平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

第4回生活習慣病研究会

平成24年5月31日に岡山市にて『第4回生活習慣病研究会』が開催されました。岡山市内でご開業の先生方が集まられ、生活習慣病に関する勉強を始められたそうです。今回は第4回目でしたが、私からは『脂質異常症のテーラーメード治療』の演題で、脂質異常症の治療法について講演させていただきました。米国ではこの40年間でコレステロールの低下に成功しました。その政策は、子供たちへの教育であったと伺っています。一方、わが国のコレステロール値はどんどん上昇しており、ついに男女とも米国人を追い越す値になってしまいました。またコレステロールの摂取量を年齢別に比較してみると、日本人の子供たちは、米国の子供たちの倍近くのコレステロールを接種しています。このままでは、子供たちの30年後の健康状態がとても心配です。わが国ではメタボリック症候群の方に生活指導をしていますが、なかなか体重が減らせない方が多いようです。今後は、わが国も米国のように子供たちにも食生活の大切さを教えてゆかなければならないと実感しています。21世紀の医療は、治療よりも予防の時代だと感じています。21世紀の日本を支える子供たちの健康を守るのは、我々大人の責任だと思います。
a0152501_10392426.jpg
a0152501_10393291.jpg
a0152501_10393930.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-31 23:12 | 講演の案内 | Comments(0)

名城大学薬学部の講義、臓器移植について

平成24年5月31日、名城大学薬学部の3年生に対して、心臓移植を中心とした臓器移植の講義をさせていただきました。薬学部では、臓器移植の講義はないと思いますが、日本でも少しづつ臓器移植が行われるようになっており、1年度には欧米並みに症例数が増える可能性もあります。そのころ現場に出る予定の学生さんたちにとっては大切な内容であると考え、毎年臓器移植の講義をさせていただいています。薬学部の学生さんはみなさんとても熱心で、最後までしっかり講義を聴いてくださいました。若い学生さんと触れ合うことは本当に楽しいことですね。今から来年の講義が楽しみです。
a0152501_15471354.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-31 10:42 | 講演の案内 | Comments(0)

神奈川県内科医学会学術講演会

平成24年5月30日、横浜シェラトンホテルにて『神奈川県内科医学会学術講演会』が開催されました。神奈川県全域なから内科医の先生方が200名近く集まられ、盛大な研究会となりました。本年4月に動脈硬化性疾患予防ガイドラインが5年ぶりに改訂になりました。まだ冊子としては発売されてていないため、詳細は知りませんでした。今回、ガイドライン作成の中心メンバーである寺本教授から、ガイドラインの改訂内容について、とても詳しくご説明していただきました。以前のガイドラインは、リスクの層別化が相対評価でしたが、今回からは絶対評価が用いられるようになりました。そして低リスクの方はなるべく生活指導で、高リスクの方には強力な治療を、という考えがより明確になった印象を受けました。我々臨床家は、ガイドラインの改訂をしっかり勉強して、ガイドラインに沿った治療を行わなければならず、日々の勉強が大切であると実感しました。とても有意義な研究会でした。

開会の挨拶:神奈川県内科医学会学会長 中 佳一 先生
特別講演Ⅰ
座長:神奈川県内科医学会糖尿病対策委員長 松葉医院院長 松葉育郎先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『脂質異常症のテーラーメード治療〜コレステロールの吸収と合成の制御を考慮して〜』
特別講演Ⅱ
座長:横浜市立大学大学院医学研究科分子内分泌・糖尿病内科学教授 寺内康夫先生
演者:帝京大学医学部 医学部長 寺本民生先生
『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012について』
閉会の挨拶:神奈川県内科医学会学副会長 宮川政昭先生
a0152501_6571642.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-30 23:59 | 講演の案内 | Comments(0)

糖尿病と高血圧を考える会

平成24年5月29日、名古屋ルーセントタワーで『糖尿病と高血圧を考える会』が開催されました。この会は、血圧治療における糖尿病の重要性を考える研究会で、藤田保健衛生大学の石井潤一教授を始め、名古屋市内でご開業の循環器内科の先生方が20名ほど集まられ、活発な意見が交わされました。私は、『糖尿病を合併した高血圧患者の治療法』について講演させていただきました。糖尿病患者さんの血圧コントロールはとても難しく、管理目標に達している症例は10%程度といわれています。しかし、糖尿病は心血管イベントの重要な危険因子となっており、より厳格な血圧管理が要求されています。我々は以前から、名古屋市内でご開業の先生方でチームを構成し、臨床研究を行ってきました。今回は、糖尿病を合併した高血圧患者さんを対象として、患者さんの治療管理向上を目指した臨床研究を計画しています。今後も開業医が集まり、お互いの医療レベルが向上するような研究会、交流会を開催したいと考えています。
a0152501_14413337.jpg
a0152501_14414021.jpg
a0152501_14414694.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-29 23:33 | 講演の案内 | Comments(1)

常滑やきもの散歩道

私は、有田焼や九谷焼などの焼き物が大好きです。とはいっても、なんでも鑑定団にでるような高価なものは1つも持っておらず、普段に使える日常の和食器を少しづつ買い集めています。今日は、以前から一度行ってみたかった常滑のやきもの散歩道に伺いました。天気の良い日曜日のためか、大変な人出で、駐車場は満員状態でした。陶磁器会館でやきもの散歩道マップをいただき、コースに従いゆっくり町並みを楽しみました。個人の陶芸家が古い民家を改造してギャラリーを開いてみえ、沢山の個性的な作品が展示されていました。お洒落なカフェがあるお店も多く、コーヒーの良い香りが広がっていました。建物は古いものが多く、見ているだけでとても楽しめます。廻船問屋の濱田家は、江戸時代から江戸前寿司に使われたお酢などを船で運んでいたそうで、当時の建物がそのまま保存されており、市指定文化財に指定されています。坂道の石垣や家の石垣には、古い常滑焼の壷が利用されており、なかなか良い景観となっています。この風景は常滑でしか見られないと思います。大きくて古い登窯も保存されており、中までゆっくり見学できました。いつもは高速道路でセントレア空港へ直行してしまいますが、その途中の常滑にこんな素敵な場所があったことに気づきました。これからも古い町並みを大切に保存していただきたいですね。
a0152501_1641719.jpg
a0152501_1641138.jpg
a0152501_16412087.jpg
a0152501_1641263.jpg

a0152501_17123332.jpg

a0152501_16413986.jpg

a0152501_17125287.jpg

a0152501_1713113.jpg

a0152501_16414627.jpg
a0152501_16415349.jpg

a0152501_1644537.jpg

a0152501_1642028.jpg
a0152501_1642833.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-27 16:40 | 趣味のお話 | Comments(0)

活魚料理まるは食堂旅館

知多半島は豊浜にある『活魚料理まるは食堂旅館』に伺いました。日曜の朝だったので電話で予約しようとしたところ、電話での予約は1ヶ月前でないと無理といわれました。当日は、朝10時30分から開店で、11時過ぎると入れないと思いますyとのこと。えー、そんな人気店なの。遅れを取らないように10時15分に入店。お店のロビーには既に50人以上のお客さんが並んでみえました。予約帳に自分で記名すると、17番目でした。でも開店時にはお席に案内されました。店内はとても広く、きれいな海が見渡せ開放感と清潔感があり、好感が持てました。メニューを見ると、有名な巨大エビフライ、渡り蟹、お刺身、海老の塩焼き、魚の塩焼き、伊勢えびのお造りなどを組み合わせた定食が何種類か乗っていました。皆さん朝一から、ジョッキで生ビールを飲みながらフルコースを召し上がってみえました。すごい!我々は朝からとても食べられないので、コウイカの生け造り、げそのから揚げ、巨大エビフライを単品で注文していただきました。イカは向うが透けて見えるほど透明で、確かに美味しくいただけました。巨大エビフライも本当に大きく、大きいだけでなくプリプリした食感がなかなかでした。お腹満腹になりました。11時には店内は満席で、1時間待ちと書かれていました。それにしてもどうしてこんなに人気があるのでしょうか?まるは食堂あっぱれ。
a0152501_16393588.jpg
a0152501_1639414.jpg
a0152501_16394743.jpg
a0152501_16395542.jpg
a0152501_1640183.jpg
a0152501_1640868.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-27 11:27 | グルメなお話 | Comments(0)

魚太郎

知多半島にある海鮮市場の『魚太郎』は、とても大きなお店で品数も多く買い物しやすいので、よく利用します。今日は、天気の良い日曜日のためか、駐車場に入れないほど込み合っていました。今日は、特大のサバの開きを買いました。脂がのっていてとても美味しそうです。鮮魚店では、本日一押しのムロアジをいただきました。その他、いつもの定番のアナゴの干し物、塩抜きあさり、アジの開きなどを購入しました。最近は、家ではほとんどお肉は食べないようにしているので、沢山仕入れてもすぐなくなってしまいます。南知多は、名古屋からはちょっと距離がありますが、今日のような天気がいい日にはドライブがてらに伺うのもいいものですね。
a0152501_16255819.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-27 10:19 | グルメなお話 | Comments(0)

壺中天2

名古屋新栄のMAZAKビルB1Fに『壺中天』はあります。今回は、いつもお世話になっている有馬先生と大西先生とご一緒に伺いました。オードブルは、ウドのフリッターに生ハムが乗せられたもの、トウモロコシのムース、蛤が組み合わされており、シャンパーニュやサンセールととてもよく合いました。伊勢エビのスープは、濃厚でとても深い味わいでした。志摩観光ホテルのラ・メールにも負けない味でしたよ。フランス産の鳥のもも肉のテリーヌ、身をすりつぶしてフォアグラを巻いたテリーヌ、レバーのムースの組み合わせで、下にひかれたジュレと一緒にいただきました。アンリグージョのニュイサンジョルジョによく合いました。お魚は、キンメダイのソテーでしたが、ソースの味が絶妙で、濃厚なワードリームスにピッタリでした。2007年のワードリームスは、モンラッシェのような香りがしました。メインは、オーストラリアの子羊でしたが、脂がのってジューシーで、ミトロのシラーズに負けない味わいでした。今回は、お料理とワインをたっぷりと堪能させていただきました。
a0152501_15381373.jpg
a0152501_15385424.jpg
a0152501_15382960.jpg
a0152501_15391195.jpg
a0152501_15384416.jpg
a0152501_15392792.jpg

Chartogne-Taillet Sinte Anne Bruit
 ジャックセロスの下で修行された方が作られたシャンパーニュだそうです。セパージュは、ピノノワール%、シャルドネ40%で、爽やかななかにも深い味わいがありました。
a0152501_1539149.jpg

Isabelle et Pierre Clement Chatenoy Menetou-Salon 2010
a0152501_15394263.jpg

JERMANN WERE DREAMS 2007
a0152501_15391465.jpg

Henri Gouges Nuits St Georges Les Saint Georges 2002
a0152501_15395581.jpg

MITOLO 2003 Shiraz Mclaren Vale
a0152501_15392786.jpg
a0152501_1540113.jpg
a0152501_15394474.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-26 23:56 | グルメなお話 | Comments(0)

『今』求められる高血圧治療

平成24年5月26日に、ウェスチンキャッスルホテルにて学術講演会『今』求められる高血圧治療が開催されました。今回は私が座長をさせていただき、特別講演1にて大西内科ハートクリニック院長、三重大学大学院循環器内科客員准教授の大西勝也先生から、『高血圧治療で何か抜けていませんか?』の演題で、ご講演いただきました。患者さんの血圧が下がらないと、つい降圧薬を追加してしまいますが、血圧が低下しないことの理由の第一は、患者さんの飲み忘れであることをお示しいただきました。降圧薬を安易に増やすのではなく、適切なカウンセリングや、忘れにくく飲みやすい処方を心がけることが重要であることを教えていただきました。特別講演2では、近畿大学医学部腎臓内科教授の有馬秀二先生から『24時間にわたる厳格な血圧管理を目指した降圧療法』の演題で、高血圧ガイドラインの内容をわかりやすく解説いただき、各種降圧薬の降圧の特徴について、解説していただきました。ARBやCCBは昼間の血圧を下げる薬剤で、サイアザイド利尿薬は、夜間血圧を下げる薬剤であることを教えていただきました。この他にもあすからの診療に役立つ内容のお話を沢山伺うことができました。
a0152501_15264079.jpg
a0152501_1526494.jpg
a0152501_15265435.jpg
a0152501_1527271.jpg
a0152501_1527734.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-26 21:36 | 講演の案内 | Comments(0)

カーブ ド ギャマン エ ハナレ

白金の閑静な住宅街に『カーブ ド ギャマン エ ハナレ』はあります。このお店は、なかなか予約が取れない超人気店だそうで、本日も満席状態でした。通常フランス料理店は午後11時くらいで閉店ですが、カーブ ド ギャマン エ ハナレは午前2時まで開いているので、今回のように仕事で遅くなったときなどに利用しやすいお店です。10時近くに伺いましたが、店内は満席で活気にあふれていました。店内に入るだけでいい感じが伝わってきました。お料理は、見た目は和食なのですが、実はフレンチという創作料理で、お箸でいただけます。始めにトウモロコシとフレッシュチーズで作られたムーズに生うにが乗せられた1皿が出されました。トウモロコシの甘さとチーズの風味が交じり合い、絶妙な味わいでした。これはうまい!最初から感激できました。その後もイカとトマト、かつおとしょうが、グリーントマトと生ハムのフリッター、鱸の塩焼きにハーブバターなど色々な組み合わせで意外な味わいを楽しませていただけました。メインは豚のソテーでしたが、付け合せにフレッシュな粒からしの実が添えられており、プチプチとした初めての食感でした。ワインのラインナップのすばらしく、シャンパーニュ、ソービニョンブランから始まり、ラブノーのシャブリ、アンリグージョのニュイサンジョルジョ、ポンソのチャペルシャンベルダンと一流どころのワインを沢山いただけました。デザートも色々そろっており、小豆のミルフィーユやマンゴーのヨーグルトなど美味しいデザートを色々といただけました。東京にお邪魔した際には、是非また伺いたいすばらしいお店です。
a0152501_9574353.jpg
a0152501_9574912.jpg
a0152501_9575690.jpg
a0152501_958288.jpg
a0152501_958776.jpg
a0152501_9581562.jpg
a0152501_9582160.jpg
a0152501_9582787.jpg


東京都港区白金5-5-10 B1F
TEL:03-5420-3501
a0152501_9593592.jpg
a0152501_9594133.jpg
a0152501_9594818.jpg
a0152501_100049.jpg
a0152501_100987.jpg
a0152501_1001783.jpg
a0152501_1002520.jpg
a0152501_1003230.jpg

by hiramitsu-hc | 2012-05-23 23:56 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite