平光ハートクリニック

ブログトップ | ログイン
名古屋市南区にある循環器内科・内科・小児科の平光ハートクリニック
真心のこもったハートフルな医療を提供します

平光ハートクリニック 院長 平光伸也のブログ  hiramitsu.exblog.jp

カテゴリ:グルメなお話( 828 )

アキヒサ・ハンダ(札幌市)

2年前にもお邪魔した人気のカジュアルフレンチ『アキヒサ・ハンダ』に伺いました。今回は、講演会の後に札幌医科大学の古橋先生方が、ご招待してくださいました。このお店は、私が20年近く通い続けた『うさぎや』があったビルで、とても懐かしく感じました。若いスタッフが頑張っている私が好きなタイプのお店です。カジュアルな雰囲気ですが、本格的なお料理がいただけるので、とてお満足できます。美味しいお料理と美味しいワインをいただきながら、楽しい時間を過ごすことができました。
a0152501_07090260.jpg
a0152501_07090947.jpg
a0152501_07091563.jpg
a0152501_07092092.jpg
a0152501_07093040.jpg
a0152501_07093773.jpg
a0152501_07094371.jpg
a0152501_07095113.jpg
a0152501_07100164.jpg
a0152501_07100941.jpg
a0152501_07101524.jpg
a0152501_07102317.jpg
アキヒサ・ハンダ(札幌市)
電話:011-252-9828
住所:札幌市中央区南3条西3-1 プレイタウンふじ井ビル 7F




by hiramitsu-hc | 2018-02-14 23:45 | グルメなお話 | Comments(0)

都喜灯 ちゅうまん (鹿児島市)

夜10時過ぎに腹ペコで天文館を歩いていると美味しそうな居酒屋さん『都喜灯 ちゅうまん』を発見。店内は、若いお客さんでにぎわっており美味しそうなので入店しました。若いスタッフが頑張っている私の好きなタイプのお店でした。地鶏や野菜もとても美味しいくビックリしました。特に美味しかったのが、大隅半島の鰻の白焼きでした。大きくで脂がのっており、表面がパリパリに焼かれていました。ワサビと塩をつけていただきましたが、これが絶品でした。美味しい銘酒や焼酎をいただきながら、楽しい夜を過ごしました。鹿児島は大好きな街です。また伺いたいです。
a0152501_15224185.jpg
a0152501_15201538.jpg
a0152501_15203619.jpg
a0152501_15194372.jpg
a0152501_15223376.jpg
a0152501_15194976.jpg
a0152501_15200138.jpg
a0152501_15195565.jpg
a0152501_15200942.jpg
都喜灯 ちゅうまん
電話:050-5870-9211
住所:鹿児島県鹿児島市千日町8-16 今村ビル1F



by hiramitsu-hc | 2018-02-07 23:14 | グルメなお話 | Comments(0)

Piatto stagionale かわ村

5日前に伺ったばかりでしたが、とても美味しかったので娘の誕生日に家族で伺いました。お料理は、前回と同じ内容でしたが、全く飽きることなく、新鮮な身持ちで美味しくいただけました。和のテイストを取り入れた繊細なお料理は、お腹にもたれることも無くヘルシーな印象を受けました。2月には握りゾットの特集もあるそうで、是非伺いたいと思います。

真鯛のカルパッチョ 蕪と柚子と三つ葉のみぞれ
細魚のフェッティーネ 数の子 大葉と水菜のソース
白魚の大根のニョッキ
蛸と蓮根チップ ドライトマトと青のりと葱
鯖のアロスティーレ 葱 西洋山葵 バルサミ
a0152501_11512573.jpg
剣先烏賊の握りゾット
虎河豚の白子の握りゾット
a0152501_11513306.jpg
柳鰈と里芋のスフォルマート
a0152501_11514179.jpg
だるま烏賊のロースト 鮟鱇肝をつめて
a0152501_11514890.jpg
牡蠣と蕪菜のタリオリーニ
a0152501_11515576.jpg
ズワイガニのスップリ フルーツトマトのソース
a0152501_11520278.jpg
黒毛和牛のタリアータ フォアグラのポアレのせ 奈良漬と麹のソース
a0152501_11521099.jpg
洋梨のチーズケーキと安納芋のジェラート
a0152501_11521702.jpg
誕生日の娘には、特別なデザートを作っていただけました。
a0152501_11522546.jpg
ミアーニ・フリウラーノ2012 濃厚な味わいでした。
a0152501_11524437.jpg
サッシカイア2006 熟成加減が丁度良く美味しくいただけました。
a0152501_11525189.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-02-01 22:37 | グルメなお話 | Comments(0)

五鉄の軍鶏鍋 嘉右衛門 (福島市)

福島市で評判の軍鶏鍋のお店『五鉄の軍鶏鍋 嘉右衛門 (かえもん) 』に伺いました。今回は、10日に1回はこのお店に見えるという常連の先生に連れて行っていただきました。軍鶏鍋ではなく、美味しいお魚をふんだんに使ったお料理がいただけました。またこのお店のご主人は、お酒に大変なこだわりがある方で、福島県の貴重な銘酒や赤ワインを飲ませていただけました。
残念ながら、店内には撮影禁止の張り紙があり、お料理をご紹介できないのが残念でした。
a0152501_11312884.jpg
五鉄の軍鶏鍋 嘉右衛門 (かえもん)
電話:024-522-7240
住所:福島市新町1-8 せいでんビル1F




by hiramitsu-hc | 2018-01-31 23:11 | グルメなお話 | Comments(0)

Piatto stagionale かわ村

名古屋市千種区の本山で美味しいと評判のイタリアンレストラン『Piatto stagionale かわ村』に伺いました。このお店は、本山の奥の猫が洞通りの更に奥にひっそりと建っています。お料理は大変すばらしく、和食のように見えるイタリア料理がいただけます。本当に繊細なお料理でびっくりしました。美味しいワインをいただきながら、楽しい時間を過ごすことができ、大変満足でした。また是非伺いたい店です。
a0152501_07431497.jpg
鯛のカルパッチョ、サヨリ、白魚と大根のニョッキ、サバの燻製の漬けなど、お造りに見えますが、全てイタリアンテイストです。
a0152501_07432190.jpg
握りのように見えますが、ニギリゾットというお料理です。ワタでマリネした烏賊、河豚の白子のクリームの上には、カラスミが乗せられています。これ
最高の味わいでした。
a0152501_07433353.jpg
a0152501_07434063.jpg
烏賊の中にはあん肝が詰められており、味付けはトマト味です。
a0152501_07434636.jpg
蟹のリゾットとチーズのコロッケです。トマトソースの味わいが絶妙でした。
a0152501_07440594.jpg
イチボステーキは甘めの味わいで、フランチャケッタティ2009によく合いました。
a0152501_07441855.jpg
a0152501_07443021.jpg
a0152501_07444596.jpg
a0152501_07445339.jpg
a0152501_07445984.jpg
a0152501_07450638.jpg
a0152501_07451577.jpg
Piatto stagionale かわ村
電話:052-781-8222
住所:名古屋氏千種区猫が洞通4-34ベルグレイKI 1F

by hiramitsu-hc | 2018-01-27 22:22 | グルメなお話 | Comments(0)

ル・ラヴィッスマン

新栄のワインバー『ル・ラヴィッスマン 』に伺いました。このお店は、以前はフレンチレストランでしたが、新しくワインバーとして営業されています。シャンパーニュとブルゴーニュワインに的を絞ってワインがセレクトされており、特長が生かせていると感じます。ワインバーといってもお料理は本格的で、お腹をすかせて伺っても全く問題はありません。今回は6名で、テーブル席でゆっくりとお料理とワインを楽しませていただきました。KRUGで乾杯し、ブルゴーニュの清酒を頂きながら、美味しいお料理がいただけ、とても話が弾みました。このお店はレベルの高い素晴らしいお店だと思います。
a0152501_08180467.jpg
a0152501_08181028.jpg
a0152501_08181595.jpg
a0152501_08182127.jpg
a0152501_08184338.jpg
a0152501_08185145.jpg
a0152501_08185813.jpg
a0152501_08182683.jpg
a0152501_08183763.jpg
a0152501_08314006.jpg
a0152501_08183268.jpg




ル・ラヴィッスマン
電話:052-263-3060
住所:名古屋市中区新栄2-4-7 東和パークビル東館 1F


by hiramitsu-hc | 2018-01-25 23:59 | グルメなお話 | Comments(0)

湖粋(松江市)

松江市でお気に入りのお店、湖粋に伺いました。このお店は、感じのよい若い大将とお上さんが二人で切り盛りして見える気持ちの良いお店です。日本海で取れた旬のお魚をふんだんに使って、素晴らしいお料理を食べさせていただけます。今回は、蟹尽くしのお料理を満喫させていただけました。このお店は日本酒へのこだわりが半端ではありません。沢山の日本酒を紹介していただきました。また島根県で作られている美味しいシャルドネもいただくことができました。ちょっと飲みすぎてしまいました。
a0152501_06444432.jpg
a0152501_06445099.jpg
a0152501_06445671.jpg
a0152501_06450394.jpg
a0152501_06451014.jpg
a0152501_06451614.jpg
a0152501_06452529.jpg
a0152501_06453332.jpg
a0152501_06454198.jpg
a0152501_06454835.jpg
a0152501_06455492.jpg
a0152501_06460389.jpg
a0152501_06461251.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-01-17 23:05 | グルメなお話 | Comments(0)

吉い

半年間待ちに待った『吉い』い伺いました。このお店に伺うのは本当に楽しみです。季節から旬の食材を想像して、今日はどんなお料理がいただけるのだろうと、お邪魔する前から楽しんでしまいます。このお店のお料理は、気をてらった料理は全くなく、素材の味を最大限に引き出すお料理です。大将に伺うと、私の料理は家庭料理の延長線上ですといわれます。上質のネタを使って丁寧に仕上げられたお料理は、どれも大満足のレベルで素晴らしい味わいでした。シャンパーニュ、白ワインと合わせながら、楽しい時間を過ごすことができました。次回も予約しましたが、やはり半年後でした。今から次回が楽しみです。
a0152501_06423327.jpg
寡黙な大将と美しい女将さんが、二人だけで良い仕事をされています。
a0152501_06425112.jpg
ほうれん草の湯浸しです。極めてシンプルなお料理ですが、素材の味が引き立っており、絶品でした。
a0152501_06423910.jpg
初物の白魚にこのこが乗せられています。玉ねぎも和えられており、味わい深い一品でした。
a0152501_06424553.jpg
活車海老をさっとゆがいでワサビと醤油であえた逸品です。これも絶品でした。
a0152501_06425798.jpg
とろとろのカブと下仁田葱に餡がかけられています。これも素晴らしい味わいでした。
a0152501_06430913.jpg
なべたカレイの煮つけです。白菜と一緒に炊かれており、上品な味わいでした。
a0152501_06431742.jpg
珍しい小鴨を料理していただきました。
a0152501_06432636.jpg
火の入り具合が絶妙で、臭みも全くなく、最高の味わいでした。ブルゴーニュの赤ワインがいただきたくなりました。
a0152501_06433440.jpg
かまどで炊かれたご飯は本当に美味しいのですね。明太子と雑魚にはごま油と海苔がかけられており、美味しくいただけました。
a0152501_06434335.jpg
ユレ・フレールのEXTRA BRUIT 2011は上品な味わいでした。
a0152501_06435993.jpg
ボランジェのロゼは、安定した味わいです。
a0152501_06440527.jpg
Remi Jobardのムルソーは、2005年の当たり年で、まったりとした濃厚な味わいでした。
a0152501_06441100.jpg
最近、急速に質を上げているすみすスミス・オー・ラフィット2007です。久しぶりに美味しいソーヴィニオンブランがいただけました。
a0152501_06441777.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-01-13 21:27 | グルメなお話 | Comments(0)

得仙春岡

なかなか予約の取れない鮟鱇料理専門店『得仙春岡』に伺いました。以前のお店から少し場所を移し、素敵なお店に変わっていました。今回は、25席貸し切りにしていただき、沢山の方々とご一緒に美味しい鮟鱇をいただきました。このお店の特徴は、あん肝を入れた濃厚なたれでいただく点です。また鮟鱇だけでなく、活伊勢海老、牡蠣、つくねなど、いろいろな具材が入るので、飽きることなくいただけます。料理はすべて中居さんが作ってくださって、取り分けていただけます。お酒は、鮟鱇のひれ酒が美味しいです。大きな徳利になみなみとお酒が注がれ、お酒好きにはたまりません。〆には、濃厚なだし汁で作った雑炊をいただき、お腹いっぱいになりました。またこれが絶品でした。次回は、来年しか予約が取れないそうです。このお店の人気はすごいですね。
a0152501_07244240.jpg
a0152501_07245009.jpg
a0152501_07245643.jpg
a0152501_07254793.jpg
a0152501_07250422.jpg
a0152501_07251150.jpg
a0152501_07252090.jpg
a0152501_07252867.jpg
a0152501_07254074.jpg
a0152501_07255534.jpg
a0152501_07260421.jpg

by hiramitsu-hc | 2018-01-08 21:16 | グルメなお話 | Comments(0)

ラーモニー・ドウ・ラ・ルミエール

ラーモニー・ドウ・ラ・ルミエールにて、藤田ワインアカデミーのワイン会が開催されました。このお店のお料理は本当に素晴らしいです。今回は、冬の定番の蟹のガレットやトロトロの和牛のホホ肉の煮込みなどをいただきましたが、どのお料理も絶品でした。ワインも沢山いただけました。クロドメニル、ラフィットなど、貴重なワインをいただきながら、気の置けない仲間でとても楽しい時間を過ごすことができました。ラーモニー・ドウ・ラ・ルミエールには、かくれ日本一と言われるだけの価値があります。今から次回のワイン会がととても楽しいんです。

本日のメニュー
アミューズの一皿
a0152501_16473900.jpg
椎茸のブリーチーズ焼きとアスパラガスのサラダ
a0152501_16474637.jpg
a0152501_16475252.jpg
蟹のガレット
a0152501_16480053.jpg
はたのオフー、舞茸のソテー添え
a0152501_16480939.jpg
黒毛和牛のホホ肉の赤ワイン煮込み
a0152501_16481959.jpg
フロマージュ(モンドール)
a0152501_16482933.jpg
デザート
a0152501_16483821.jpg
a0152501_16484734.jpg
a0152501_16485692.jpg
a0152501_16490450.jpg
a0152501_16491623.jpg
a0152501_16495179.jpg
a0152501_16494585.jpg
a0152501_16495874.jpg
a0152501_16500871.jpg
a0152501_16501510.jpg
a0152501_16502505.jpg
a0152501_16503433.jpg
a0152501_16504286.jpg


by hiramitsu-hc | 2018-01-06 23:41 | グルメなお話 | Comments(0)
line

講演会のお知らせや、日々の思う事等を書いていきます。


by hiramitsu-hc
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite