゃがいもの滑らかさにびっくり、シャンパーニュと最高の相性でした。
a0152501_8435443.jpg

煮穴子のムース
 穴子と鯛のすり身で作ったムースの中に、イワナの卵とキャビアが添えられています。白ポートワインで取ったかすかな甘味を感じる出し汁と一緒にいただくと、素晴らしい味わいでした。
a0152501_845060.jpg

オニオンの冷製スープ
 冷製のオニオンスープ?信じられないスープでした。トロトロのオニオンスープの真ん中には、オニオンのアイスクリームと油を極力排除したベーコンのジュレが乗せられていました。アイスクリームは、お口の中でゆっくり溶かすと、なるほどオニオンスープに変化してゆきます。洲本さんのアイデア満載のひと皿でした。
a0152501_849381.jpg

真蛸と蓮根のクロケット
 蛸と蓮根でねっとりとしたクロケットでした。25年物のバルサミコのソースが良いアクセントでした。
a0152501_8512927.jpg

鮃と鮑の肉巻き
 最高のひと皿でした。ヒラメと鮑を鹿児島の宝物、黒宝豚の肉で包み、むせ返るようなトリュフの香りのスープで煮込んでありました。更にたっぷりのサマートリュフが乗せられており、食べるのがもったいないようなお料理でした。メオカミューゼのクロドブージョにぴったり。
a0152501_854559.jpg

池田牛の昆布風味
 じっくりとドライエージングされた池田牛に薄く削られた昆布を巻いて、58度の低温オイルで火を通したステーキでした。中はピンク色なのにしっかりと火が入っており、最高の味わいでした。ヴァランドロー2001にピッタリでした。
a0152501_8574795.jpg

Mのサラダ

海老ご飯
 部屋中にエビの香りが拡がりました。エビの味噌、海老の身、海老を炒った粉が組み合わされており、さらにオマール海老で取ったスープをかけていただきました。また洲本さん自作のXOジャンをかけると、中華風の味に変化し、2つの味を楽しむことができました。
a0152501_904663.jpg

Coolな蒲萄
a0152501_964824.jpg

ワイン
ポメリー社のプレステージ キュベルイーズ1999
 クリーミーな優しい泡が素晴らしい味わいを醸し出していました。
a0152501_981997.jpg

ドウービサのシャブリ・グランクリュ・レクロ2006
 やや早めでしたが、素晴らしい味わいでした。さすが、ドウービサ。
a0152501_9101329.jpg

メオカミューゼ・クロドブージョ1998
 これ以上はないというくらい素晴らしい最高のブルゴーニュでした。
a0152501_9111360.jpg

シャトー・ヴァランドロー2001
 ヴァランドローは2000年より2001年の方が、出来がいいと思います。濃い色と深い味わいで、お肉によく合いました。
a0152501_912921.jpg

シダービルビンヤードのジンファンデル
 洲本さんが、カリフォルニアから直接買い付けたレアなワインです。スモーキーな風味と心地よい甘味が特徴でした。こんなジンファンデルがあるのですね。
a0152501_9141257.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-08-21 22:29 | グルメなお話 | Comments(0)

蕎麦 春風荘

大好きなお蕎麦屋さん、『春風荘』で、お食事をいただきました。いつもは、春風荘自慢の更科そばと天ぷらをいただくくらいなのですが、今回はお座敷で、ゆっくりとそば三昧の料理をいただきました。このお店は、お料理だけでなく器にもとてもこだわっています。和風の素敵なお皿から、ロイヤルコペンハーゲンやリチャードジノリなどの洋食器も上手に取り入れており、とてもオシャレです。蕎麦屋で美味しいお酒をゆっくり頂くのも粋ですね。

ポップなグラスで生ビールをいただきました。
a0152501_8405589.jpg

あ酒を頼むと、美味しそうな口取りが出されます。奴豆腐、ウニ、穴子、マグロ、数の子など酒飲みの心がくすぐられます。
a0152501_8415083.jpg

かまぼこは、わさび漬けが添えられていました。
a0152501_8434041.jpg

そばがきは、青、赤、黒の三種類から選べます。今回は赤を注文。揚げたてのそばがきにお味噌と温泉卵を付けていただきました。美味しかった。
a0152501_8443026.jpg

このお店の名物料理の卵焼きです。揚げ出し豆腐のような卵焼きで、あっさりとした味わいです。
a0152501_8461257.jpg

こちらは、やや甘口の出し巻き卵で、大根おろしでいただきました。これも美味しい。
a0152501_847837.jpg

4種類の蕎麦味噌です。唐辛子や油味噌など4種類の味が楽しめました。日本酒にぴったり。
a0152501_8593393.jpg

大きくてつやつやのニシンの甘露煮です。お蕎麦屋さんの定番ですね。
a0152501_851137.jpg

鴨とネギの焼き物です。味がよくしみていて、これの日本酒によく合いました。
a0152501_8514731.jpg

穴子の天ぷらです。揚げた後に、わざわざ香ばしくまわりを焼いていただきます。
a0152501_8523251.jpg

春風荘名物の二八蕎麦。更科仕上げで美味しくいただけました。
a0152501_8533396.jpg
a0152501_8534142.jpg

デザートは、そば団子。きな粉とあんこでいただきました。もちもちして美味しかった。
a0152501_8562280.jpg


蕎麦 春風荘 (しゅんぷうそう)
TEL:052-331-5075
住所:名古屋市中区千代田3-31-20 千代田セントラルビル 1F
by hiramitsu-hc | 2013-08-17 22:26 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite