平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

中尾一和教授退任記念祝賀会

 平成25年3月30日に、京都にて京都大学大学院医学研究所内科学教室内分泌代謝内科の中尾一和教授の退任記念祝賀会が開催されました。中尾先生は、松尾先生、寒川先生らとご一緒にANP,BNP、レプチンなど数多くのホルモンを発見された日本を代表する世界的な研究家です。私は心不全の仕事をしていた関係で、中尾教授には以前から公私ともに大変お世話になってきました。今回の祝賀会は、全国から大学教授、政治家、各種企業の会長、社長などなんと600名近くの方々が集まられた盛大な祝賀会でした。私が参加した会の中で最も盛大な会でした。
 始めに向山政志先生から内分泌代謝内科の20年間の業績の紹介がありました。その内容は、夢のあるお仕事で輝かしい業績ばかりでしたので、本当に驚きました。その後スライドを使った中尾先生のご挨拶がありましたが、発表時間10分のところを45分間お話され、幹事の先生方は気が気でない雰囲気でした。しかしお話があまりに素晴らしく、あっと言う間の45分間でした。中尾先生の人生の集大成のようなご講演でしたが、先生が教授就任中に教室の先生方が952編の英文論文が作成され、そのインパクトファクターの平均値は5.2点であったとお聞きして、その偉業にただただ感銘を受けました。また来賓の方々の顔ぶれもすばらしく、京都大学の重鎮の先生だけでなく、衆議院議長の伊吹文明氏、川端達夫氏、谷 公一氏などの政治家の先生方や著名な先生方のお話が十数名も続きました。それぞれが、中尾先生にまつわる楽しいエピソードをご紹介され、楽しい時間を過ごすことができました。今回は退任記念とのことでしたが、まるで中尾先生の新しい門出を祝う会のように活気のある会でした。今日は、中尾先生から沢山の元気をいただくことができました。中尾先生、これからも頑張ってください。
a0152501_1752065.jpg
a0152501_1752914.jpg
a0152501_17522242.jpg
a0152501_17522932.jpg
a0152501_17524247.jpg
a0152501_17524920.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-03-31 17:10 | 趣味のお話 | Comments(0)

The 70th Meeting of Fujita Health University Wine Academy

平成25年3月30日に、ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール でThe 70th Meeting of Fujita Health University Wine Academy が開催されました。この会は、藤田保健衛生大学のワイン会で、前学長の馬嶋慶直先生を顧問として、第4外科教授の前田耕太郎先生を会長として開催されています。今回で何と記念すべき70回目を迎えました。皆さんが自慢おワインを持ち寄って楽しいワイン会となりました。お料理はいつものごとく、最高の味でした。ラーモニーのお料理は何度いただいても飽きることがなく、満足できます。いつこんなワインを買われたのだろうと思うほど、貴重なワインのオンパレードでした。今回はold vintageのLatour 1955、1970、1971が揃いました。またロバートパーカーが100点満点をつけたChateau Mouton Rothschild 1982も出されました。〆のデザートワインには、 Chateau d’Yquem 1981が出され、ワイン通にとっては最高の、至福の時を過ごすことができました。

今回は70回記念ということで、前田先生のご挨拶からスタートしました。
a0152501_751431.jpg

本日のメニュー
小さなアミューズの一皿
a0152501_752491.jpg

クスクスの香草ゼリー寄せと海の幸の前菜
a0152501_7521347.jpg

アスパラガスとリードヴォーのムニエル、オレンジの香り
a0152501_7523170.jpg

桜鯛のブレゼ、シャンピニオンのクリームソース
a0152501_7524350.jpg

フランス産仔牛のロースト、春野菜添え
a0152501_753392.jpg

チーズの盛り合わせ
a0152501_7532292.jpg

デザート
a0152501_7533921.jpg

a0152501_7534793.jpg

a0152501_7541060.jpg

ワインリスト
V. Krug Grand Cuvee Brut Dr. Mishima
a0152501_7544050.jpg

1993 Drappier Champagne Carte D’or Brut Dr. Hiramitsu
a0152501_7544863.jpg

2003 Peter Michael Chardonnay La Carriere Mr. Yasuda
a0152501_7553129.jpg

2002 Altenberg de Bergheim Grand Cru Marcel Deiss Dr. Watanabe
a0152501_755499.jpg

1996 Meursault 1er Cru Maison Leroy Dr. Kato
a0152501_7552141.jpg

1996 Le Montrachet Morey-Blanc Dr. Hiramitsu
a0152501_75730100.jpg

1976 Richebourg Charles Noellat Dr. Sobue
a0152501_7593221.jpg

2006 Chateau Rayas Dr. Maruyama Dr. Kani
a0152501_7595216.jpg

1986 Antinori Solaia Dr. Aoki1998
a0152501_80234.jpg

Barolo Brunate Roberto Voerzio Dr. Kani
a0152501_802065.jpg

1996 Ridge California Montebello Mr. Yasuda
a0152501_803315.jpg

1982 Chateau Mouton Rothschild Dr. Maeda
a0152501_834846.jpg

1955 Chateau Latour Dr. Hachiya
a0152501_832893.jpg

1971 Chateau Latour Dr. Kato
a0152501_83131.jpg

1970 Chateau Latour Dr. Kimura
a0152501_825936.jpg

1981 Chateau d’Yquem Dr. Hachiya
写真を撮り忘れてしまいました
1970 Dow’s Vintage Port Dr. Kimura
a0152501_824364.jpg

みんなで記念撮影
a0152501_861274.jpg

a0152501_86274.jpg

今回は70回記念のお祝いに貝印のソムリエナイフがいただけました。これが大変なすぐれものです。
a0152501_864079.jpg

ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール (L'harmonie de la Lumiere)
TEL:058-215-7285
住所:岐阜市長良丘1-4 メゾンパール長良 5F
by hiramitsu-hc | 2013-03-30 23:30 | グルメなお話 | Comments(0)

割烹なみとせ(上越市)

直江津で有名な割烹料理店『みなとせ』さんにお邪魔しました。このお店は、日本海を一望できる海沿いに立てられた立派な建物の料亭です(今日は夜で海は真っ暗でした)。美味しい海の幸と色々の種類の新潟の銘酒がいただけると伺い、楽しみにしてきました。素敵な女将さんに、海の見える(はずの)立派なお座敷に通していただき、ゆっくりお料理をいただきました。まず、お料理の鮮度とボリュームにびっくり出した。始めの八寸は八寸に収まりきらない内容で、特にいわしのぬたと鯨のおつまみは絶品でした。お造りは、小鯛と真烏賊、甘エビでしたが、鮮度といい、味といい、ボリュームといい、満点でした。のど黒の一矢干しは脂が乗っており、深い味わいでした。筍とヒラメの煮付けも薄味に仕上がっており、日本酒によく会いました。立派な新潟の和牛ステーキも出されました。日本酒にもよく合いましたが、今回は極めて貴重な越乃寒梅の焼酎をいただき、これがステーキにぴったりでした。最近は、日本酒の造り酒屋さんが、米焼酎や、日本酒で作った梅酒などを造っているそうです。お酒も沢山いただき、満足なお食事会でした。
a0152501_1711352.jpg
a0152501_17114037.jpg
a0152501_17114718.jpg
a0152501_17115329.jpg
a0152501_17115825.jpg
a0152501_17125100.jpg
a0152501_17121135.jpg
a0152501_17121613.jpg
a0152501_17122225.jpg
a0152501_17122829.jpg
a0152501_17123563.jpg
a0152501_1712564.jpg
a0152501_1713322.jpg


割烹なみとせ
TEL:025-543-0724
住所:上越市中央5丁目20-40
by hiramitsu-hc | 2013-03-27 23:11 | グルメなお話 | Comments(0)

上越循環器疾患学術講演会

平成25年3月27日に、新潟県直江津市にて『上越循環器疾患学術講演会』が開催されました。この会は、上越市界隈でご開業の先生方が参加される研究会です。今回は、高野内科循環器科クリニックの高野 諭先生に座長をしていただき、慢性心不全の病態の捉え方、新しい治療法などについて、講演させていただきました。この地区は、新潟県ですが富山県に近いため、富山大学病院からも多くの医師が派遣されているそうです。今回も色々なご質問がいただけ、活発なディスカッションが行われました。これからは、心不全患者さんが多くなると思います。実地医家の先生方にも、専門医に負けないような治療を行っていただきたいと願っています。

特別講演
座長:高野内科循環器科クリニック院長 高野 諭 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『高血圧から慢性心不全~β遮断薬を使い分ける~』
a0152501_1710057.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-03-27 21:08 | 講演の案内 | Comments(0)

ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール

久しぶりに家族でラーモニーへ伺いました。突然の予約でしたが、ちょうど1組キャンセルが合ったようで、運よくお邪魔することができました。このお店に伺うと本当にリラックスできます。子供たちも小学生の頃から可愛がっていただいているので、まるで自宅にいるように寛いでいます。今回もいつもの通り最高のお食事をいただくことができました。やっぱりラーモニーは最高のレストランです。

本日のメニュー
小さなアミューズの一皿
a0152501_8205042.jpg

ホワイトアスパラと海の幸の前菜
アスパラの火の通り具合が絶妙でした。フォアグラのテリーヌも最高でした。
a0152501_821395.jpg

グリンピースのスープ
生クリームなどが全く入っていないスープで、まめの味が濃厚でした。
a0152501_8211163.jpg

鮑のステーキと筍の取り合わせ
鮑はふわふわで、さくさくした筍は、春の訪れを感じました。
a0152501_821195.jpg

桜鯛のブレゼとクリームソース
魚料理のソースは大好きなソースですが、クリーミーでコクがあって、1滴残らずいただきました
a0152501_8212745.jpg

メインは選択で
仔羊のロースト
a0152501_8213538.jpg

ハンガリー産マルガリッツアポークのポアレ
ハンガリーの国宝の豚肉で、深い味わいと甘みのある脂身が特徴です。
a0152501_821433.jpg

シャラン産窒息鴨のロースト
a0152501_8215134.jpg

デザート
焼きプリン、ブランマンジェ、オレンジ、グレープフルーツ、パッションフルーツのジュース、果物の盛り合わせ
a0152501_8215987.jpg

フォンダンショコラ、チョコレートケーキとバニラアイスクリーム
特盛りのデザートに子供たちは大満足でした。
a0152501_822730.jpg
a0152501_8221441.jpg
a0152501_8222167.jpg
a0152501_8222818.jpg

シェフには、家族みんながとてもお世話になっています。
a0152501_8223775.jpg


ラーモニー・ドゥ・ラ・ルミエール (L'harmonie de la Lumiere)
TEL:058-215-7285
住所:岐阜市長良丘1-4 メゾンパール長良 5F
by hiramitsu-hc | 2013-03-24 23:57 | グルメなお話 | Comments(0)

アイミクス配合錠新発売記念講演会

平成25年3月23日に名古屋市にて『アイミクス配合錠新発売記念講演会 』が開催されました。最近は、ARBに利尿薬やカルシウム拮抗薬が配合された薬剤が数多く発売されています。名前も用量も沢山あるので、どの薬剤に何がどれだけ含まれているか、分からなくなってしまっている状態だと思います。今回のアイミクス配合錠には、アイミクスHD(イルベサルタン100mg+アムロジピン10mg)とアイミクスLD(イルベサルタン100mg+アムロジピン5mg)の2剤型があります。私は、アイミクスHDの効果に期待しており、外来でも多くの患者様に投与しています。今までのARB+CCB配合錠は、アムロジピン5mgは大半でしたが、アイミクスHDはアムロジピンが10mg含まれており、今のところ最強のARB+CCB配合錠だと感じています。また最近の患者様は、高血圧だけでなく、脂質異常症や糖尿病、心筋梗塞などを合併している症例が多く、5種類以上の薬の飲んでみえるか方も少なくありません。アイミクスHDのような1剤で強力な降圧薬の登場は、薬代の節約、アドヒアランスの向上、高圧目標達成率の向上など、沢山のメリットがありますから、今後は多くの先生方にこれらの配合錠を多用していただきたいと感じています。

Opening Remarks
名古屋市立大学大学院医学研究科 心臓・腎臓内科学 病院教授 大手信之先生
Lecture
座長:総合青山病院院長 森本紳一郎先生
講演1:名古屋市立大学大学院医学研究科 心臓・腎臓内科学 准教授 土肥靖明先生
『あなたはどの血圧値を使いますか?』
講演2:平光ハートクリニック 平光伸也
『アバプロ錠およびアイミクスHD配合錠の高血圧患者に対する有用性』
Special Lecture
座長:藤田保健衛生大学循環器内科教授 渡辺英一先生
縁者:東京大学医学部付属病院臨床研究支援センター教授 山崎 力 先生
『MRに騙されないための大規模臨床試験の読み方ーARBエビデンスを中心にー』
Closing Remarks
藤田保健衛生大学循環器内科教授 渡辺英一先生
a0152501_7565196.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-03-23 20:48 | 講演の案内 | Comments(0)

糖代謝異常合併脂質異常症におけるコレステロール吸収阻害のベネフィット

平成25年3月17日に、横浜市にて『糖代謝異常合併脂質異常症におけるコレステロール吸収阻害のベネフィット』の座談会が開催されました。今回は、順天堂大学の代田 浩之教授に座長をしていただきました。代田教授は、以前からの個人的な意見ですが、日本の循環器内科教授の中で、一番格好いい先生だと思っています。紳士的で優しくて、それでいて日本をリードするアカデミックな先生で、私は代田先生の大ファンです。今回は、糖尿病専門医の産業医科大学の岡田洋右先生と順天堂大学循環器内科の医局員である鈴木伸治先生とご一緒に、糖尿病を合併した脂質異常症患者の治療について、ゆっくりディスカッションする機会をいただきました。私は、食後高脂血症について問題定義させていただき、ご専門の先生方から有益なコメントを沢山いただきました。今後は、脂質異常症だけでなく、糖尿病、高血圧、すなわちメタボリックシンドロームに伴う病態を総括的に治療する時代だと思います。私も循環器医ですが、脂質や糖尿病についての勉強もしっかりしていかなくてはならない時代を迎えたのだと感じています。

司会
順天堂大学大学院医学研究科循環器内科教授 代田 浩之先生

産業医科大学第一内科学講座講師 岡田洋右先生
堀川篁外科内科医院院長 鈴木伸治先生
平光ハートクリニック 平光伸也

a0152501_2033781.jpg
a0152501_2035364.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-03-17 17:27 | 講演の案内 | Comments(0)

Enotavola da NICO(東片端)

名古屋市東区の東片端に先月オープンしたイタリアンレストランEnotavola da NICOにお邪魔しました。このお店は、以前は四谷でイタリアンのお店を営業されていた方が、新しく開店されたお店です。清潔でセンスの良い店内は、とても落ち着ける雰囲気です。イタリアから帰ったばかりの若きシェフ伊差川 葵(まもる)さんとオーナーの岩田雅子さんを中心とした若いスタッフが、頑張っているお店です。今回は、7名でアラカルトで好きなものを沢山注文しました。どのお料理も洗練された印象で、ワインとのマリアージュを楽しみながら、素晴らしいディナーをいただくことができました。このお店はとてもお薦めです。皆さん、是非行ってみてください。
a0152501_6462385.jpg
a0152501_6464168.jpg

ピエモンテ風ポテトのサラダ
a0152501_6471975.jpg

香ばしく焼いたハルコ(アマゴの稚魚)とグリーンアスパラの軽いスープ仕立て
a0152501_6481427.jpg

国産ホワイトアスパラのポーチドエッグ パルマの生ハムを添えて
a0152501_6494230.jpg

トロトロでカリカリ ピエモンテ風の揚げ豚足『バッソア』マスタードのソース
a0152501_651192.jpg

シェフお薦めピエモンテの手打ち、手切りパスタ『タヤリン』春野菜と軽いトマトソース
a0152501_6521545.jpg

グアンチャーレとパンチェッタのプカティーニ白いソースの『アッラグリーチャ』
a0152501_6531747.jpg

ピエモンテ名物の詰め物パスタ アニョロッティ プリン
a0152501_655274.jpg

仏産うずらとルッコラのパッパルデッレ
a0152501_6562490.jpg

骨付き仔羊のすね肉とキャベツを陶器のお鍋でじっくり煮込んだカッスーラ
a0152501_6574826.jpg

富士幻豚のバラ肉の煮込み
a0152501_6584811.jpg

デザートも沢山いただきました
a0152501_6591462.jpg
a0152501_6593030.jpg
a0152501_6593427.jpg
a0152501_6595280.jpg
a0152501_70289.jpg

ワインは、フランチャコルタ、シャンパーニュから始まり、シチリアの白、ブルネノディモンタルチーノなど沢山いただきました。
a0152501_712412.jpg
a0152501_713642.jpg
a0152501_714939.jpg

a0152501_722167.jpg
a0152501_723688.jpg
a0152501_724992.jpg

若いスタッフが頑張っているとても気持ちの良いお店でした
a0152501_73534.jpg

Enotavola da NICO(東片端)
住所:名古屋市東区泉2-2-30ヴィアーレジュエリービルディング2F
TEL:052-325-4565
by hiramitsu-hc | 2013-03-16 23:17 | グルメなお話 | Comments(0)

CSグリル

今月もCSグリルにお邪魔しました。カウンターだけの店内は、本日も満席の状態でした。いつもながらに洗練されたお料理の連続で、どこな和のテイストのあるお料理は、決っしてくどくなく、最後のステーキまで残さずいただけました。またカウンターをはさんで、マダムと色々なお話ができることが、このお店でくつろげる理由だと思います。Csグリルは、何回お邪魔しても、自宅にいるように安心してくつろげるすてきなお店です。また来月もお邪魔しそうです。

今月のメニュー
ローストビーフ(黒毛和牛内股)
新玉葱と鮪の塩麹焼き
菠薐草と鰹節のトマトオムレツ
キャベツのスープ
フォアグラのソテー
烏賊とセロリのベーコン巻き 明太子マヨネーズ
鳥胸肉の海苔包み揚げ
菜の花と油揚げのマスタードソース
黒毛和牛テンダーロインステーキ
箸休めの一品
印度風カレー
季節のデザート盛り合わせ
炭焼コーヒー
a0152501_22124532.jpg
a0152501_22125462.jpg
a0152501_2213153.jpg
a0152501_22131087.jpg
a0152501_22131862.jpg
a0152501_22132657.jpg
a0152501_22133397.jpg
a0152501_22134360.jpg
a0152501_22135076.jpg
a0152501_22135732.jpg
a0152501_2214521.jpg
a0152501_22141217.jpg
a0152501_22141974.jpg
a0152501_22142834.jpg
a0152501_22143670.jpg
a0152501_22144538.jpg
a0152501_22145387.jpg
a0152501_2215064.jpg

by hiramitsu-hc | 2013-03-14 21:57 | グルメなお話 | Comments(0)

四季の味 寿々喜(静岡市)

静岡市でご開業されている宮城島善和先生と賢二先生に『四季の味 寿々喜』に連れて行っていただきました。このお店は、焼津で上がる旬の地のお魚を丁寧に料理して出していただける和食の名店です。大将と女将さんの二人で切り盛りしてみえますが、阿吽の呼吸でレベルの高いサービスを提供しています。また私がワイン好きなことを聞いて、和食でありながらオリーブオイルなどを使用して、ワインに合うテイストに仕上げていただけました。今回は、カメラにSDカードを入れ忘れてしまい写真が撮れなかったのが、とても残念でしたが、お料理は見た目にも味わいも最高のものばかりでした。特にアワビのステーキは、コクのある肝のソースに絡めていただきましたが、とても濃い味わいで絶品でした。残ったソースは、ご飯に皮目ていただきましたが、これがまた美味しかった。ドンペリニョン2002によく合いました。天然のうなぎは塩焼きでいただきましたが、わさびを付けるとシャンパーニュによく合い、胡椒をつけると赤ワインにもよく合いました。オーパスワン2005年は濃くて力強い味わいでしたが、静岡牛のステーキにぴったりの相性でした。デザートは、丹波の黒豆でしたが、透き通ったシロップの味が印象的でした。このお店は素晴らしい。絶対次回も伺います。


四季の味 寿々喜
TEL:054-273-8030
住所:静岡市葵区鷹匠1丁目6-3
by hiramitsu-hc | 2013-03-13 23:59 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite