平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

西麻布の隠れ家 寿司の『拓』

 西麻布から青山に抜ける路の奥に『拓』はあります。店内には、カウンターとカウンター付きの個室があり、落ち着いた雰囲気でお寿司がいただけます。お料理は、大将がお刺身や焼き物などを少しづつ何種類も出してくれます。お寿司はきっちりと仕事がされた江戸前寿司で、1貫づつ出されましたが、どれもとても美味しくいただけました。このお店の特徴は、かわいいソムリエールが料理に合うワインを勧めてくれるところです。今日はブランドブランのシャンパーニュと、ヴォコレのシャブリグランクリューブランショ2006をいただきました。日本酒もとてもいい物がそろえられており、〆はり鶴と、十四代をいただきました。拓は深夜1時まで開いているので、夜遅くて名古屋に帰れない時などでも利用できるお店です。
a0152501_9281833.jpga0152501_9282762.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-12-28 23:26 | グルメなお話 | Comments(0)

仙台市の話題のフレンチレストラン 『拓』

仙台市青葉区の旧東急ホテルの裏にレストラン『拓』はあります。拓のシェフ、樋口 拓さんは、仙台の有名店シェパパで10年以上修行をつんだ後に、ソムリエールの奥様と一緒に『拓』を開店されたそうです。お店は連日の満員で、なかなか予約が取れないそうですが、今回はワインの達人で古川で歯科医院をご開業の藤原先生ご夫妻にご招待いただきました。清潔でこじんまりとした店内には、一流店にありがちな心地よい緊張感が漂っており、若いスタッフが力を合わせて、頑張っているお店という印象でした。10名のテーブル席、6名の個室と数名のカウンター席という目の行き届くサイズの店内で、カジュアルでありながらしっかりとしたフランス料理がいただけました。オードブルでは、仙台でとれた帆立貝や海老がフレッシュなソースと伴に出されました。またフォアグラのポアレ黒米添えやシャラン産の鴨のソテーも絶品でした。今回は藤原先生に、1986年のシャトーペトリュスと1983年のシャトーパルメをご馳走になりました。ぺトリュスは最高のコンディションで、トリュフのような森の香りがし、生涯忘れられない味わいでした。フォアグラ、デザートといただいた1998年のシャトーイケムもなかなかの味わいでした。今回は、カメラがなく文章だけで残念でした。
レストラン拓は、また仙台に伺った際には是非訪れたいレストランです。

Restaurant 拓
TEL 022-211-5775
住所 宮城県仙台市青葉区一番町2-10-1 グランディS 1階
by hiramitsu-hc | 2010-12-18 23:03 | グルメなお話 | Comments(0)

薬剤師のための臨床医学セミナー in 東北

12月18日に仙台市ホテル仙台プラザにて『薬剤師のための臨床医学セミナー in 東北』が開催されました。最近の医療は高度で複雑化し、薬剤情報の提供も大変な時代となりました。院外処方も増えており、薬剤師の先生方のふたんがどんどん増えています。そのため最近は薬剤師の先生方を対象とした研究会が数多く開催されています。今回の研究会は心血管専門医により治療薬の処方の意図を紹介する内容でした。下記のプログラムで行われましたが、私は最近心不全の治療にも用いれれるβ遮断薬の話題をご紹介しました。100名以上の薬剤師の先生方が参加され、とても盛大な研究会でした。また当日は、ホテル前の道路でとても美しい大々的なイルミネーションが行われており、大渋滞でした。

プラグラム
演題1 『閉塞性動脈硬化症の診断と治療~楽物療法を中心に~』
    東京医科大学血管外科 駒井宏好潤教授
演題2 『β遮断薬を使い分ける~イベント抑制を目的にβ遮断薬を処方する~』
    平光ハートクリニック 平光伸也
演題3 『大規模臨床試験のピットホール~RA系抑制薬のエビデンスを再考する~』
a0152501_2313742.jpga0152501_231495.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-12-18 22:46 | 講演の案内 | Comments(0)

名古屋を代表するグランメゾン ミクニ名古屋

 名古屋駅前は、背の高いビルが次々と建設され、ずいぶん雰囲気が変わりました。ファッションやショッピングの中心も栄から名古屋駅に移りつつある印象を受けます。ビルの建設に伴い、有名なレストランもずいぶん増えました。東京や海外の有名店がいくつか支店を構えましたが、私はミクニ名古屋が一番すばらしいと感じています。落ち着いた店内、レベルの高いお料理、なんと言ってもいつ伺っても安心できるサービスは、他店の追従を許さない感じがします。
 今回は、妻と2人でランチをいただきました。特にお魚料理の『鱸と北アカリ(ジャガイモ)のピューレ、ポワローのアラクレーム、カプチーノ仕立て』は絶品でした。鱸はふわふわで、トリュフ風味のねぎのソースと絶妙な組み合わせで、今までいただいた鱸の料理の中で一番美味しくいただけました。グランメゾンでのお食事の楽しみの1つは、ワゴンでサービスされるデザートです。種類もとても多く、色々いただくことができました。今回も満足なお食事ができました。やはりミクニ名古屋は、名古屋を代表するグランメゾンだと思います。
a0152501_11184599.jpga0152501_11185315.jpga0152501_1119496.jpga0152501_11191160.jpg






a0152501_11265378.jpga0152501_11274336.jpga0152501_1127511.jpga0152501_1128163.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-12-14 23:13 | グルメなお話 | Comments(0)

羽田空港で一流の江戸前寿司 寿司幸

羽田空港で一流の江戸前寿司 寿司幸

 空港ではそれほど美味しいものが食べられる機会は少なく、お腹を膨らませるのが目的の食事となる場合が多いですね。しかし羽田空港の第一ターミナルにある羽田寿司幸は違います。このお店は銀座の有名店寿司幸の姉妹店で、落ち着いたお店で空港の景色を見ながら、すばらしいお寿司がいただくことができます。飛行機の乗り継ぎの際や、海外への出発前、帰国直後などにちょっと寄って、美味しいお寿司をいただくのに最適だと思います。今回は、カウンターで生ビールを飲みながらおまかせの握りをいただきました。大将の素敵なトークとともに新鮮なネタで握られた美味しいお寿司がテンポよく、出されました。

江戸前で取れた皇イカ
肝の切り身の乗ったカワハギ 絶品!
中トロ
関サバ 薄切りの切り身を2枚重ねて 美味しい!
カンパチの皮を焼いて握りで。ぱりぱりして美味しい
ネギトロ 海苔なしの握りで
ミル貝
コハダ 
アナゴ 塩味がさっぱりして美味しい
アナゴ たれで
ウニ

また、羽田で乗り継ぐ機会がある際には、是非伺いたいと思います。
by hiramitsu-hc | 2010-12-12 18:40 | グルメなお話 | Comments(0)

大分のフグ ふく亭本店

フグといえば下関ですが、大分県もフグが美味しくて有名な場所です。大分県ではフグの肝を食べることができるのでこれも楽しみの一つです。今回は、大分市の にお邪魔しました。 は、フグ料理の老舗で、お店は清潔感のある立派な建物で、当日は満席の状態でした。
 フグの刺身(てっさ)は分厚くて、コリコリとした食感で美味しくいただけました。ぽん酢に肝をつぶして混ぜ込みフグにつけていただくと、いつものフグとは一味違う味わいでした。またその量がとても多く、3人で食べきれないほどでした。その他、白子の塩焼き、から揚げ、シュウマイがだされましたが、どれも味わい深い一品でした。ヒレ酒もいただきましたが、見たことがないくらい大きな器で、2合分のお酒が入っているとのことでした。冷酒は、大分の地酒の西の関の吟醸酒をいただきました。関サバ、関アジもいいのですが、冬場はやはりフグがいいですね。お値段はびっくりするほどお値打ちで、東京や名古屋での料金の半額くらいでした。是非また伺いたいお店でした。
a0152501_16552282.jpg

a0152501_16554969.jpga0152501_16555912.jpga0152501_16563971.jpg








a0152501_16564863.jpga0152501_16592348.jpga0152501_16571197.jpg








ふく亭本店 097-537-0770
by hiramitsu-hc | 2010-12-11 23:52 | グルメなお話 | Comments(0)

イグレックアサイ

栄のNHKビルの北側にイグレックアサイはあります。今回は、眼科の患者様の管理でいつもお世話になっている横瀬眼科の先生方と伺いました。いつもすてきなマダムにお迎えしていただき、気持ちよくお食事がいただけます。ソムリエールのサービスもすばらしく、お料理とワインのマリアージュにつていも親切に教えていただけます。今回は話が弾んでお料理の写真を撮ることを忘れてしまいましたが、トリュフや鹿、猪など季節のきのこやジビエなどがふんだんに使われたおいしいお料理がいただけました。今回は、ChampagneはLouis Roederer Cristal 2002、白ワインはMontrachet 1994 Domaine Louis Latour、赤ワインはChateau Latour 1986をいただきました。どのワインもすばらしい状態で、お料理とのマリアージュも最高でした。
a0152501_10384360.jpga0152501_10385176.jpga0152501_10385967.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-12-03 23:39 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite