平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

<   2010年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

沖縄料理のお店『苗』は雰囲気のあるお店でした

沖縄市国際通りの近くにひっそりと立っている沖縄料理のお店『苗』に伺いました。店内には、来店された方の名刺が所狭しと貼られていました。数千枚はあると思います。JALやANAのチケットの半券なども貼られており、見ているととても楽しいものでした。こんな形の飾り方があるのだなと感心しました。お店の大将は、頭にバンダナを巻いたとても雰囲気のある方で、満員のお客さんの注文に答えながらテキパキと美味しい料理を提供します。アグー豚のラフテー、ゴーヤチャンプルーなどの定番料理から、ピリ辛のヒラヤーチー、イカ墨入りソウメンチャンプルーなど見たことのない料理を沢山いただくことができました。どの料理もとても美味しく、甕から注がれる泡盛との相性も抜群でした。次回、沖縄を訪れる時にも是非、伺いたいと思っています。
a0152501_16405883.jpga0152501_16424674.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-03-23 16:44 | グルメなお話 | Comments(0)

ちゅら海水族館はすばらしい

3月21日に、沖縄のちゅら海水族館を訪れました。3連休の中日とあって、とても沢山の観光客が来館しており、駐車場は長蛇の列でした。とても広い館内は、観光客であふれ返っており、大変な状態でした。やはり一番の目玉は、ジンベイザメでした。10m近いジンベイザメが3匹、巨大な水槽をゆうゆうと泳いでいました。その姿は正に雄大で、心の休まる思いでした。その他にも、マンタやサメなど沢山の魚たちを見ることができました。久しぶりの休日を家族と一緒に過ごすことができ、大満足でした。a0152501_11492527.jpga0152501_11545792.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-03-23 12:02 | 趣味のお話 | Comments(0)

循環器シンポジウム

3月19日大阪の国際ホテルで、Diichi Sankyo循環器シンポジウムが開催されました。奈良県立医科大学第一内科斉藤能彦教授、大阪府立成人病センター院長の堀 正二先生(前大阪大学循環器内科教授)の企画で開催されました。Special Lectureは、近畿大学循環器内科宮崎俊一教授の座長の下で、堀 正二先生が『慢性心不全のβ遮断薬療法を見直すJ-CHF試験からの提言』の講演がありました。日本人に対するカルベジロールの投与量などを含めたβ遮断薬投与法について興味深いお話をうかがうことができました。講演1では、斉藤能彦教授の司会の下で、私が『予後改善を目指した慢性心不全治療』の講演を行いました。
a0152501_1029638.jpg


慢性心不全の病態、治療などに加え、今後期待される国内での心臓移植、人工心臓の永久治療に関係する心不全患者の疫学データについてもお話しました。講演2では、堀 正二先生の司会の下で、自治医科大学さいたま医療センターの百村伸一教授から『慢性期を考慮した急性心不全治療』の演題で講演していただきました。心不全の急性期から遠隔期の予後を意識して治療すべきであり、心不全発症予防のコツについても最新のデータを交えて、分かりやすく説明していただけました。会場には、循環器専門医が大勢参加され、活発なディスカッションが繰り広げられました。とても有意義な時間を過ごすことができました。
a0152501_10294298.jpga0152501_1030330.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-03-23 10:30 | 講演の案内 | Comments(0)

藤沢市での講演会

3月16日に藤沢市ザ ホテル オブ ラファエロ湘南にて『これからのβ遮断薬療法』という講演会が開催されました。藤沢市民病院循環器内科医長の姫野秀朗先生の司会の下、『高血圧から心不全~β遮断薬を使い分ける~』の演題で、私が講演しました。藤沢市周辺から30名の先生が集まられ、活発なディスカッションをすることができました。以前北里大学循環器内科にみえた高橋先生にもお会いすることができました。
a0152501_16511631.jpga0152501_16512857.jpg
by hiramitsu-hc | 2010-03-17 16:52 | 講演の案内 | Comments(0)

リヨン、マニアックなステーキ屋さんです

講演で藤沢市を訪れた際に食事をしたステーキハウス『リヨン』は、素晴らしいお店でした。シェフがたった一人で切り盛りするカウンター10席のみの小さなお店ですが、とても暖かい雰囲気が伝わってくる居心地のよい雰囲気でした。お店には看板もなく、きれいなお花で一杯に飾られています。
a0152501_1626835.jpg

食事の内容がすごい。オードブルは的矢の無菌の生牡蠣でした。全く臭みがなく、大粒でしたがぺろりと5個食べてしまいました。茹でてとろとろになったタンを塩、コショウで焼いたものと、久保田の酒かすにつけこんだタンが出ました。どちらも口の中でフワーと解けてしまう食感で、最高の味わいでした。a0152501_16245289.jpga0152501_1625934.jpg









この店では黒毛和牛A5のみを使用しており、タルタルステーキは、今までに食したことのない美味しさでした。かなりのボリュームでしたが、一人でぺろりと食べてしまいました。メインのステーキは分厚いサーロインをローストして、薄切りにしたものを焼き野菜の上に並べて出されました。その美味しさは格別でした。しかしこのあたりでおなかが一杯になってしまい、お肉が食べきれなくなりましたが、そのお肉でビーフサンドイッチを作っていただきました。お土産に持って帰ったところ、妻と娘がとても喜んで食べていました。
a0152501_1631673.jpga0152501_16321061.jpg








 リヨンにはメニューがありませんが、何も言わなくてもシェフがその時期の美味しい食材を使った料理を出してくれるのだそうです。シェフは、藤沢でお店を開いて41年になるそうですが、以前から変わらずこのスタイルを貫き通しているそうです。お店でいただき食事は全てテイクアウトでき、注文に応じて宅配もしていただけるそうです。私も早速、自宅へ送っていただけるようにお願いしてきました。
 お店の情報は、藤沢市商店街リヨンのホームページで参照できます。
a0152501_16405383.jpg

by hiramitsu-hc | 2010-03-17 16:44 | グルメなお話 | Comments(0)

βblocker Seminar

a0152501_11595645.jpg
3月13日に金山のサイプレスガーデンホテルにてβblocker Semnarが開催されました。名古屋市近郊の先生方が50名参加され、有意義な研究会となりました。Lecture 1では、名古屋市立大学心臓腎高血圧内科准教授の大手信之先生から、『高血圧、心不全におけるβ遮断薬投与の背景』との演題で、β遮断薬の特徴や使用法について詳しくご説明いただいました。Lecture 2では大分大学臨床検査・診断学講座准教授の高橋尚彦先生から『心房細動治療におけるβ遮断薬の使い方』との演題で、β遮断薬だけでなく不整脈薬全体の使用方法について、最新のガイドラインに沿ったお話をいただきました。私は、座長を担当しましたが、とても勉強になる実りのある研究会でした。
by hiramitsu-hc | 2010-03-14 12:00 | 講演の案内 | Comments(0)

京都で座談会が開催されました

3月6日に京都で、座談会『食生活の欧米化がもたらす脂質異常症の特徴とその治療戦略』ーコレステロール吸収阻害剤の臨床的意義ーが開催されました。
大阪北野病院心臓センターの野原隆司先生の座長の下で、カレスサッポロ北光記念クリニックの佐久間一郎先生、東京医科歯科大学の吉田雅幸教授、順天堂大学循環器内科の島田和典准教授と私の5人で行われました。最近、日本人のコレステロール摂取量が急増しており、肥満、、メタボリック症候群の原因となっています。コレステロール吸収の増加が、どのような異常をもたらしているか、また今後はどのような治療を行ってゆくべきかなど、興味深い内容についてディスカッションすることができました。
 今後は、我々大人たちは、子供たちに対して、コレステロール摂取量増加の危険性について、十分教育する必要があると感じました。

a0152501_13132969.jpg

by hiramitsu-hc | 2010-03-08 13:13 | 講演の案内 | Comments(0)

座談会が開催されました

『日本人の実地臨床におけるエゼチミブの有用性を検証する』という企画で、座談会が行われました。その記事が2月25日のメディカルトリビューンに掲載されましたので、ご紹介します。群馬大学循環器内科の倉林正彦教授の司会の下に、日本大学医学部循環器内科平山篤志教授、京都大学医学部新井秀典教授と私の4人で座談会が行われました。
 私は、名古屋在住の開業医の先生方と共同研究したFujita Ezetimibe Study Assemblie(FESTA)の結果についてご紹介し、コレステロールの吸収阻害についてディスカッションしました。近年、日本人、特に若い人たちのコレステロールの摂取量が急増しており、心血管疾患の発症が増加するのではないかと懸念されています。今後は、大人だけでなく子供たちにも、生活習慣の是正の重要性について、伝えてゆく必要があると感じています。
a0152501_1049302.jpg

by hiramitsu-hc | 2010-03-05 10:49 | 脂質異常症について | Comments(0)

姫路での講演会

3月4日に姫路のホテル日航姫路で、『β遮断薬の真のパラダイムシフト』の講演会が開催されました。以前姫路循環器病センターに勤務してみえたくろがね先生と津村先生が座長をしてくださいました。

a0152501_995778.jpg



講演1では、私が『高血圧から慢性心不全まで』~β遮断薬遮断薬を使い分ける~の演題で、β遮断薬の必要性、有用性について講演しました。沢山の質問をいただき、有意義なディスカッションができました。

a0152501_9102498.jpg



講演2では、杏林大学循環器内科の池田隆徳准教授から『明日からの診療に実践できる心房細動の診かたと治療』の演題で、心房細動に関する新しい考え方や治療法について、分かり安くお話いただきました。

a0152501_910564.jpg


日本におけるβ遮断薬の使用頻度はとても少ないといわれています。本剤は、生命予後をよくするエビデンスが数多く報告されている薬剤であり、日本においても今後はどんどん処方されることを期待しています。
by hiramitsu-hc | 2010-03-05 09:15 | 講演の案内 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite