平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

β遮断薬の真のパラダイムシフト in Siga

9月29日滋賀県草津市の草津エストピアホテルにて『β遮断薬の真のパラダイムシフト in Siga』が開催されました。特別講演1では、滋賀医科大学内科学講座呼吸循環器内科教授 堀江 稔 先生の座長の下で、高橋先生から心房細動についての講演がありました。特に印象的だったことは、心房には血管と同様に血管内皮細胞が存在しており、心房の心内膜細胞に肥大や配列の乱れが生じると、動脈硬化と同じように単球の接着や心内膜細胞下への進入が生じ、動脈硬化のような線維化を形成するという内容でした。心房細動を発症する患者の背景を考えると、非常に理にかなった理論であると感心しました。今後の更なる研究の進展が楽しみです。豊郷病院病院長の蔦本尚慶先生は、最近まで滋賀医科大学の循環器内科にみえた先生で、心不全特に、BNPなどの生化学的マーカーの研究で世界的に有名な先生です。私も大学在学中には数多くのご指導をいただきました。今回は、光栄にも蔦本先生に座長をしていただき、下記の内容の講演をさせていただきました。β遮断薬は最近注目されている薬剤であるため、会場に参加された先生方から様々なご質問をいただきました。

特別講演1
座長:滋賀医科大学内科学講座呼吸循環器内科教授 堀江 稔 先生
演者:大分大学医学部臨床検査診断学講座潤教授 高橋尚彦 先生
『心房細動治療におけるβ遮断薬の役割』
特別講演2
座長:豊郷病院病院長 蔦本尚慶 先生
演者:平光ハートクリニック 平光伸也
『高血圧から慢性心不全 ~β遮断薬を使い分ける~』
a0152501_15211546.jpg
a0152501_15212362.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-29 23:58 | 診療のご案内 | Comments(0)

EWTOPIA75、EWTOPIA75-Kyushu

9月28日名古屋駅のニューグランドホテルにて第4回EWTOPIA75-Kyushu試験検討会が開催されました。WTOPIA75は、日本老年学会が主催する医師主導の大規模臨床研究です。本研究は、後期高齢者を対象としてエゼチミブによるイベント抑制効果を世界で始めて検証する研究ですが、このジャンルには全くエビデンスがありませんから世界中から注目されています。しかし、日本ではなかなか大規模臨床試験が進行しないのが現状で、本試験も症例登録に少し苦戦しています。目標症例は6000例ですが、まだ3000例のエントリーしかありません。期限が2011年12月31日ですので、関係者の先生方は最後の追い上げに努力されています。今回は、日本老年学会の会長で東京大学加齢医学講座教授の大内尉義教授と、日本動脈硬化学会理事長で京都大学名誉教授の北 徹先生という超大物ゲストをお招きして、大変贅沢な研究会が開催されました。この会はクローズの研究会で、EWTOPIA75-Kyushu試験にご参加を表明された先生だけをご招待しておりますので、20名程度のこじんまりとした研究会でしたが、内容はとてもアカデミックで、大内教授からは『長寿遺伝子Sirt1(サートワン)と動脈硬化』の演題で動脈硬化の進展に影響の及ぼす遺伝子についてお話を伺いました。また北先生からは『動脈硬化研究の歩み』の演題で、脂質異常症が、動脈硬化に及ぼす影響や病態について、非常にわかり易く解説していただけました。北先生は大変偉い先生ですがとてもフランクな先生で、検討会の司会もお願いしましたが和気藹々とした雰囲気で会を進行していただけました。検討会では、EWTOPIA75、EWTOPIA75-Kyushuの概要と進捗状況について詳しいお話がありました。今後は、国民の高齢化がすすみ、動脈硬化性疾患が急増すると考えられています。我々も高齢社会に備えた医療の体制作りが必要であると感じました。
EWTOPIA75、EWTOPIA75-Kyushuは、症例登録を募集中です。ご興味のある先生は、是非ご参加下さい。先生方のご参加を心よりお待ちしています。

a0152501_8331184.jpg
a0152501_8332036.jpg
a0152501_8332694.jpg
a0152501_8333530.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-28 22:29 | 講演の案内 | Comments(0)

β遮断薬の真のパラダイムシフト

9月27日に浦和ロイヤルパインズホテルにて『β遮断薬の真のパラダイムシフト』が下記のプログラムで開催されました。大学病院勤務の若い先生から市内でご開業の循環器専門医の先生まで、多くのの先生方がご参加され盛大な研究会となりました。特に循環器ご専門の先生方からβ遮断薬の細かい値用方法などについてご質問いただき、有意義なディスカッションをすることができました。また山下武志先生のご講演は本当にすばらしく、心房細動の考え方、治療方法などしっかり教えていただくことができました。さすがは、心臓血管研究所付属病院の院長先生ですね。感動しました。今後、心房細動の治療方法はかなり変化すると思われます。我々もエビデンスを重視して、患者様ひとりひとりにあった治療法を選択してゆく必要があると感じました。

Opening Remarks
済生会栗橋病院院長 遠藤康弘先生
特別講演1
座長 独協医科大学越谷病院 循環器内科教授 酒井良彦先生
演者 平光ハートクリニック 平光伸也
『高血圧から慢性心不全』~β遮断薬を使い分ける~
特別講演2
座長 自治医科大学付属さいたま医療センター 循環器科教授 百村伸一先生
演者 財団法人心臓血管研究所 所長 付属病院院長 山下武志先生
『Revolusion! 心房細動に出会ったら』
a0152501_16224611.jpg
a0152501_16225434.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-27 21:45 | 講演の案内 | Comments(0)

フレンチレストランLUXOR(ルクソール)

千種区日進通りの丸山交差点にフレンチレストランLUXOR(ルクソール)はあります。以前から丸鮨はよく利用していましたが、このお店には気付きませんでした。レストランとは思えないほどシンプルなお店です。店内はテーブル2つとカウンターですので、ビストロの感覚ですが、お料理は素晴らしく斬新的なフレンチ料理のフルコースでした。アミューズには、ベーコン風味の甘くないアイスクリームが使われており、薦めていただいたT.M.Gobillard 2006のシャンパーニュにぴったりの味わいでした。1皿目のオードブルはサーモンのコンフィーでしたが、お店のスペシャリテのようで20種類以上の野菜が使われていました。サラダ自立てでとてもヘルシーで好感が持てました。2皿目のオードブルはフォアグラの料理でしたが、白ワインで煮た洋梨と赤ワインで煮た洋梨が添えられており、バルサミコのソースと絡めていただくと素晴らしい味わいでした。Chateau Rieussec 2005に合わせていただきました。お魚はオマールでしたが、その火の通り具合が絶妙で、プリプリの食感が忘れられない1皿でした。メインは、珍しいタンの料理でした。柔らかいタンに濃厚なソースとパリパリのパイを載せていただくとたまらない味わいでした。Chateau Gomerie 2002とよく合いました。どのお料理も心に残るものでした。これだけのお料理と心地よいサービスをチェフとマダム?の2人だけで提供していることは、驚異的だと思います。今後とても人気が出るお店だと思います。次回は、カウンターでシェフの仕事ぶりを見ながら、お料理を味わいたいと思っています。
a0152501_8405827.jpg
a0152501_841935.jpg
a0152501_8411892.jpg
a0152501_8412585.jpg
a0152501_8413378.jpg
a0152501_8414120.jpg
a0152501_8414978.jpg
ワイン
T.M.Gobillard 2006
Bollinger Rose
Domaine de Chevarier 2001
Domaine Paul Blanck Riesling 2007
Chateau Rieussec 2005
Aubon Climat Santa Barbara Country PINOT NOIR Los Alamos Vineyard
Chateau Gomerie 2002
a0152501_8415850.jpg
ルクソール (LUXOR)
TEL 052-734-3640
住所 愛知県名古屋市千種区日進通 3-20 シャンポール丸山 1F
営業時間 11:00-14:00 (L.O)
18:00-22:00 (L.O)
定休日 毎週月曜日 / 第1・第3火曜日
by hiramitsu-hc | 2011-09-24 23:57 | グルメなお話 | Comments(0)

しまばら温泉 ホテル 南風楼

長崎県島原市は、熊本の対岸の有明海に面した海沿いに位置しており、人口5万人程度の小さな町です。ホテル 南風楼は美しい海岸線に立っています。綺麗なお庭があり、波の音を聞きながら散歩することができます。また時には猿やうさぎがやってくるそうです。露天風呂からは、有明の海が一望できてとても気持ちよく入浴できました。また朝6時には熊本の向こうから上がる朝日を見ることもできました。とても素晴らしい景色でした。
a0152501_1724571.jpg
a0152501_173158.jpg
a0152501_173936.jpg

しまばら温泉 ホテル 南風楼
〒855-0802 長崎県島原市弁天町2-7331-1
Tel.0957-62-5111/ FAX. 0957-63-7878
by hiramitsu-hc | 2011-09-23 06:30 | 趣味のお話 | Comments(0)

呉竹(小料理)

島原市の繁華街に小料理屋の呉竹があります。小さなお店ですが、島原で一番のお店だそうです。72年前に建てられた古い建物は、とても情緒があり、建物と同じ年の大女将さんと女将さんが優しく迎えてくれました。まず驚いたのは、店先の生簀に見たことがないほどの巨大な鱧が3匹いたことです。体長1m以上の大きさで、恐ろしい顔をしていました。性格は凶暴で指を食いちぎるほどだそうです。その巨大な鱧を3人で食べるというのですからまたびっくり。鱧と言えば、小骨を骨引きして茹でてから、梅肉をつけて数切れいただくのが普通ですので、こんな巨大な鱧を3人でどうやって食べるのでしょうか?案の定、はじめに出されたお皿は、これまた巨大なお皿で10人まいは楽にある量でした。しかしさっぱりしているのでいくらでもいただけ、ほとんど食べてしまいました。さらに鱧の揚げ出しとかまの煮付けをいただきました。この煮付けはさすがに食べきれない量でした。その他、馬刺しが最高の味でした。有明海の向こうは熊本ですので、良い馬刺しが入ってくるそうです。油が多そうでしたが、あっさりしており、ぺろりといただけました大きな平目とアジのお造りもいただきましたが、ヒラメのシッポがピクピクと動いてとても新鮮でした。その他、ほうれん草の胡麻和えやゴーヤの酢漬けをいただきました。お酒は熊本の香露の大吟醸、焼酎は珍しい赤霧島をいただきました。お座敷で美味しいお魚をゆっくり頂くことができ、大満足でした。
a0152501_17503763.jpg
a0152501_17504749.jpg
a0152501_17505671.jpg
a0152501_1751260.jpg
a0152501_1751955.jpg
a0152501_17512795.jpg
a0152501_17513782.jpg
a0152501_17514547.jpg
a0152501_17515464.jpg
a0152501_1752089.jpg
a0152501_1752932.jpg

呉竹 (小料理)
TEL 0957-63-4358
住所 長崎県島原市新町1丁目481-1
by hiramitsu-hc | 2011-09-22 23:54 | グルメなお話 | Comments(0)

島原市医師会学術講演会

9月22日に長崎県島原市の南風楼で、島原市医師会学術講演会が開催されました。今回の研究会は、市内の病院に勤務してみえる先生、ご開業の先生やコメディカルの方々が対象で、69名もの先生が集まられました。『高血圧から慢性心不全へ』の題名で、心不全の病態の理解と治療法の実際について解説させていただきました。若い先生のご参加も多く、多くのご質問をいただきました。日本ではまだ心不全の治療が十分行われていないのが現状です。今後も心不全の治療を発展させるために、全国で講演させていただきたいと思っています。
a0152501_12563111.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-22 20:46 | 講演の案内 | Comments(0)

スペイン料理 Restaurante LA FUENTE

中区泉オレンジタウンの南にスペイン料理 Restaurante LA FUENTEはあります。同じビルの2Fで、Bar Rananoというバルと、La Ventaという落ち着いたラウンジも経営されています。名古屋でスペイン料理をいただくことはほとんどありませんので、期待して伺いました。お店はテーブル3つのこじんまりしたサイズで、とても清潔感のあるお店でした。今回はコース料理をいただきました。スープは、トマトにクミンで香り付けし、メロンと生ハムが乗せられていました。味わいはクミンが入っているので、カレー風味で今までに味わったことのないスープでした。スペインでは古くからある味付けだそうです。特筆すべきはパエージャとメインのお肉です。まずパエージャは渡り蟹を1匹使ったものでしたが、とにかく味が濃く美味しかった。次回は3種類くらいパエージャをオーダーしたいと思います。メインの肉にも驚きました。牛ロースはdry Aging Beefといって肉の表面に酵母をつけて5週間も熟成させたものだそうです。そのためか気持ち水分が飛んだ干肉のようになっており、ステーキするととても凝縮された味わいで、これはうまかった。イベリコ豚のソテーも出されましたが、脂身に甘みがありとても味わい深いものでした。スペイン料理でこれだけレベルの高いお料理がいただけるとは、正直なところ思っていませんでした。となりのバルは本日か仕切り満員状態でしたが、わいわいガヤガヤした良さげな雰囲気でした。次回は是非バルにもうかがいたいと思います。

Menu degustacion
クミン風味のトマトスープ
お肉の前菜盛り合わせ
マナガツオのムニアル、海の香りをたっぷり添えて
渡り蟹のパエージャ
5週間熟成の牛ロースとイベリコ豚の炭火焼
本日のデザート
エスプレッソ
a0152501_10572258.jpg
a0152501_10573080.jpg
a0152501_10573883.jpg
a0152501_10574814.jpg
a0152501_10575546.jpg
a0152501_1058381.jpg
a0152501_10581153.jpg
a0152501_10581716.jpg
a0152501_10582569.jpg

〒461-0001
名古屋市東区泉1-17-38 38BLD2F-4
電話:951-0512
by hiramitsu-hc | 2011-09-18 23:59 | グルメなお話 | Comments(0)

小田和正コンサート

9月17日、18日の2日間、ナゴヤドームで『KAZUMASA ODA TOUR 2011 どーもどーも』が開催されました。小田和正のコンサートには一度も行った事がなかったのですが、高校生時代よりオフコースはよく聞いていましたし、あの透き通るような歌声は他では聞けませんので、今回は期待に胸を膨らませて出かけました。観客は4万人以上でしょうかドームは満席の状態で、とても活気がありました。想像通り観客の3分の1くらいは、僕たちと同年代かそれ以上のご年配の方でしたので、気兼ねなく参加できました(以前息子にせがまれて東京まで出向いたパヒュームのコンサートはさすがに肩身の狭い思いでしたので..)。驚いたのは、若い人たちもとても多かったことです。小田和正さんは今年で64歳になられるそうですが、これだけ若い人たちに人気があることはすばらしいなと感心しました。オフコース時代の懐かしい曲から最近の曲まで、多くの曲が披露されました。当時の曲を聴くと、自分が若かった頃が思い出され、とても懐かしくいい気分になれました。ドームのアリーナ席にはドーム全体を走り回れるように花道が作られており、小田さんはコンサートの間中会場を走り回っていました。その足取りの軽快さはすばらしく、とても64歳とは思えない元気さでした。歌声も若い頃と全く変わっておられず、体やのどにはとても気を使って、ケアしてみえるのだろうなと思いました。コンサートは2時間半くらい続きましたが、終了後もファンからのアンコールにこたえ、3回も登場してくださり、沢山のアンコール曲を聞かせてくれました。とてもファンの皆さんを大切にしている印象を強く受けました。音楽やスポーツは、多くの人たちに大きな力を与えることができるので、すばらしいと思います。今回コンサートに参加された方々も多くの力をもらったと思います。私もいいおっさんになりましたが、小田さんをみたら、まだまだ元気で若い人たちといっしょになって、がんばらないといけないなと思いました。今回のコンサート参加して本当に良かったと思っています。
a0152501_10412050.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-18 20:20 | 趣味のお話 | Comments(0)

脂質異常症を考える会

9月13日、金山の全日空ホテルにて脂質異常症を考える会が開催されました。この会は、藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院循環器内科教授の井澤英夫先生が同門の先生方を集められて企画された研究会でした。研修医の先生や医局の先生など若い先生方を中心に24名が参加されました。和気藹々とした雰囲気の中で、脂質異常症の病態や治療などについて、ゆっくりディスカッションすることができ、とても楽しい時間をすごすことができました。やはり若い先生に沢山参加していただけると、会が盛り上がりますね。
a0152501_10481796.jpg

by hiramitsu-hc | 2011-09-13 22:39 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite